FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>


最初に (今後変える予定です)

2010年9月急性リンパ性白血病
フィラデルフィア染色体異常
(ALL Ph+)あり。
2011年春骨髄バンク経由で移植
を受ける。
退院後膀胱炎や肺炎で3度入院も
2013年6月会社へ復帰。
2014年7月両眼白内障となり手術
を受ける。
2014年8月口腔がんの中の歯肉がん
(右側下顎骨悪性腫瘍)となる。
2014年9月切除手術を受ける。
以上が病歴です。
白血病のみならず、
思いもよらない多重がんとなって
現在QOLとしては当初思っていた
以下ですが何とか生きていられる、
会社にも行けているという事は
幸運なほうだと思っています。
(追記:2015年6月末に35年勤めた
会社を退社いたしました。)

白血病と言われた時、何もわから
ない中で一番の情報源になった
のが、患者さん本人あるいは家族
が綴った闘病日記でした。
自身が多重がん患者となって
色々経験したことをもしかして
知りたい方もいるのではないか
と思い個人的に記して来た日記を
ブログで公開することにしました。
白血病になった時点からの事、
特に闘病記を遡って記載すると
ともにこれから同時に闘わなけれ
ばならない2つのがんの闘病記を
記すことにします。

また何故に日付が2020年7月24日
なのか?
これは東京オリンピックの開会式
の日です。
2011年の骨髄移植、その後はまず
5年間生存が第一目標でしたが、
途中から5年ではなくそれを超えて
東京オリンピックを孫と観る事を当面
の目標としました。
2014年歯肉がんの手術により、
新たな5年がスタートしましたが、
目標は変えずに2020年夏を元気に
迎えることです。
白血病後の5年、歯肉がん後の5年は
あくまで通過点であるとの意思表示
でもあります。
スポンサーサイト

怨憎会苦 引退するとこれは解放された その先の楽しみ


昔も書いたが仏教の中で
「四苦八苦」という言葉がある。
基本的な苦として
生・老・病・死の四苦
これは誰もが思い通りにはならない。
苦は苦しみよりも思い通りにならない
と解釈する。

加えての四苦
愛別離苦(あいべつりく)
- 愛する者と別離すること
怨憎会苦(おんぞうえく)
- 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦(ぐふとくく)
- 求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく)
- 五蘊(人間の肉体と精神)が
思うがままにならないこと
最初の四苦と合わせて八苦
となる。

これらが人間のストレスの本質
であると考えている。
引退して一番良かったことは
「怨憎会苦」と無関係になれた事。
嫌な相手に会いたくなけば避ける
事が出来る。
病気を理由に断ることもでき、
このストレスからは解放された。

でも現実は病後の体調が悪さで
誰にも会えない時期もあった。
逆に会いたくも会えない人も出る。

最近体調が回復して会いたい人
に自ら連絡して懐かしい話をした
リ近況を話すことが楽しみである。
数年ぶりではなく数十年ぶりに
会う人も居る。

「怨憎会苦」を避けてのちには
会いたい人に会うということの
楽しみも倍増するし重要となる。
それに先立つものが体調の良さ
なのである。

障害年金 公正さを求めると既得権が・・・・


障害厚生年金が数回継続でき
ている私も既得権として貰える
事が前提となっているので大き
なことは言えない。

「1型糖尿病」の患者が症状が
改善していないのに障害基礎
年金を打ち切られたのは不当
だとして国に処分取り消しを
求めた訴訟の判決が大阪地裁
であった。
「処分の詳しい理由を明らかに
していない国の対応は違法だ」
として処分を取り消した。

年金の打ち切りは原告の生活
の安定を損なわせる重大な
不利益処分なのに、国は簡素な
結論しか示していないと指摘。
不利益処分の理由説明を義務
付けた行政手続法に反する
とした。

等級を変更、打ち切りしたこと
ではなく、その変更理由が十分
に説明されていないことを違法
としたのである。

障害年金の問題は色々ある。

NHKハーネットの
「障害基礎年金 支給停止をめぐる混乱」
良くまとまっていると思う。

障害基礎年金 支給停止をめぐる混乱

個人的に思うことはこのような
制度に一番求められるのは
公平性である。
同じ状況なのに給付されている
人と給付されていない人がいる
ことが無いようにすべき。

もともと各地区単位で判断して
いたので結果として生じていた
不公正さをなくすために審査基準
や制度を変更した。
結果、等級が上がる人、下がる人、
新たに認定される人、給付打ち切り
になる人が出るのはある意味当然。
不公正を正すためである。

新しく支給対象になったり、等級
が上がった人もいるはずであるが
そこは報道されない。
等級が下がったり、不支給になっ
た人がいるとそれをマスコミも取り
上げる。
そこだけを聞いた人は可哀そうだ、
改悪だと騒ぎ、一転打ち切らずに
支給が継続になったりしている。
日本は既得権が強いし、弱者に
必要以上に同情する国民である。

打ち切りと言われているが障害
基礎年金2級が等級が下がり3級
相当になると厚生障害年金者に
しか3級での支給がないので減額
でなく年金自体が打ち切りになる
人が出る。
今回も障害2級相当が3級相当
と変更されたことにより国民年金
だけの人は結果支給が打ち切り
になったということのようである。

個人的に問題と思うことは同じよう
な状態の人でも今まで審査を通ら
なかった人がいるという事である。
マスコミもそこまで調べて報道して
欲しいと思う。

障害等級のおさらい
障害等級 1級
身体の機能の障害又は長期にわ
たる安静を必要とする病状によって、
日常生活ができない程度のもの。
(他人の介助を受けなければ自分
の身の回りのことができない程度)

障害等級 2級
身体の機能の障害又は長期にわ
たる安静を必要とする病状が、
日常生活が著しい制限を受けるか
又は日常生活に著しい制限を加え
ることを必要とする程度のもの。
(必ずしも他人の助けを借りる必要
はないが、日常生活は極めて困難
で労働により収入を得ることができ
ない程度)

障害等級 3級
労働が著しい制限を受けるか又は
労働に著しい制限を加えることを
必要とする程度のもの。
また、傷病が治癒していない場合
は労働が制限を受けるか又は労働
に制限を加えることを必要とする
程度のもの。

薬や医薬品の進歩、ICTの進化や
障害者雇用の拡大によって仕事が
できる範囲も時代と共に広がって
きているのも事実。
昔は2級でも今は3級、あるいは認定
外となることもあり得るものと考える
方が制度の趣旨からは自然である。

一方このような年金は自らが申請し
ないと受けられない、また申請自体
が難しくかつ手間がかかることの
方が問題。

個人的には希望者にはマイナンバー
によって保険証、診察券に加えカルテ
を一括管理して行政側が受給可能
性のある人に知らせるとかが出来れ
ばと思ってしまう。

又今回も問題になったが審査の透明
性や納得できる説明が必要である。
受けられる受けられない、受けられる
場合は何級であるかが通知されるだけ
なのである。

最後にもう一度書くが障害年金は何の
疾病やケガであろうと現在の体の状態
がどのランクであるかを公平に判断して
支給べきものである。


障害厚生年金 状況確認書の判断結果届く 


現在受け取っている障害厚生
年金の障害状況確認届けの
審査結果が日本年金機構
から届く。
今は3級に認定されている。

診断書を郵送したのが昨年
12月17日。
結果が郵送されてきたのが
4月10日。

記述は
「提出された診断書(障害状態
確認届)により障害の程度を
審査した結果、あなたの障害の
状態は従前の障害の状態と同
程度と認められますので、引き
続き障害年金をお支払いします」
(障害等級に変更はありません)

ということで継続認定された。
安心はしたが、同時に年金を払って
頂いている方、納税者、国の仕組み
に感謝の気持ちを忘れてはならない
と肝に銘じる。

処理期間は前回(前年)の審査は
同じく12月下旬に投函、3月上旬
には結果が届いているので処理
期間が1ケ月程延びた。
昨年から都道府県単位だった
障害年金の審査手続きが全国で
一元化された影響かもしれない。

特定事由に係る申出等に係る
事務の標準処理期間は
障害厚生年金は3ヶ月半
と定義されている。

標準処理期間はあくまで努力目標
であるが、年末年始を挟んだので
ぎりぎり守れたという感じである。

[参考条文]行政手続法
(標準処理期間)
第六条 行政庁は、申請がその
事務所に到達してから当該申請に
対する処分をするまでに通常要
すべき標準的な期間(法令により
当該行政庁と異なる機関が当該
申請の提出先とされている場合は、
併せて、当該申請が当該提出先
とされている機関の事務所に到達
してから当該行政庁の事務所に
到達するまでに通常要すべき標準
的な期間)を定めるよう努めるととも
に、これを定めたときは、これらの
当該申請の提出先とされている
機関の事務所における備付けその
他の適当な方法により公にしておか
なければならない。

白血病 外来受診(2019年4月)


朝の小田急全線での運転見合
わせの余波で普段は病院まで
1時間かからないのだが今回は
家を出てから丁度2時間かかる。
ニュースで知っていたので早め
に家を出たので午後の外来予約
時間には影響は出なかった。

本日の血球値
()内は数値は前回(2月)の値
白血球数:9.1(10.4)、
ヘモグロビン10.8(:10.9)、
血小板数:232(185)、
CRP:1.8(0.2)、
クレアチニン:1.56(1.68)、
AST(GOT):37(38)、
ALT(GPT):27(34),
HbA1c:6.5(6.2)

CRPが高いが先週の発熱の
顛末を話しその影響でしょうと
言われる。

こちらから最近咳が出だすと
止まらない時があると相談する。
念のため帰りに胸のX線を撮影
することにした。結果は次回。
加えて咳が出た時に頓服の為
の薬を出してもらう。

最後に次回から主治医が変更
になりますと告げられる。
移植前から7年半、入院だけでなく
2ケ月に1度は外来で診てもらって
いた。
今までの経緯を全て知っているの
で心強かったし信頼もしていたの
であるが、どこの病院でも永久に
同じ先生に診て貰えるわけは無い
ので今までの感謝を伝えて病室を
後にする。
先生の為にもこれからも体調管理
をしてなるべく長く生きることが恩返
しであると思った。

いまどきの孫の初めてのお使い 


近所に孫と花見に行った際の事。
孫は今年4月で小2と年長。
途中でアイスが食べたいと言い
出したので近くのコンビニに二人
で行けばと言ってみる。
嫌がる上の子、行きたがる下の子。

数分の説得後にやっと行く気に。
今迄に1人での買い物経験がない
ので初めての買い物である。

テレビであると後をつける所である
が最近はキッズ携帯というツール
がある。
何かあれば電話するように、上手く
買えたらSMSを送るように伝える。
実際に親はGPS機能で移動を追跡
して位置確認。

無事アイスが買えて走って戻って
来ていつもより美味しそうに食べ
始める。

長男は自信がついたようで次は
別の所に1人で買い物に行きたい
と言うようにもなる。
何事も経験である。

ICTの進化によってやれる事に加え
やらせる事が広がっている事を実感
した日である。

久々の発熱 今週は朝の薬の量が半端ない


先週金曜日に喉に違和感。
翌土曜日は喉が痛いが平熱。
日曜日朝に38.8度の発熱。
久々の38度超えである。
水分をひたすら摂取して
土曜日、日曜日は家で静養。
月曜朝には36度台に落ち着い
たが念のため近くのクリニックへ。
出ている症状を説明して処方箋
を出してもらう。

薬局では出した薬は飲み切って
ください。
今内服している白血病後のGVHD
との薬との組み合わせも問題ない
ので一緒に飲んでください。
と言われる。

ということで朝の薬の量が最大
12種類14錠になる日が出た。
昼と夜もあるので1日に22錠。
本当に薬だけでお腹一杯になる。

おかげで症状は治まったがこれ
だけの量になると食欲不振とか
胃腸への負担とかが出ている。

今週末に飲み切るのでそれまで
もう少しの辛抱である。

でも抗がん剤後や移植後の一番
辛かった時期は食事はパスでき
たが薬はパスできなかったので
その時に比べたらすごく楽なの
は事実である。


「カフェハラ」 個人的には「コーヒーハラスメント」


最近ネットで騒がれている。

「コーヒーを軽々しく勧めないで!」。
インターネットの投稿をめぐり、
「カフェインハラスメント(カフェハラ)」
がにわかに注目を集めている。
打ち合わせの場でコーヒーを出さ
れるのは許せないといった主張。
体質や健康面などからカフェイン
の摂取を控える人はいるにもかか
わらず、問答無用で勧められると
指摘。
初対面であれば断るのも難しく、
「『アルハラ』(アルコールハラスメント)
は社会問題として定着したが、
『カフェハラ』は問題にもされてい
ないのだ」としている

私自身社会人になった当初はSE
として顧客先での打ち合わせや
終日作業することも多々あった。
多くの場合コーヒーが出された。
昔からコーヒーにしますか紅茶
にしますかと問われれば100%紅茶。
コーヒーを飲むとその後お腹が
痛くなったり、食欲が無くなったり
するのでの個人的には避けていた。
しかし客先で出された場合はそう
はいかない、全く手を付けないと
いうのも失礼に当たると思い無理
して飲んでいた。

私の場合は問題はカフェインでは
なくコーヒーなのであった。
カフェインではなくコーヒーハラス
メントである。
実際はカフェハラの人よりコーヒーの
方が多いのではないかと思う。

骨髄移植してから少し好みが変わ
ったのでコーヒーも試してみた。
カフェオレとかカフェラテは飲めた
のでその後も飲んでいるがブラック
はやはりだめなのである。
美味しく感じないというのが本音。

結局いまだにコーヒーにしますか
紅茶にしますかと問われれば紅茶
になるのである。

コーヒー好きの人には理解できない
だろうと思う。

禁グレープフルーツ


家庭での消費が激減
“グレープフルーツ離れ” 
名前が浮かんでこない若者も、

CHUKYU TV NEWS
家庭での消費が激減“グレープフルーツ離れ” 

白血病になってグレープフルーツ
は食べていないし、飲んでもいな
いのでスーパーに行っても目に
入らないので最近の傾向はこの
記事を読むまで知らなかった。

特に病気前から好物では無かっ
たので焼酎のグレープフルーツ
割とホテルの朝食のフルーツ位で
しかなかった。

病気になり色々な食事制限が出
たが生ものとか菌系は、免疫関係
から理解できたがグレープフルーツ
だけは別の理由。
特に免疫抑制剤の服用者が、
グレープフルーツを摂取すると
免疫抑制剤の血中濃度が上が
ってしまい、適切な免疫の状態
を維持できないとされている。

色々薬を飲んでいる人の中には
グレープフルーツNGの人も多く
いると聞く。
以下説明の引用です。

高血圧や免疫機能を調節する
薬を服用している場合、柑橘類
との飲み合わせに注意が必要。
柑橘類には、体の中で薬を分解
する酵素の力を抑える成分が
含まれています。
そのため、薬の分解がうまくいか
ず体に薬が蓄積し、薬の効果が
強くなり副作用が出るおそれが
あります。
例えば高血圧の薬では、血圧が
下がりすぎるために低血圧症状
(めまい、ふらつき)が現れる可能
性があり、転倒などの危険につな
がります。
他にもてんかんや高脂血症の薬
の一部などが柑橘類による影響
を受け、これらの薬を内服中の方
は柑橘類の摂取を避ける必要がある。
すべての柑橘類が薬の効果に影響
を与えるわけではありません。
しかし、絶対に避けていただきたい
代表的な柑橘類としてグレープ
フルーツがあります。
そのほかにスウィーティー、ブンタン、
ハッサク、甘夏みかんなども摂取を
避けてください。
 
薬に影響を与える成分は、果汁より
も果皮にはるかに多く(100倍以上)含
まれていますので、市販のジュースは
特に避けてください。
なぜなら市販のジュースは機械で
搾るため、皮の成分がジュースの中
に含まれてしまうから。

一方で、温州みかん、バレンシア
オレンジ、デコポン、伊予柑、柚子、
カボス、キンカン、スダチなどは薬
に影響する成分をほとんど含まな
いため、食べることに制限はありま
せん。

内服薬 頓服(頓用)薬


口から飲むから「内服薬」

「頓服薬」は
患者の主訴を軽減・消失
させる目的で、症状が出た
ときや激しいときなどに必要
に応じて薬を服用(使用)する
用法(不眠時、疼痛時、悪心時、
便秘時、(喘息、狭心症等)
発作時など)をいう。
あくまで速効性のある薬に
よって症状を一時的に抑え
る対症療法であり、症状が
ないときにむやみに使用し
ないこと、適切な用量や
使用間隔などを守って使用
することなどに留意する
必要がある。

内服薬の中に頓服薬がある
と言える。

血圧が高かったり、血糖値が
高かったりして継続的に薬を
飲む場合処方箋や薬袋には
「内服」とか「内服薬」と記載
される。

一方、打撲や抜歯などで鎮痛
剤を処方される場合や便秘薬
を処方される場合は、
「頓服」とか「頓服薬」と記載さ
れている場合がある。

内服は
定期的・継続的に飲む薬のこと
頓服は
その症状があるときに飲む薬の
こと。

でも私の行っている薬局では
睡眠導入剤の袋にも内服薬と
記されているので必ずしもこう
なるとは限らないようである。

なお点眼薬や皮膚に塗る薬は
外用薬となっている。
外用薬とは、厚生労働省が
定める医薬品及び医薬部外品
の中で、 内服薬及び注射薬を
除いた、人体へ直接用いる全て
の薬剤の総称。

薬は内服、注射、外用の3種類
に別けられるということである。

スパゲティはあまり使われなくなったが症候群にだけはなりたくない


若いころはスパゲティを食べた
いで良かったが今はパスタや
イタ飯を食べたいと言わないと
いけない。
スパゲッティーニ 、フェデリーニ 、
カペッリーニとか麺の太さで名称
が違うと気づいてスパゲティは
パスタの中の一種と日本人が
知ったからである。
更に言えばマカロニもラザニア
もニョッキもパスタと言えば済む。
ラーメン食べようと醤油ラーメン
食べに行こうとでは意味が違う
のと一緒である。

ソフトウェアの開発ではスパゲティ
プログラム(コード)は書くなと言わ
れた。
視認性、保守性、処理速度の低下
等があるからだが度重なる機能
改善や改修が重なるとそうならざ
ろう得ない面もあった。
長く使われているものであれば
機能拡張時にはリファクタリング
をするか否かを検討しなければ
ならなかったがゼロから作る場合
のように時間や費用が与えらず
に断念する場合も多くあった記憶
がある。

スパゲティ症候群という言葉。
スパゲティを食べなければいられ
ないという依存症ではない。
病気の治療や延命のために、胃管
(胃瘻)、尿道カテーテル、点滴、
各種モニタ類で「チューブ、導線」
だらけになった患者さんを
「スパゲティ症候群」と言う。
病気ではないので症候群との命名
には違和感はあるが自分の最後
はこの症候群は避けたいと思って
いる。

プログラムも症候群も昔からの
言葉だが焼きそば、ラーメン症候群
だと日本の食を悪く言うので忖度
して海外から入ってきたスパゲティ
を悪者のたとえにしたという感じが
する。

今日のランチはパスタにしよう。

「Fridays for Future」 目指すものは良いけど手段は賛同できない


世界中の若者の中でこの
運動が始まっていると聞く。
日本でも少し報道される
ようになった。
「将来の為の金曜日」運動
(Fridays for future)

地球温暖化対策の強化
を各国政府などに求める
若者のデモが15日に初め
て世界一斉に行われた。
SNSなどで呼びかけ合い、
120カ国2000カ所以上で
計画された。

事の始まりは
スウェーデンの環境活動家
グレタ・トゥーンベリさん(16)
が、対策強化を求めて学校
を休んで座り込みを続けたの
をきっかけに運動が広がった。
「将来のための金曜日
(Fridays For Future)」と呼び、
原則金曜日に若者数万人が
デモを続けている。

グレタさんブリュッセルで開か
れた欧州連合の諮問機関で
演説。
各国政府を念頭に
「私たちは(対策を進めない)
あなたたちの後片付けを始めた。
それが終わるまでやめない」
と訴えた。

地球温暖化に対して被害を
最も受けると思われる若者
世代が行動を起こすことは
素晴らしいと思う。
しかし学校や授業を休んで
までデモ行動を起こすこと
自体に違和感を覚えるのは
私だけではないと思う。

日本でも今後広まる可能性
もあるとは思うが授業後とか
土日にやれば今以上に多く
の人に支持されると思う。
更に言えば緩急問題だけ
でなく若者がもっと政治全体
に関心を持ち自ら発言し、
選挙に行くようにしようとか、
参政権の更なる年齢引き
下げや被選挙権年齢の引き
下げとかも主張して欲しい
気持ちがある。
デモだけでは他人任せである。

病後はラジオ主体の生活になる ラジオも変わった


白血病での抗がん剤治療中や
移植後の辛かった時はテレビを
見る、本を読むとかもできない
状況時も多かった。
ただひたすら時間が過ぎるの
を待つのであるがそのうちに
ラジオを聞くようになった。
寝たまま聞けるのが利点。
その後の自宅での静養時や
再入院時もラジオ比率が上がる。

最初はAMラジオであったが
窓際のベットでないと電波が
入りにくかった。
その後ワイドFMラジオにした
がそれ程改善はされなかった。
しかし最近はスマホでradiko
(ラジコ)で劇的に音質の改善、
タイムフリーで生放送以外でも
聞きたい番組が聞けるように
なったので快適かつ自由度が
増した。
スマホで前日の深夜放送とか
を聞きながら院内散歩が延々
とできた。
若い時は眠い中深夜放送を
必死で聞いていたのが逆に
懐かしい。
写真、音楽、ゲームに加え
ラジオもスマホ1台で済む時代
になった。

今はradikoに加え「らじるらじる」
や「TBSラジオクラウド」も利用
している。
最近は「ラジスマ」を宣伝している。
インターネットラジオとFM放送の
両方でラジオが聴ける スマートフォン
であるが現時点ではそれ程魅力は
感じてはいない。

と書いて終わりにしようと思って
いたが、病後平日昼は常にTBS
ラジオを聞いていて木曜日13時
は小島慶子、赤江珠緒とメイン
キャスターは変わったが相手は
ピエール瀧、今年は限定改名で
ウルトラの瀧だった。
声を聞くことが日常となっていた
事が予告なく終了するというのも
少し寂しい気がする。

「白衣高血圧症」なのかもしれない


病院や入院中の血圧測定
でいつもより高い数値が出
るなとは時々感じていた。
「白衣高血圧病」という言葉
を聞いてこれの可能性が
あるかもと思うようになる。

普段はそうでもないのに
医師や看護師の白衣を見る
と、緊張して血圧が上がって
しまうことがある。
これを「白衣高血圧症」
と呼ぶ。
「血圧が高い」といわれている
人の3分の1の方が診察時に
血圧が高めになるという程数
が多いらしい。

ではなぜ、病院に行くと血圧
が上がってしまうのか。

白衣高血圧症の症状は
・医師の前に座ると緊張して
しまう。
・待ち時間が長くてイライラした。
・待合室での周囲の会話で
不安になった。
・待っている間、病気のことを
考えているうちに不安と緊張
におそわれた。

等が原因と言われている。
個人的には病院という場所
に行く、居ること自体で起こ
っているように思える。
更には入院中は看護師さん
が若い女性だと高かったり
するのではないとも。
今度入院したら看護師さん
別に血圧に変化があるか
調べてみようかと思ったり
する。

逆に「仮面高血圧」という
のもある。
こちらの方が危険である。
健康診断や検査で血圧を
測ると正常値なのにもかか
わらず、自宅などで別の
機会に測ると、高血圧に
なっていること。
正常血圧の仮面をつけて
いるという意味でこう呼ばれ
ているらしい。
幾つかの原因の中で
日頃強いストレスがあるが
病院では医師に診てもらう
安心感によりストレスが
和らいで血圧が下がる。

というのがあり同じ環境に
置かれても結果が正反対
になる事があるのが人間
である。

「却下」「棄却」「容認」「受容」


裁判や不服申立てにおいて
「却下(きゃっか)」と表現され
ることがある。
「棄却(ききゃく)」との違いは
なんなのか。

審理の結果、提訴に理由がない
として請求などを退けるのが棄却。
申立て自体が不適法であるとし
て、理由の有無を判断しないで、
門前払いをするのが却下。

「却下」はいわゆる「門前払い」.。
却下というのは、内容が審理
(検討)される前に退けられる。

「棄却」は、内容を検討して理由
がないとして退けられる場合。

「却下」の反対語は「受理」
「棄却」の反対語が「容認」

身近な夫婦関係においても何か
相談や依頼された時に断るとき
は即罪に「却下」する場合がある。
断るにしても「却下」でなくとり
あえず「受理」して検討して
「棄却」あるいは「容認」という
プロセスを踏めば良いとは思う
がなかなか出来なることではない
とは思う。
時々執行猶予みたいな先送りの
曖昧な回答になってしまう事も
反省しなければ。

高額医療費 限度額適用認定証を出していても対象になる場合がある


医療費が高額になると予測され
る際は限度額適用認定証を準備。
入院前とかには事前に用意する
ように病院側からも言われる。

私は毎年更新される限度額適用
認定証を用意して毎月の保険証と
一緒に病院窓口に提示して
いる。
しかし昨年10月度が高額医療費
に該当するので申請の為役所に
手続きに来てくださいとの連絡が
来た。

高額療養費制度により
医療機関等の窓口での支払い
が高額な負担となった場合は、
あとから申請することで自己
負担限度額を超えた額が払い
戻される。

しかし、あとから払い戻される
とはいえ、一時的な支払いは
大きな負担となるので
「限度額適用認定証」を保険証
と併せて医療機関等の窓口に
提示すると、1ヵ月 (1日から月末
まで)の窓口でのお支払いが
自己負担限度額までとなる。

これだけ読むと同じ病院の
医療費には自動的に上限額が
適応されて限度額以上の支払
が必要なくなると思うがそうで
ない場合がある。

限度額の適応は月別のレセプト
単位の上限であるので同じ病院
にしか行っていない人でも外来、
入院、院外処方は別レセプトに
なる。
なお70歳未満の人は自己負担
額がレセプト当たり21000円以上
のものでないと対象にならない。
でも医療機関から交付された
処方せんにより調剤薬局
で調剤を受けた場合は、
薬局で支払った自己負担額
を処方せんを交付した
医療機関に含めて計算。
とあるので例えば病院で
1万2千円、その病院からの
処方箋で薬局で1万円であ
れば合計額が2万1千円を
超えるので高額医療費の
対象となる。

複数のレセプトの合計額が
限度額を超えると事前に限度
額適用認定証を出していても
超えた分は一旦自分で払って
超えた分は高額医療費の払い
戻しを受ける必要がある。

実際昨年10月度は同一病院で
血液内科外来、院外処方、
消化器内科外来、入院が
同じ月に重なったので合計
医療費総額が限度を超えた
のである。

(補)
診療報酬明細書(レセプト)とは
医療機関が健康保険組合に
医療費を請求するために、
行った処置や使用した薬剤等
を記載した明細書のこと。
入院・外来・歯科・調剤の4種類
があります。

歯肉がん 口腔外科外来(2019年3月) 


口腔外科の定期外来、現在
は3ケ月毎。
手術をしてから4年半になる。

今回は検査はなしで視診と
患部および首のリンパ節の
触診を受ける。
特に問題はないと言われる。

今年の秋には手術後5年の
区切りとなるので一通りの
検査をしましょうということ
になる。

又詳細はこれからになるが
形成外科のお世話になる
可能性があるので今の病院
で受けるか、他の病院を紹介
してもらうかを相談。
他の病院の方が治療実績が
ありそうので3ケ後の次回の
診察時に紹介状を書いても
らうこととした。

源平咲きはキメラ 骨髄移植後の私もキメラ


梅が咲いている。
毎年近所の梅の花で春が
の気配を感じている。

今年も咲いたので見ている
と紅梅、白梅の両方の花が
同じ木に咲いていた。

「源平咲き」と言われるらしい。
名前は平安時代の源平合戦
の時、源氏が白い旗を、平氏
が赤い旗を用いていたことから
こう呼ばれるらしい

なぜそうなるかは諸説あるよう
だが突然変異キメラと言われる。

キメラとは同一の個体内に異な
る遺伝情報を持つ細胞が 混じっ
ている状態や、そのような状態
の個体のこと。

骨髄移植を経験した人間は
キメラと聞くと反応してしまう。

白血病治療等のため、骨髄移植
を受けた患者(レシピエント)も
医学用語でキメラと呼ばれる。
ドナーから骨髄移植を受けた場合、
元々の造血幹細胞で造られる血液
と移植された造血幹細胞で造られ
る血液は異なることからそのように
呼ばれる。
血液DNAが変わっても、毛髪、
爪、精液等といった身体の一部分
に関しては、骨髄移植をする前の
型のままとなっている。

造血幹細胞移植をすると、移植
後の体内にはレシピエント由来と
ドナー由来の血液細胞が混在。
この状態を混合キメラという。
その後ドナーの血液細胞が生着
すると、レシピエントの体内におい
てレシピエントの血液細胞が消え、
ドナーの血液細胞だけになる。
このようにドナーの血液細胞が
レシピエントに生着した状態を
完全キメラと呼ばれる。

自分も移植数年経って移植した
病院とは違う病院での入院時の
採血で血液型判定があったが
表検査と裏検査が一致せず
血液型不明と判断された経験
がある。

眼科に行く(2019年2月)


正常眼圧緑内障である。
定期的な眼科の診察。
点眼薬(タプロス点眼薬:2本)
が切れるタイミングでの外来と
しているので3ケ月以内を基本
としている。
この間特に眼に異常は感じて
はいない。

いつものように
眼圧測定、視力測定、眼底撮影
を経て診察。
眼圧は左右11/12(前回11/11)
で正常範囲内歯キープ。
矯正視力は1.0/1.0。

前回からの変化なしという
ことで終了となる。

国民健康保険料 国民健康保険税 保険料なのか保険税なのか


今住んでいる市町村からは
保険料として通知されていた
ので保険料だと思っていたが
保険税の市町村もあると知る。

支払う方からは保険料でも
保険税でも基本同じらしい。

国保の運営者である保険者
(市区町村)は徴収する時に
保険料か保険税かどちらか
を選ぶことができる。
同じ国保という名称であっても、
地域によって保険料のところと
保険税のところが存在する。
受けられる医療も同じであり、
通常通りに保険料を納めて
医療を受ける場合は、保険料
でも保険税でも違いはない。

保険料と保険税で異なるのは、
時効(消滅時効)の長さ。
関連する法令が異なるため、
時効に差がある。
国民健康保険料
・・・徴収権の消滅時効 2年
国民健康保険税
・・・徴収権の消滅時効 5年

その他、税のほうが差し押さえ
順位が高いとか遡及年数が
長いので市町村としては取り
っぱぐれが少ないと言えそう。

どうしてこうなっているのかは
歴史的には最初は国保税だっ
たが税として存続する意義が
薄れたということで保険料へ
の切り替えを進めたが、例外
として保険税が残っていると
いうことらしい。
でもまだ税の市町村の方が
多いとも聞くが通知は料に
しているところもあると言う。

 | ホーム |  次のページ»»