プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
313位
アクセスランキングを見る>>


最初に

2010年9月急性リンパ性白血病
フィラデルフィア染色体異常(ALL Ph+)あり。
2011年春骨髄バンク経由で移植を受ける。
退院後、膀胱炎や肺炎で3度入院も
2013年6月会社へ復帰。
2014年7月両眼白内障となり手術を受ける。
2014年8月口腔がんの中の歯肉がん
(右側下顎骨悪性腫瘍)となる。
2014年9月切除手術を受ける。
以上が病歴です。
白血病のみならず、
思いもよらない多重がんとなって
現在QOLとしては当初思っていた
以下ですが何とか生きていられる、
会社にも行けているという事は
幸運なほうだと思っています。
(追記:2015年6月末に35年勤めた
会社を退社いたしました。)

白血病と言われた時、何もわからない
中で一番の情報源になったのが、
患者さん本人あるいは家族が綴った
闘病日記でした。
自身が多重がん患者となって
色々経験したことをもしかして
知りたい方もいるのではないかと思い
個人的に記して来た日記を
ブログで公開することにしました。
白血病になった時点からの事、
特に闘病記を遡って記載するとともに
これから同時に闘わなければならない
2つのがんの闘病記を記すことにします。

また何故に日付が2020年7月24日なのか?
これは東京オリンピックの開会式の日です。
2011年の骨髄移植、その後はまず5年間生存が
第一目標でしたが、途中から5年ではなく
それを超えて東京オリンピックを孫と観る事を
当面の目標としました。
2014年歯肉がんの手術により、新たな5年
がスタートしましたが、目標は変えずに
2020年夏を元気に迎えることです。
白血病後の5年、歯肉がん後の5年は
あくまで通過点であるとの意思表示
でもあります。
スポンサーサイト

がんに効く?食事療法の嘘


Yomi.DRから
勝俣範之先生
日本医科大学武蔵小杉病院
腫瘍内科教授

この意見には同意です。

以下要約です。
ビタミンやサプリメントのがん
予防効果を検証のために、世界
では多くの研究がなされました。
がん予防の研究も、特定のビタミン
を飲んでもらう群と、飲まない群に
振り分けてがんの発生率を検証した。
どのビタミン、サプリメント摂取を
しても、がんの発生は予防できな
かった。
このうちベータカロチンとビタミンE
を使った予防研究は研究結果が
一定して否定的。
そして、ベータカロチンを使った
結果では、何とベータカロチンを
予防的に飲んでもらった群では、
がんを予防するどころか、喫煙者
に対して、肺がんの発生が増えて
しまいました。
ただし研究で使われたベータカロチン
の投与量は、トマト37個分に相当
します。
 ベータカロチンを過剰摂取すると、
なぜ、がんが増えてしまったのかは、
明らかではありませんが、偏ったもの
を過剰摂取することは、正常細胞を
痛めつけることにもなります。
細胞のがん化はまず、正常細胞に
傷がつくこと、すなわち、遺伝子に
異常が起こることから始まります
のでベータカロチンの過剰摂取
が何らかの仕組みで遺伝子異常
を引き起こしたのかもしれません。

また医学的な研究としては、早期
乳がん患者を対象として、低脂肪食
を摂る食事療法群と、一般的な
食事を取る群との比較試験が
行われました。
一つの研究では、低脂肪食群が
乳がんの再発を24%低下させる
という結果になりましたが、もう
一つの研究では、低脂肪食群と、
一般食群とで再発率には差があり
ませんでした。

このように、医学的研究でも、
特定の食事療法が、がん体験者
のその後の経過を改善するとい
う確固たるエビデンス(科学的根拠)
が示されていない。
がんを予防するために、特定の
食事療法やサプリメントががん予防
につながるという医学的根拠は
ありません。
がん予防のために偏った食事療法
やサプリメントに頼ろうとする人は後
を絶ちませんが、特定の偏った食事
療法をするようなことで、がんの予防
ができることはありません。

がん細胞というのはとても強力な
細胞です。
正常細胞が、何百という遺伝子異常
を起こして、がん細胞になります。
いったん遺伝子異常を起こした
細胞は、ちょっとやそっとではビク
ともしません。
強烈な副作用のある抗がん剤を
使って、やっと少し、細胞を死滅させ、
縮小させることができるのです。
しかも、その効果を持続させることが
かなり難しいのです。
このようながん細胞に対して、特定の
食事療法やサプリメントなどが、
一度出来てしまったがん細胞には、
微々たる影響も与えないといった
ところでしょうか。

楽しく食事をすることも治療効果
につながる!
がんに対して、早期に緩和ケアを
導入し、生活の質を高めることが、
がんの治療効果にもつながるの
ではないかというエビデンス
(科学的根拠)が報告されました。
食事療法で、生活の質が上がれば
良いのですが、玄米・菜食など、
つらい思いまでしてやるような食事
療法でしたら、
生活の質を上げるどころか、生活の
質を下げてしまいます。
おいしい食事を楽しくいただくことの
ほうが明らかに生活の質を上げる
ことができると思います。
ちまたには、
「食事でがんを治す」「がんに効く食事」
など、科学的とは言えない本が多く
出回っています。
このような著書を医師が執筆している
場合も多いのですが、たいていは、
きちんとした専門医でないことが多い
ので注意が必要と思います。
 食事療法やサプリメントなどの情報は、
患者さんにとっては、聞こえがよく、
自分でできる方法として、すぐに飛び
ついてしまうかもしれませんが、無理
な食事療法は、科学的でないことに
加えて、生活の質を低下させ、がんに
効くどころか、命まで短くさせかねない
ことになりますので、注意していただき
たいと思います。


記事(1)
がんに効く?食事療法の嘘(1)

記事(2)

がんに効く?食事療法の嘘(2)


「ウルトラC」から生まれた「ウルトラマン」


最近はウルトラCは死語に近い。
一方ウルトラマンは未だに子供に
人気がある。
最近はゼロとかオーブとかゼウス
とか昔と違い色々いる。

ウルトラCは1964年に開催された
東京オリンピックで生まれた言葉で、
本来は体操の日本男子チームが
生み出した難易度C以上の技のこと。
今は難易度もGとかもあるが昔は
A,B,Cの3つでそれを超えるような
技をNHKの鈴木アナウンサーが
どう表現するかで悩んだ末に生み
出された言葉。
これが流行語となり、大逆転技、
奇策、さらに物凄いといった意味で
用いられるようになった。

当時実行していたNHKアナウンサー
が話していたが、C難度を超えるから
C+CでダブルCというのも考えたが
W.CでトイレになるのでNGと言われ
でその後ウルトラCとしたようである。

「ゴジラ」などの特撮映画を手がけ
ていた「円谷英二」さんが、
「ウルトラ」という言葉が大変気に
入ったので、テレビ番組のタイトル
に使わせてほしいという電話を
東京オリンピックの真っ最中にし、
NHKの鈴木アナウンサーが快諾
したそうです。
実際は「ウルトラQ」で使われて
その後「ウルトラマン」につながる
ということのようである。

皮膚GVHDのケア


同じ悩みを持っている移植患者
も多いのではないかと思います。
以下のページの慢性GVHD部分
に書いてある症状と同様な事が
私の場合も皮膚、爪、毛髪に
出ました。
移植6年を過ぎた現在でも治ら
ないものも多いです。
これ以上悪化させないために
ケアが必須と考えて行っています。

皮膚GVHD(移植片対宿主病)のケア

看護師向けの情報ですが要約は
・慢性GVHDの皮膚障害の特徴
皮膚や毛髪など身体のさまざまな
部分に症状が起こり,膠原病や
自己免疫疾患とよく似た症状を
呈します。

・慢性GVHDの皮膚障害ケア
退院後はタイムリーなケア介入は
困難であるため患者の自己管理
が重要。
退院指導では患者個々の生活環境
や生活パターンに合わせセルフケア
が継続できるよう教育的介入を行う。

とあります。


「がん患者は働かなくていい」 一理まではないが、少なくとも三分の理はある


メディアで大きく取り上げられ
ている。
「がん患者は働かなくていい」 
受動喫煙議論で自民部会での
やじ問題。
ということ
個人的には受動喫煙は避け
たいので建物内全面禁煙。
喫煙は限られた場所、かつ
密閉した空間のみ可。
外での喫煙も原則禁止して
欲しいと思っている。

しかし今回のやじの内容は
これほど非難されるべきもの
なのかは少し疑問。
個人的にはこういう発言は
ヤジではなく正々堂々と趣旨
を明確にして言うべきものと
と考える。

問題は何かをまとめると
三浦じゅん子議員の受動喫煙
議論で自民部会発言趣旨
「皆様のいのちを守る、健康
を守るために受動喫煙防止
対策法は厳しくすべきと思う」。
がん患者の就労環境にも触れ、
「就労を続けることや新たに
働く場を見つけるのも困難な
場合もあります」
「好きなところで働くという選択
が許されないほど現実は厳しい」
と指摘。
「やっと見つけた職場が喫煙可
で煙モクモクの中ではたまった
ものではありません」

これに対して
「働かなくていいのではないか」
という野次を飛ばした事が問題
になっている。

その後、失言と認めたが
「喫煙可能な店で、無理して
働かなくていいのではないか、
との趣旨だった」と釈明し撤回
はしないということ。

三原議員の最初の部分は全
く同意。
最後は職場が喫煙可とか分煙
とかは最初に聞いて受動喫煙の
可能性があれば働く選択肢と
すべきではないと考える。

がん患者のみならず受動喫煙
を避けたいという人は多い。
今はそういう職場を避けるという
自己防衛が必要。

私の経験から、がんになり力
仕事は出来ない体力になった。
立ち仕事や外回りも無理。
病気前の仕事が座り仕事で
あり、勤務しているビル全体
が禁煙であったので同じ部署
で何とか復職できた。
立ち仕事や外回りのの仕事
であればの病気前の職場には
戻れなかった。

もし新たに仕事を探す場合で
あれば体力面や環境面を重視
して選択するであろう。

このヤジ発言はそもそもが
受動喫煙の危険がある場所
では望まない人は働くべき
ではない、ましてがん患者は
である。
人材募集要件の職場環境に
喫煙関連を明確に記載する
とかjはすぐ実施して欲しい。
一理あるとまでは言わないが
少なくとも三分の理はある。

発言の一部だけ切り取って
悪意だけを強調するとこう
なってしまう。

 | ホーム |  次のページ»»