プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


歯肉がん 最新状況(2017年2月)


手術後2年半ということで朝一で
MRI(造影剤入り)検査を行って
からの診察。
造影剤が入るため食事抜きである
ので早い時間の予約であったが
着替え終えても処置室が開かず
10分以上検査着で待つ事になる。
検査中造影剤を入れるための
置き針を入れてから検査へ。
やはり検査室は寒い。

検査終了後もいつもより診察
まで待たされて少し嫌な感じが
したが、結果は半年前の検査に
比べて変化はなく、再発やリンパ
転移の兆候はないとの所見。
検査所見の作成に時間がかかっ
たために待たされたようである。

口内を視診して術後も特に悪い
箇所はないと言われる。

別の病院で行った胃カメラでの
食道部の生検結果を話す。
やはり下顎部分の腫瘍は
食道部分への影響はあり得る
とのことである程度の間隔で
検査するに越したことはない
とのことである。

年明けから胃カメラ、MRIと続いた
がこれで検査は一段落。
口腔外科の外来も次回まで2ケ月
空くことになってほっと一息。
スポンサーサイト

歯肉がん 最新状況(2017年1月)


状況が落ちついているという事
で前回から2か月以上空いての
外来。
今回は視診と問診のみ。

手術跡はきれいで、触診にても
問題はなさそうということで終了。

次回は手術後2年半での造影剤
入りのMRI検査をすることにして
日時予約をする。
その検査の前提として採血をして
から帰宅となる。





日本の「口腔ガン」事情


日本の口腔ガン患者数が
増えている。
確かに人間ドックでも歯科
関連はない場合が殆どで
歯が痛くないと歯科に行か
ない人が多いのでしょう。
定期的に歯科に行くという事
が予防や早期発見になると
思います。
また確かにがんになり除去手術
となると術後のQOLは極端に下が
ることは自分の経験から言えます。

以下のコラムによれば
海外先進国では対策が取り
組まれ、減少を示していても、
日本では罹患率・死亡率とも
上昇が続いています。
確実な予防ケアが必要。
また口腔ガンは、その場所で
部分除去が難しく、顔の多くの
部分の摘出で命を守っても、
社会復帰が難しい。
時に、最近は20代の発症が
増えています。
とあります


以下から読めます

ドクターコラム
ホワイトファミリー歯科
堤 富紀子 院長
反グローバルな日本の口腔がん (1)

反グローバルな日本の口腔がん (2)

「リンパ:Lymph」 清水の流れ


口腔ガン手術後はリンパ転移
の有無を検査している。

ところでリンパ(英:lymph)とは何か
を十分理解していないので例に
より調べ。

毛細血管から浸出した一般に
アルカリ性の黄色の漿液性の液体。
血漿成分からなる。
リンパ液ともよばれる。

リンパの語源は、
清水の流れ、泉、澄んだ水、
だそうです。
リンパは体の中の老廃物や細菌
やウィルスを含んだ水分を浄化
する働きをする。

ヒトの体の中には血管のほかにも
リンパ管が全身に広がっている。
全身の組織中の細胞と細胞との
間の組織液は、毛細血管を経て
血液中に戻るが、一部(約10%)
は毛細リンパ管に入り、静脈に
送られる。
この循環をリンパ系といい、その
中を通る液をリンパと言う。

毛細リンパ管が合流し太くなった
ものがリンパ管で、多くの弁を持ち、
とくに太いものでは弁のところが
ふくらみ、数珠状につながって見える。
リンパ管にはところどころリンパ節(腺)
というソラマメ状の丸いふくらみが
ついている。

がんの「転移」は、がん細胞が最初
に発生した場所から、血管やリンパ
に入り込み、血液やリンパの流れに
乗って別の臓器や器官に移動し、
そこでふえることをいう。
リンパの流れが集まる場所である
リンパ節に転移したり、肺や肝臓、
脳、骨など血液の流れが豊富な
場所に転移することが多い。

従って、口腔ガン後の検査では
リンパ節の大きさや形状、節門の
有無等をMRIやエコー検査で調べ
ているのかと納得する。

歯肉がん 最新状況 (2016年11月)


口腔外科の定期健診に行く。
今回は、頸部のエコー検査を
行ってからの診察。

エコー検査結果は左右のリンパ節
ともに前回検査から変化は見られ
ないので悪くなっている兆候は見られ
ないと言われる。
合わせて手術で入れた骨の代わり
の金属が問題ないか、具体的には
ずれていないかとか、止めた部分が
緩んでいないかをレントゲンを撮って
調べる。
これも問題ないという事で、いつのよう
に口内に生えた髭を切ってもらい、
次回は2ケ月空けて年明けの予約
として診察は終了。

でも前日は歯科で虫歯の可能性
を調べるレントゲン撮影、今日は
歯と骨を切除した部分へ入れた
金属の状態を調べるための
レントゲン撮影。
ほぼ同じ部位です。
白血病の骨髄移植前処理で
全身放射線治療を受けた身です
ので被ばくは全く気にしませんが
ほぼ同じ部位のレントゲン撮影で
あるので、病院が違ってもデータ
の共有化が出来れば手間が省け
る上に医療費の削減にもなると
思うのは私だけであろうか?

 | ホーム |  次のページ»»