プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


口腔がんの手術から3年


9/17が手術日。
3年前の事であるが改めて
読み返すと手術後は大変な
日々だったと思う。
しかし今はあまり強烈な印象
は残っていない。

歯肉がんの手術

腫れていて痛い、
口の中が常に出血、
飲食ができない、
とか傍目にみると非常に
辛そうに見えると思う。

しかし骨髄移植後を経験
している身では、こちらの方
が辛さが少なかった。

移植後の不調は期間は長い。
体調の波もあり、内臓系に
来ると薬が増えて、その副作用
で他も悪くなったりした。

移植後のとりあえずの目標
の生着までは通常2-3週間と
言われていた。
これが結構長く、かつその結果
でその後生きられる可能性が
変わるので、も早く白血球数
が上向いてくれと毎回の血球値
が気になった。
期待していればいるほど採血
結果で上昇の気配がないと
落ち込んだ。
GVHDの影響で体も不調だが
それ以上に精神的な面でも
辛い面があったのである。

幸いにも生着したがGVHDと
の戦いが続き、好不調の波
が大きくあり、膀胱炎になった
りして次の目標である退院
予定がなかなか決まらない
時期も経験した。
あと一週間位と言われて
その間に体調が悪くなり
入院が延長されると精神的
にもきつかった。

それに対して外科手術は
直後の辛さはかなり凄い
がだんだん回復する方向
なので日が経てば今より
は楽になると考えれば何
も考えずひたすら時間が
経つのを待てば良かった
のである。
どん底を経験すれば後は
上がるんだと考える余裕も
あり、飲食が出来なくても
チャンと点滴で補給されて
いるからだ大丈夫と考え
ていた。

時間と共に良くなる外科
手術に比べると移植後は
バイオリズムのように
良い時もあるが続かない。、
これで大丈夫と思っても
また悪くなるというのを
繰り返す。

この違いは大きいである。
体の面もそうだが、精神面
の辛さが桁違いなのである。
スポンサーサイト

歯肉がん 最新状況(2017年9月)


口腔外科の定期診察。
今回は造影剤入りのMRI
を行ってからの診察。

検査は朝一予約であったが
ちょっとしたトラブルに見舞
われる。
造影剤入り検査であるので
前回来院時に採血をした。
今日の朝に前回の検査で
数値が悪いものがあるので
今日再度血液検査してから
造影剤入りで検査できるかを
判断するように指示が出て
いますと言われる。
血球値は標準より外れている
物が多いので、別の病院で
今週血液検査をした結果が
持っているのでこれを参考に
してくださいと言って出す。
医師に確認しますとのことで
15分程待たされてから造影剤
入りの検査OKが出る。
eGFR値(腎機能)が問題だった
ようである。
この数値も良くないのが常なの
ですが・・

検査着に着替えて処置室で
造影剤を入れるルートを確保
をするのであるが再度トラブル
発生。
看護師が来ておらず処置室
自体がまだ開いていない。
結果数人が待たされている。
ここでも15分程待ってやっと
看護師さんが来て前処理が
始まる。
急な休みとかが入ったようで、
代わりの人も結構慌てている
のがわかる。
結果予定より1時間近く遅れて
の検査開始。

検査結果は
再発やリンパへの転移は
特に認められない。
今年初めの検査と比べて
も大きな変化はないという
ことで問題なしとなる。

9月は3年前に手術をした月。
手術後丸3年が経過。
手術時は白血病になり4年、
骨髄移植して3年半経過時
だったので、手術そのもの
よりもその後の経過が不良
にならないかの方が心配で
あった。
しかし白血病になって4年も
生きてこれたのでそう簡単
には死なないだろうと変な
自信が出ていた。
不思議なものである。

・eGFR値
腎臓の中にある糸球体が
どれくらい老廃物をろ過する
ことができるかを示す値で、
腎臓の機能を把握できる。
eGFR値を用いて、自覚症状
に乏しい慢性腎臓病の早期
発見が可能と考えられている。

・造影剤とeGFRの関係
腎機能障害によりガドリニウム
製剤の排泄が遅くなり、
その結果金属ガドリニウム
がキレートから分離して、
「重金属中毒」状態を生じて
しまう。
ですので、腎機能の悪い人
(特にeGFRが30未満の場合)
にはガドリニウム製剤は
使用禁忌とされている。

歯肉がん 最新状況(2017年7月)


口腔外科の定期診察。
今回は頸部エコー検査を
行ってからの診察。

検査結果は両首のリンパ
肥大は認めるが前回検査
から大きな変化はない。
触診、視診においても指摘
すべき問題はないとのこと。
少し唇が荒れ気味なのが
気になるということであるが
酷くなったら来てくださいと
いうことで終了となる。

次回は9月にMRI検査の予約
を入れる。
9月には術後3年を迎えます。
まずは再発、転移がないのが
幸いです。

歯肉がん 最新状況(2017年5月)


前回の外来が2月。
4月中旬に予約を入れて
いたが都合により5月に
予約を変更したので間隔
が空く。
特に変調は感じていない
のでGWを避けての予約の
変更を行った。

先生からは診察を延期
したことについては特に
コメントはなし。
手術後2年半を過ぎたので
ある程度安心できる時期を
迎えたという感じであろうか。

触診、視診も特に問題ない
ということで次回は7月に
エコー検査の予約をして
終了となる。

歯肉がん 最新状況(2017年2月)


手術後2年半ということで朝一で
MRI(造影剤入り)検査を行って
からの診察。
造影剤が入るため食事抜きである
ので早い時間の予約であったが
着替え終えても処置室が開かず
10分以上検査着で待つ事になる。
検査中造影剤を入れるための
置き針を入れてから検査へ。
やはり検査室は寒い。

検査終了後もいつもより診察
まで待たされて少し嫌な感じが
したが、結果は半年前の検査に
比べて変化はなく、再発やリンパ
転移の兆候はないとの所見。
検査所見の作成に時間がかかっ
たために待たされたようである。

口内を視診して術後も特に悪い
箇所はないと言われる。

別の病院で行った胃カメラでの
食道部の生検結果を話す。
やはり下顎部分の腫瘍は
食道部分への影響はあり得る
とのことである程度の間隔で
検査するに越したことはない
とのことである。

年明けから胃カメラ、MRIと続いた
がこれで検査は一段落。
口腔外科の外来も次回まで2ケ月
空くことになってほっと一息。

 | ホーム |  次のページ»»