FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


歯肉がん 最新状況(2018年6月) 主治医の交代


3ケ月ぶりの定期診断。
今回は頸部エコー検査
をしてからの診察。
この4月から担当医交代
があってから始めての
診察。

手術もしてもらい、4年近く
担当してもらった先生から
の交代となる。
若い先生でエコー検査は
問題がない事、
手術後4年近くになるので
ここまでリンパ転移がなけ
れば95%程度は再発はしない
とデータがありますと説明
される。

今までの先生はMRIやエコー
検査をして、その結果に
問題なければその日は触診
はしない方針であった。
今度の先生検査結果説明後
に触診。
患者側も新しい先生の診察
方法に慣れなければと思った
瞬間である。

医師と患者の関係は特にがん
であれば治療だけでなく病後
観察も含めると相当長い付き
合いになる。
カルテに書かれている事以外
にも色々共有している。
お互い知っていることが前提の
会話も多かったがこれからは
色々とこちらからも説明しなけ
ればと感じる。

会社員時代で考えると、お互い
ナレッジ共有がなくなった場合は
前提や経緯の説明も必要と
いうことである。

医師と患者は長年の夫婦の
関係と同じだと感じる。
スポンサーサイト

リンパ腺の腫れ → リンパ節の腫れ


医学関係者の中では
「リンパ節」(Lymph Node)
でリンパ腺とは言わない
らしい。

リンパ節は体の表面近くに
存在するリンパ節と、
体の深部(胸やお腹の中)
に存在するリンパ節があり
免疫反応を調節する。
一般的に健康な成人で
あれば、リンパ節は触る
ことができないか、または
触ったとしてもごく小さく、
かつ柔らかいもの。
しかし、何らかの異常で
体の表面のリンパ節が
大きくなると、しこりとして
外から触れることができる
ようになることがある。
しこりが大きくて表面が
ごつごつしていたり、
硬かったり、形が一つ一つ
違ったり、しこりに触った
ときに痛みを伴う場合には
特に要注意。

・リンパ節腫大
病原体などによる炎症の
場合は発熱や痛み、発赤
を伴うことが多くリンパ節
は比較的柔らかく腫大し、
押さえると痛みを感じます。
口腔・咽頭など頚部周囲
の炎症では耳の後ろや
頚部上部、下顎部が腫大し、
感染症の一つである
猫引っかき病は引っかか
れた上肢の腋窩リンパ節
が腫大します。
食道・胃などの癌の転移の
場合、鎖骨上のリンパ節
が腫大することが多く、
この場合リンパ節は押さえ
ても痛みはなく、石のよう
に固く腫大する傾向が
あります。
原因を調べるための検査
として採血、X線検査に
加え、超音波検査による
リンパ節の観察が非常
に有用です。

私も歯肉がん手術後は
頸部エコー検査でリンパ節
の大きさや形状の変化を
継続的に検査しています。

歯肉がん 最新状況(2018年3月)


口腔外科の外来。
年明けはがんの再発
有無よりも唇のできもの
に対する対応が主で
あったので、久しぶり
に口腔がん後の状況
確認の診察。

今回は造影剤入りMRI
検査が入っていたため
朝食を抜いて朝一番で
病院に行く。

予約時間通りに行った
のだが、あいにく造影剤
を入れるための置き針の
前処理が遅れて検査の
順番が待ちとなってしまう。
その後の診察も検査結果
が出るまでいつもより時間
がかかり結局昼前まで
かかる。

検査結果は今までの検査と
同様に再発の兆候はない
ということで3ケ月後の経過
観察の外来予約を取って
終了となる。

現在切開した唇の後も
順調と言われる。


パピローマウィルス


先日受けた口腔外科での
除去手術。
原因はパピローマウィルス
の可能性大と言われた。
この際調べておく。

papilloma(パピローマ)
(乳頭腫:にゅうとうしゅ)
良性の上皮性腫瘍で
皮膚、尿路、消化管、
喉頭などの上皮組織
の表面に乳頭状、絨毛
状ないし花キャベツ状
に突出している。
そのため外傷や感染を
受けやすい。

出典 
ブリタニカ国際 大百科事典

・唇のできもの
パピローマウイルス(HPV)
の可能性があります。

これは良性の腫瘍ですが
まれに悪性の腫瘍の場合
もあります。

気になるようであれば、
液体窒素で凍結させて
切除する方法があるので、
一度専門医に相談される
のをおすすめします。

自然に治せる病気では
ありません。
良性のイボと言われていて
幼児に多く発症しますが、
悪性のケースもあります。
自然に治ることもあります
が、良性であっても伝染
すると厄介です。
早めの治療をした方が、
良いでしょう。

口腔外科外来(2018年2月) 手術後の抜糸と検査結果を聞く


1週間前に手術で除去
下唇のできもの。
抜糸と切除した検体
の検査結果を聞くため
先週に続く外来。

検査結果は悪性では
ないということで一安心。
やはりパピローマウイルス
だろうと言われる。

先生からも悪性だと今後
の治療、観察が必要と
なる可能性が高かったの
で良かったと言われる。

抜糸をしてもらい、唇が
元にもどるには少し時間
がかかるかもと言われる
が悪性でないと先に聞いた
ので何でもOK状態でなって
いるのでハイわかりました
と答える。
また抜糸後は唇に保湿が
必要なので塗り薬を出し
ますと言われたが皮膚科で
ヒルドイドをもらっています
と答えるとそれで結構です
と言われ薬局に行く必要
もなくなった。

このところ口腔外科での
診察は唇が中心であった
が次回は本来の口腔がん
のその後の検査でMRIを
予約して終了。


 | ホーム |  次のページ»»