プロフィール

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
451位
アクセスランキングを見る>>


「老少不定」 やるべきことは早くやろう


【老少不定】
読み:ろうしょうふじょう

病気をするとこういう言葉が
重みを持ちます。
自分も含めた家族でもこうなる
可能性があるということ。
出来ること、やりたいことはまた
今度ではなく早くやろうと思う。

■意味:
人間の寿命がいつ尽きるかは、
老若にかかわりなく、老人が先
に死に、若者が後から死ぬとは
限らないこと。
人の生死は予測できないもの
だということ。

■解説:
人生の無常をいう仏教語。
「不定」は一定しないこと、決まった
法則や規則がないこと。
「少」は若い意。

■類義語:
諸行無常(しょうぎょうむじょう)
生死無常(せいしむじょう)
無常迅速(むじょうじんそく)
スポンサーサイト

「朝三暮四」 楽しみはディナーの後でなく朝食前に


会社員時代に経験した
「朝令暮改」。

それに似たような言葉に
「朝三暮四」があるが意味
は違う。
目先の損得だけで行動する
のは戒めなければいけない。
でもいつまで生きられるか
わからないので、したい事や
やりたいことは後でではなく
早めに行動する必要もある。

これからの人生においては
この二つの意味するところの
バランスを考えて生きたいと
思う。

●「朝令暮改(ちょうれいぼかい)」
朝に命令を下し、その日の夕方に
なるとそれを改めること。
命令がひんぱんに変わって一定
しないこと。
あまり良い意味では使われない。
でも臨機応変という言葉もあるので、
少しやって悪いとか、まずいとか
思ったら方向転換や作戦中止
決定は早い方が良い事もある。

会社員時代からこの言葉に悪い
印象は持っていなかった。
決めるのが遅いのは良くない、
でも止めるのが遅いのはもっと
良くない。
という事が経験上言える。

Go/NoGO/Stopを決めるのなら
早く決めてよという考えである。

●「朝三暮四(ちょうさんぼし)」
中国の狙公(そこう)が手飼いの
猿に芧(とち)の実を与えるのに
朝三つ暮れに四つとしたところ、
少ないと猿が怒ったので、朝四つ
暮れに三つとしたら喜んだという
「荘子ー斉物論」などの故事。
眼前の差にだけとらわれて、
結局は同じであることを知ら
ないこと、詐術をもって人を欺き
愚弄すること、当座しのぎに適当
にあしらうことなどに用いられる。

当座しのぎは多かった気がする
が病気をすると考えは変わり、
朝四暮三さらに言えば朝五暮二
の方が良いと思うようになる。
朝は元気でもその日の夕方は
元気ではないという経験も多く
している。
貰えるものは早めにである。

楽しみもディナーの後ではなく
朝食前にとまで思うようになった。

でも「明日の百より今日の五十」
だと考えてしまう。
一日待つと倍ですと言われると
ハイそうしますと言いそうである。
この辺はまだ十分に覚悟が出来
てはいない自分がいる。

「喫茶店」の喫は喫煙? カフェと喫茶店の違い


若かりし頃は「喫茶店」は煙草
を吸いながらコーヒーを飲んで
休む処と思っていた。
(私はその頃はコーヒーは好んで
おらず紅茶が多かった)
「喫茶」は煙草の喫煙とお茶の
両方から命名されたと勝手に
思いこんでいた。

今「喫茶店」という名前はあまり
見かけなくなり「カフェ」「珈琲店」
とかのほうが多い。
たばこも吸えない「喫茶店」も
あるそうである。

調べると「カフェ」と「喫茶店」の
違いは、営業許可の違い。
食品営業許可を申請する際に、
飲食店営業許可を取っている店
「カフェ」
喫茶店営業許可を取っている店
「喫茶店」
と呼ぶようである。

飲食店営業許可より喫茶店営業
許可の方が許可を取りやすいが、
喫茶店営業許可では、アルコール
の提供や、単純な加熱以外の
調理全般はできない。
そのため、喫茶店が提供できる
ものは、コーヒーや紅茶などの
飲み物、菓子、果物、軽食などに
止まるが、カフェは飲み物に
アルコールを含めることができ、
「カフェ飯」と呼ばれるように調理
した料理を提供することも可能。

ただし、
飲食店営業許可は「カフェ」、
喫茶店営業許可は「喫茶店」
と名乗らなければならない決まり
はない。
そのためため、「喫茶店」と付いて
いる「カフェ」もあれば、「カフェ」を
名乗っている「喫茶店」もあるので
名前だけではわからない。

ただし「純喫茶」はアルコールを
扱わない純粋な「喫茶店」だそう
である。

最近アルコールが気軽に飲める
と宣伝している珈琲店も多いの
はこういうことだったのか。

一方「喫する」という意味は、
「食う」「飲む」「吸う」という意味
があるが、喫茶店の場合は
「茶を喫する(飲む)店」だから
「喫茶店」らしい。
喫は「たばこ」だけではなかった
のである。
これは私の無知。

【喫する】
1.(飲食物・タバコなどを)口を通して
のどに入れる。
2身に受ける。こうむる。「惨敗を―」

治療法の「意思決定」or「意志決定」? 「医師決定」だけはダメである


「意思」と「意志」
わたしのイシはこれこれです。
この場合のイシはどちらを使う?

民法を調べていると「意思表示」
が出てきた。
ここは「意志」ではなく「意思」。
さて違いは何なのか

「意思」
意思は、自分の考えや思い。

「意志」
意志とは、ある行動を「する!」と
決意して、その気持ちをキープ
しようとする積極的な心の持ち方
を意味する。
個人の中ではっきりと決定された
意向、意図をあらわす。

2つの異なる点
意思は「考え」という言葉で置き
換えられるのに対して、
意志には「~したい」という強い
感情が入っている。

意思を使う言い回し
・意思表示
・意思疎通

意志を使う言い回し
・意志薄弱
・意志堅固

最初の質問への回答は
自らが強くしたいと思えば
「意志」、
そういう考えでいるなら
「意思」、
となるのであろうが会話上
では違いがわからない。

病気になり治療法の選択肢を
聞き、調べ、それらを総合的に
考えて、意志決定、あるいは
意思決定のどちらでも良いので
希望や考えを医師に伝える。
自分は何もせず医師に丸投げの
「医師決定」
になるのだけはしてはいけない。

「秋波を送る」 秋波ってなにものなのか


選挙が近づいたり、選挙後
の政局で「秋波を送った」
とか聞く。

そもそも「秋波を送る」とは

「秋波」とは、元々は中国語で
秋の季節の澄んだ波のことで、
美人の涼しげなめ目元のたとえ。
そこから、
媚びた目つき、色目のことをいう
そうである。

【用例】
「彼女はどこに行ってもたくさん
の男性に秋波を送るから、
うんざりする」

元々は中国語で秋の澄み切った
水の波を意味する。
それが、女性の涼しげな目元の
たとえとなり、さらに、男性の気を
引くためにする色っぽい目つきの
意味となった。
この色目を使うことを「秋波を送る」
と言うが、現在では性別、また
個人・団体を問わず、媚を送る
意味で用いられる。

だから政治でも
「XXXがYYYに秋波を送った」
とかいうことのようである。
政治の世界は昔は男世界だから
男が男に送っていたが、
下の記事を読むと今は女が女にも
送るようになったのか。
女が男に送ると元の意味からは
色々問題になりそうな言葉である。

民進党の蓮舫代表が小池百合子東京都知事に秋波? 「小池氏と協力探る」 都議選での連携を模索


 | ホーム |  次のページ»»