プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


「苦渋」と「苦汁」 違いは何か


骨髄移植を選択するとき
助かる可能性がある一方
でリスクが多いと知ったので

「くじゅう」の選択であった。
感じでは「苦渋」と「苦汁」
とあるが違いがあるのか。

「苦渋の選択」
読み方:くじゅうのせんたく

辛い苦しい思いを抱きながら
も、やむを得ず選択すること。
物事がうまく運ばずに無念が
りながらも選択すること。

・「苦渋」ではなく「苦汁」もある。
「苦汁」・・・苦い汁。
転じて、苦しみまたは苦い経験
のこと。

苦汁の意味:苦い経験
苦渋の意味:苦しみ悩むこと

具体的には
苦汁をなめる
苦渋を味わう
苦渋の決断

従って移植を選択するときは
他の方法がないので
「苦渋の選択をした」
移植後は
GVHDにより
「苦汁をなめた」
と使い分けるのが良さそうである。



スポンサーサイト

「台風」 「熱帯低気圧」 「温帯低気圧」


大型台風が来ました。
今回最後は温帯低気圧
になった。

そういえば「台風」が最後
「熱帯低気圧」
になる場合と
「温帯低気圧」
になる場合がある。
説明できないので調べる。

「台風」になるには2つの
条件が必要。
(1) 熱帯低気圧であること、
(2) 最大風速が基準値以上
であること、
この2つの条件が満たせなく
なったとき、台風ではなく別
の名前に変わる。

熱帯低気圧とは、亜熱帯や
熱帯で海から大量の水蒸気
が上昇することにより空気が
渦を巻いて出来る低気圧。
この熱帯低気圧が発達して
風速が 17.2m/s を超えると
台風と呼び名が変わる。
また、冷たい空気と暖かい
空気がぶつかる場所を前線
といいますが、熱帯低気圧
や台風は暖かい空気だけ
で出来ているので前線が
出来ない。

温帯低気圧は、北側の冷たい
空気と南側の暖かい空気が
混ざりあおうとして空気が渦
を巻くことにより出来る。
冷たい空気と暖かい空気が
ぶつかりあいますので、
温帯低気圧には寒冷前線
(冷たい空気が暖かい空気に
追いついている場所)と
温暖前線(暖かい空気が
冷たい空気に追いついて
いる場所)が出来る。
また、温帯低気圧が発達して
風速が 17.2m/s を超えても
台風とは呼ばない。

「台風は温帯低気圧に変
わりました」は、
1番目の条件が満たせなく
なった時。

台風は熱帯低気圧の一種
ですから、中心付近には
暖かい空気のみが存在する。
そこに冷たい空気が入って
きて、もはや暖かい空気
だけとは言えないとなった時、
台風の構造が変化したこと
を宣言する。
この状態から再び暖かい
空気だけの状態に戻ること
は難しいため、台風に後戻り
することはない。

他方、
「台風は熱帯低気圧に
変わりました」は、
2番目の条件が満たせなく
なった時に使われる。
具体的には、中心付近の
最大風速が台風の最低
基準を下回った場合に使う。
最大風速がたまたま基準を
下回っただけで、熱帯低気圧
の構造は保たれているので、
周囲の環境が回復すれば
熱帯低気圧から「台風」に
復活することもある。

このように、
台風から温帯低気圧への変化は
「構造の変化」、
台風から熱帯低気圧への変化は
「強弱の変化」、
を意味する。

この違いを理解すれば、
「台風は熱帯低気圧に弱まった」
という表現はおおむね正解、
「台風は温帯低気圧に弱まった」
という表現は一般に正しくない、
ということになる。
温帯低気圧に変わったという
表現は、風速の変化とは関係なし
に構造の変化に着目した表現
であるため、それに伴って風速
も弱まるとは限らない。
実際には
「台風は温帯低気圧に強まった」
という場合もあるので、防災上
はむしろこちらの方が危険である
場合がある。

台風が低気圧になったから全て
が安心とはならず台風と同じような
威力を保持している場合がある
という知識を持つことは大切
だと知る。

「瓢箪から駒が出る」 「駒から馬」に変更してほしい


「瓢箪から駒が出る」

【意味】
瓢箪から駒が出るとは、思い
もかけないことや道理上あり
えないことが起こること。
また、冗談半分で言ったことが
現実になること。

【瓢箪から駒が出るの解説】
ここでの「駒」は馬のことで、
瓢箪のような小さい口から、
馬のように大きいものが
飛び出す意味から。

なぜ馬でなく駒?
駒の意味は
・駒 (弦楽器) -
弦楽器の弦と響板の間に
置き弦を保持し振動を伝える
部品。
・ボードゲームで、ユニットの
位置や状態を表すために盤面
上などに置く小片。
特定のゲームの駒については:
将棋やチェスの駒。
・馬、もしくは(原義)仔馬・小さい馬

一番最後の意味からきているのか。
それならば
「瓢箪から馬が出る」
という方がインパクトが数十倍ある。

「睫」のことわざ 肝に銘じる


今までの人生はこれに近い
と猛省する言葉です。
まずは何事も目の前、自分
のことを知ることから。

・近くて見えぬは睫
(ちかくてみえぬはまつげ)
離れた物はよく見える目も
近接した睫は見ることが
できない。
同じように、人は他人のこと
についてはわかっても、自分
自身のことについてはよく
わからないものだというたとえ。

・目は毫毛を見るも睫を見ず
(めはごうもうをみるもまつげをみず)
目は細い毛でも見えるのに、すぐ
前の睫を見ることができない。
他人については小さな欠点まで
よくわかるが、自分のことはわから
ないものだというたとえ

「老少不定」 やるべきことは早くやろう


【老少不定】
読み:ろうしょうふじょう

病気をするとこういう言葉が
重みを持ちます。
自分も含めた家族でもこうなる
可能性があるということ。
出来ること、やりたいことはまた
今度ではなく早くやろうと思う。

■意味:
人間の寿命がいつ尽きるかは、
老若にかかわりなく、老人が先
に死に、若者が後から死ぬとは
限らないこと。
人の生死は予測できないもの
だということ。

■解説:
人生の無常をいう仏教語。
「不定」は一定しないこと、決まった
法則や規則がないこと。
「少」は若い意。

■類義語:
諸行無常(しょうぎょうむじょう)
生死無常(せいしむじょう)
無常迅速(むじょうじんそく)

 | ホーム |  次のページ»»