FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


眼科に行く(2018年9月) 視野検査


正常眼圧緑内障の経過
観察の為の定期検診。
3ケ月ぶりの外来となる。
通っている眼科は通常
外来の予約はできないが
視野検査がある場合は
事前に日時予約が可能。

予約時間の10分ほど前に
着くが今までにない混雑。
前日の台風の影響で外来
をずらした人が多そう。

検査予約済であるので時間
通りに呼ばれたが、後から
来て先に呼ばれたので
背中への視線を感じながら
検査室へ。
眼圧測定、視力測定、
視野検査、眼底撮影。
混雑しているので検査は
終わっても診察まで待ち
時間はかかる。

眼圧は10/12(前回 14/12)
で正常範囲内。
視野検査も一部視野が欠ける
部分はあるが今までの検査
に比較して特段悪化している
傾向はない。
ということでいつもと同じ点眼薬
の処方箋が出て終了。
悪化していないことが今は
それで「良いということである。
スポンサーサイト

最近は眼帯姿はほとんど見ない


マスクも予防効果面では
疑問符が付いているが
その他の理由で最近は
1年中見るし真夏でも
マスク姿の人もいる。
私もその仲間ではある。

一方昔は眼帯姿も良く
見た記憶があるが最近は
ほとんど見かけない。
以下の記事で納得。

Yomi.Dr記事
変わる「眼帯」の役割…子どもは付けない方がいい?

マスクと同じように感染予防
に対する科学的な根拠がない
ので眼科ではそういう処置を
しないということ。

更に勉強になったのは
子どもの眼帯について、
子ども、特に3、4歳までの
乳幼児は、眼帯は絶対に
避けなければいけない。

発達段階にある乳幼児は、
数時間片眼に眼帯をした
だけで、斜視や弱視になる
可能性がある。
眼科医にとっては常識でも
小児科医では知識として
持っていない人も居るそう
なので保護者が知って注意
する必要があるとのこと。

眼科に行く(2018年6月) 特段の変化なし


正常眼圧緑内障のため
定期健診。
出してもらっている点眼薬
が終わる3ケ月毎程度の
診察となっている。

いつものように眼圧測定、
視力測定、眼底写真を
撮ってからの診察。

眼圧は14/12、
前回は13/12なので
ほぼ同じ値。
視力も矯正後1.2で前回
から変化なしということで
いつも通りに処方箋が
出て終了となる。
なお先生から次回は
視野検査をしたいという
ことで普段は予約はでき
ないが視野検査は少し
時間がかかり、暗所も
必要ということで日時を
決めて予約検査となる。

緑内障 正常眼圧緑内障の割合が多い


眼科に行ったタイミング
で緑内障に関する記事
があった。

Yahooニュース
3/25(日) 21:40 掲載 緑内障の啓発のため、グリーンにライトアップされた名古屋市の複合施設「オアシス21」(3月15日)(時事通信) 緑内障、症状が出た時には視神経の半分死滅 自覚症状前の早期発見が鍵

以下要約
40歳以上の緑内障有病率
は男女ともに5.0%だった。
20人に1人という割合。

眼圧が正常範囲にありな
がら緑内障になる人がいる。
多治見市における疫学調査
の結果、緑内障の約70%が
正常眼圧緑内障であった。

完治が期待できない緑内障
対策は早期発見と早期治療
によって病気の進行を止める
しかない。
眼圧と眼底を対象にした
二つの検査で十分。
これを1年に1回、定期的
に受けてほしい。
いずれにしろ、緑内障は
早期発見が極めて大切。

思ったより正常眼圧緑内障
の割合の方が多いと知る。
原因は推測されるが明確
ではないらしい。
ちなみに私は白内障の
手術後の経過観察中に
緑内障の入り口に居る
と言われ定期的に通院
治療するようになった。

白血病の治療、放射線の
関係があるかとは思うが
正確にはわからない。

原因と思われる事として
日本人では眼圧が高い
緑内障よりも眼圧が
正常範囲にありながら
視神経が障害される
タイプの緑内障、
いわゆる正常眼圧緑内障
が非常に多く、緑内障全体
の7割以上を占める。
この正常眼圧緑内障
は視神経の耐えられる
眼圧が低いことや、
視神経の血流が悪くなっ
ていることなどが原因とし
て考えられています。

眼科に行く(2018年3月)


正常眼圧緑内障と診断
されている。
眼科への定期健診へ行く。
診察間隔はもらっている
高眼圧治療薬(点眼薬)
が終わるタイミング。
今回は4ケ月以上空いて
の外来。

いつものように眼圧測定、
視力測定、眼底写真を
撮ってからの診察。

眼圧は13/12で正常値。
視力も矯正後1.2あるので
前回からの変化なしという
ことでいつも通りに処方箋
が出て終了となる。

治る病気ではないので少し
間隔が短い眼科の定期
検診の位置づけになって
いる。

 | ホーム |  次のページ»»