プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


「緑内障」の生活上の注意点


「緑内障」になった場合の
生活上の注意事項の記載
がありましたので再度となり
ますが書きます。

前に「私の緑内障日記」という
小雑誌の中の記載を書きました。
前回の記載

今回の内容はより一般的なこと。
前回もそうでしたが特にこれは
絶対ダメということはなく、とに
かく普通にストレスなく、健康的
な生活をしなさいという事に尽きる。

合わせて私は、緑内障の中の
「開放隅角」と言われているので
他の病院の薬との関係を特に
注意することはないということの
ようである。

具体的には
1.肉体的、生理的に過労をさける
2.禁煙が望ましい
3.アルコール、水分、カフェイン、
(コーヒー、紅茶、緑茶)などは
適量であれば眼圧に影響は
ありません
4.食事も特に関係ありません
5.適度な運動などもかまいません
6.緑内障では注意、と書かれている
風邪薬、安定剤、睡眠薬や、
胃の検査時に使用する薬は、
閉塞隅角緑内障の人への注意で、
開放隅角の人にはほとんど
当てはまりません。
閉塞隅角緑内障の方でもすでに
レーザー虹彩切開や手術を受け
られた方は使用しても問題のない
場合が多いので、担当医にお尋ね
ください。

眼科で白血病関連で飲んでいる薬
の影響を心配していたら先生は私
の持っている「緑内障日記」に
「抗コリン薬の制限はありません」
と追記されました。
先生は心配であればこれを見せ
れば医師には理解できますと言わ
れました。

でも患者の私には「抗コリン薬」の
意味が分からなかった。

抗コリン薬は、アセチルコリンが
アセチルコリン受容体に結合する
のを阻害する薬物のことで。
抗コリン作動薬とも呼ばれる。
この抗コリン作用によって副交感
神経が抑制される。
副交感神経遮断薬とも言われて
いたが、コリン作動性線維は
副交感神経節後線維だけでは
ない。
代表的なものに、アトロピンや
スコポラミンがある。
これと逆の作用を示すのは
コリン作動薬である。

調べても理解できなった。
スポンサーサイト

緑内障 iPS細胞でも再生は期待薄か


他人の細胞から作った
人工多能性幹細胞(iPS細胞)
で網膜の細胞を作製し、
「滲出(しんしゅつ)型
加齢黄斑(おうはん)変性」と
いう目の病気の患者に移植
する手術を理化学研究所など
のチームが28日、世界で
初めて実施した。
手術は無事終了し、
iPS細胞による再生医療の
普及に向け大きく前進した。

とあるが以下の記事も気になる

日経Goodayの
緑内障関連記事
緑内障、眼圧上昇で視野狭まる 目薬で進行抑制

私は「正常眼圧緑内障」で
定期的に眼科に行って、
点眼薬を処方されている。

この記事によると緑内障
になるとiPSによる再生医療
も現時点ではまだ期待薄で
悪化させないことを常に
考えなければいけないという
ことのようである。

ある年齢になったら眼科で
調べてもらい、疑いがあれば
早めの治療が必要と思います。

自分も自覚症状はなく、
白内障の手術後の検診で
緑内障と言われました。

以下記事の引用
白内障は手術で水晶体を
人工レンズに入れ替えれば
視力を取り戻せるが、緑内障
で壊れた視神経を治す方法
はまだない。
iPS細胞を使った再生医療の
対象も網膜などの細胞の
損傷で、視神経の再生は困難
と考えられている。
東京大学の相原一教授は
「細胞を再生させる医療が
進んでも、緑内障で壊れた
組織を再生させるのは不可能」
と指摘する。
眼圧を下げ、進行を食い止める
のが治療の基本。

まだ今ではiPSでも限界がある
と知る。

眼科診察に行く(2017年3月) 緑内障


定期的な検査、診察に
眼科に行く。

眼圧は左右11/12と正常値
内で悪化はないと言われる。

最近特に晴れている時々非常
に眩しく感じる時があると伝える。

先生の答えは検査や視診に
おいて問題となるような症状
はないと言われる。
白内障の手術でレンズを入れ
ているのでその影響があるかも
ということであった。

点眼薬を2本出してもらい、それ
が終わりそうになったら来院して
くださいということで終了となる。

視力の低下 今の時代でも原因不明も 


視力低下の原因が不明という
事が現時点でもあると知る。
高々近代医学の歴史は100年。
記事内にもありますが今の医学
にはまだまだ限界があるという
一方でそれは進歩する余地が
あるということだと言えます。

私も今であるから白血病になって
も移植し5年以上も生きる事がで
きた。
でもここまで医療が進歩したのには
多くの同じ病気の患者さんや家族の
悲しい想いがある事を忘れてはなら
ないと思っている。
合わせて病気の原因がわからない
医者側も悔しい、やるせない気持ち
がある事も知る。


Yomi.DRの記事です
進行する視力低下、原因不明…医師も苦しくやりきれない

眼科診察に行く(2016年11月) 緑内障治療


9月初旬以来の眼科受診。

前回に処方された点眼薬が終わる
タイミングであったため眼科へ行く。
特に眼に何か支障が出ている感じ
はない状態。

今回は眼圧測定、眼底撮影を終えて
診察へ先生から結果を聞く。
眼圧も左右(11/11)と正常値内で
眼底撮影でも特に他の問題はないと
いうことで、今回出す点眼薬が終わる
タイミングで次回の診察をしましょう
ということで無事に診察は終わる。

眼科へ行くのは今年は終了で、次回診察
は来年になります。


 | ホーム |  次のページ»»