プロフィール

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
451位
アクセスランキングを見る>>


視力の低下 今の時代でも原因不明も 


視力低下の原因が不明という
事が現時点でもあると知る。
高々近代医学の歴史は100年。
記事内にもありますが今の医学
にはまだまだ限界があるという
一方でそれは進歩する余地が
あるということだと言えます。

私も今であるから白血病になって
も移植し5年以上も生きる事がで
きた。
でもここまで医療が進歩したのには
多くの同じ病気の患者さんや家族の
悲しい想いがある事を忘れてはなら
ないと思っている。
合わせて病気の原因がわからない
医者側も悔しい、やるせない気持ち
がある事も知る。


Yomi.DRの記事です
進行する視力低下、原因不明…医師も苦しくやりきれない

スポンサーサイト

「緑内障」 早期治療が明暗を分ける


日経Gooday記事
失明をもたらす緑内障は、早期治療が明暗を分ける

何回か書いていますが私は
「正常眼圧緑内障」と診断され
定期的に眼科に通っている。

2年前に白内障になり手術をした
がその後の定期的な診断において
緑内障と言われる。
白内障は実際に物が見えにくくなる
という自覚症状があったが、緑内障
は最初は自覚症状がないのでそう
ですかと先生を信じるしかない。

この記事でも
緑内障の治療は、症状を進行させない
ことが目標となり、残念ながらいったん
失った視野を取り戻すことはできない。
治療では、房水の産生を抑えたり、
房水の排泄を促進させる点眼薬を
使って眼圧を下げる。
とある。
悪化させないために眼科に定期的に
行くということである。

現在は2ケ月に1度の通院で記事内
にもかかれている点眼薬、
プロスタグランジン製剤(PG製剤)の
タプロスを貰って点眼する毎日である。
薬を初めて半年ほど経つが、検診で
は悪化が見られないというのが少し
安心できる材料である。

「老眼」 正式は「老視」らしい


この所視力とか眼に関して
書いている。
今回は「老眼」と「白内障」。

年とともに「老眼」になる。
加齢を感じる瞬間です。
普通「老眼」と言っているが
正式名称は「老視」だそうで
ある。そういえば、
近視、遠視、乱視ですね。
近眼は良く聞くけど、遠眼、
乱眼はほぼ聞きません。
近視は禁止と間違えやすいから?
老視は老死とおなじになるから?
近眼、老眼を使うのかな。
(あくまで推測です)

「老眼」は40代から60代初めに
自覚されることが多いが、実際
には20歳前後から調節力の減少
は始まっており、日常生活で字を
読む時の距離である30cm前後が
見えにくくなるのが、この辺の
年齢であるといえる。
しかしこのような症状を自覚する
年齢は個人差があり、一般には
40歳前後、早い人では30歳代
半ばあたり、遅い人でも50歳代
から60歳あたりまでに自覚症状
を訴えることがほとんど。

若くしてなってもなんら不思議では
ないという事です。

●老眼と白内障の違い
老眼は目のピントを調整する能力
が低下する現象。
老眼以外に異常がない場合であれば、
老眼鏡でピントをあわせる事が出来る。
一方で白内障は目の中の水晶体が
濁る症状。
水晶体が曇ると焦点が結べなくなる
から、メガネでピントをあわせることも
難しい。
メガネの度を強くしても見えない。

私の場合もそうですが白内障手術で
レンズが入ってから以前は苦しんで
いた近くのものは逆に良く見えるよう
になりました。
白内障手術とともに老眼も気にならなく
人も多くいる聞きます。

「眼科術後不適応症候群」


Yomi.Dr記事
若倉雅登医師
井上眼科病院(東京・御茶ノ水)
名誉院長

連日ですが眼に関する記事です。

両眼の白内障手術をして2年を
経過するが手術後に度数の関係
でメガネを変えたぐらいで幸いにも
私は近くは良く見えるようになり
問題なくこれまで過ごせている。
白血病患者であった私でも特に
制限なく手術を受けられたのも
幸運であった。

記事を読んで白内障の手術数の
多さにも驚かされますが、手術後
に不満を持つ人も多いのも事実
も知る。

確かに見える、見えないというの
はすぐにわかるし、何より手術前
の期待が大きく、手術後の少しの
不具合がこんなはずではなかった
というのもありそうです。
私の場合も片目づつ1週間空けて
の手術でしたが最初は手術翌日
に眼帯を外した時にくっきり見えた、
しかし翌週はぼんやりとしか見えず
後の方は失敗ではと感じた程。
診察で手術及び術後に問題なく、
回復に時間がかかる人もいるという
話であり実際3,4日後に少しづつ良く
見えるようになったという経験をした。
その間は確かに結構不安でした。

記事は特に白内障の手術で満足
できない人も多いとのこと、
とくに強度の近視の方は近付ければ
が大きく映り、よく見えるという強度
近視の人が持つ得意技を手術して
眼内レンズで近視度を減らしたことで、
使えなくしてしまったことが理由だそう。

強度近視は成人人口の6-8%と
日本人には非常に多く、白人の
数倍です。
これは、単に眼鏡の問題ではなく、
緑内障、白内障、網膜病変、眼の
位置異常などが起こりやすい難しい
眼でもあります。
強度近視の方の白内障を手術する
際には、よくよく慎重に検査をすす
めることにしている。

眼科手術の結果に満足できず、
受け入れられない状態を、
「眼科術後不適応症候群」
と称していますが、上の例のような
白内障手術後不適応が最多。
年間約100万眼と著しく多い手術
だからでしょう。

私は少しだけ
「眼科術後不適応症候群」を
体験したという事のようである。

以下全文は以下から
白内障手術の落とし穴

「正常眼圧緑内障」 医療相談記事より


Yomi.DR 医療相談室より

私もこの相談者の息子さん
と同じく「正常眼圧緑内障」
と診断されている。
自分自身知らなかった部分も
あるので引用します。

40歳以上だと20人に1人位の
割合で緑内障になり、正常眼圧
がその7割位と正常眼圧での
緑内障の割合が案外多いと知る。
また昔よりは治療法が進歩して
いて失明にまで至る事は少ない
と知り少し安心する。

私は点眼薬+定期健診で様子
見ですが最新の眼圧検査では
右/左で11/12。
正常眼圧値は
10~21mmHg。
確かに正常範囲内ではあります。

では何故正常眼圧でも緑内障
になるかというと、
視神経の眼圧への抵抗力が
普通の人よりも弱いために、
眼圧が正常でも緑内障になると
考えられているとあり、ここでも
抵抗力の弱さと聞きなれた言葉
が出てくる。

以下要約です
質問者である母親は将来息子
の失明の可能性を心配。

緑内障は、眼圧が原因で視神経
が次第に傷み、視野に異常が
出る病気。
最初は異常に気づかず、かなり
進行してから見えにくさを自覚
するようになる。
自覚症状が出てからでは手遅れ
となり、以前は、緑内障は
「失明する病気」と恐れられた。
しかし、現在では自覚症状が出る
かなり前に診断でき、治療法も進歩。
発見が遅れたり、発見後に放置した
りしない限り、失明することはまず
ありません。

早期発見のため、眼圧以外に視野
や視神経乳頭の検査をする。
治療法は目薬で眼圧を下げること
が中心。
今は目薬の種類が増え、患者さん
の選択肢は広がっている。
目薬の効果が不十分な場合は、
手術などで眼圧を下げることも
できる。

医療相談室 正常眼圧緑内障

 | ホーム |  次のページ»»