FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


映画「終わった人」 サクセスフル・エイジング


少し前ではあるが映画
「終わった人」を観た。
平日の昼間ということで
私たちも同じであるが
仕事を引退された夫婦
が多い印象。

定年を迎えた男の
サクセスフル・エイジング
を問うている。

「サクセスフル・エイジング」
アメリカで生まれた言葉で、
「日本語で正確に言い表す
和訳はない」とされている。
持つ意味とは
「良い人生を送り、天寿を
全うすること」とされており、
日本に元々ある言葉では
「生きがい」や「幸福な老い」
がその意味に最も近い
ものではないかと考えら
れている。

これの構成要素としては
・長寿 
 これは大前提ですね
・生活の質(QOL)
 身体の健康
 機能的な健康(ADL, IADLなど)
 認知能力
 時間の消費
  (レクリエーションなど)
 社会的行為
 (独創的リーダーシップなど)

・社会貢献(Productivity)
 有償労働
 無償労働
 相互扶助
 ボランティア活動
 保健行動
等と言われている。

サクセスフル・エイジングの
ベースにはQOLや経済的な
安定、家族がいること等が
あるが必ずしもこれらが
満たされていても豊かな
老後生活とは言えないし、
満たされていなくても幸せ
に老後を過ごせる人もいる。

映画の主人公はQOL、経済面、
家庭面は満足する物を手に
入れていたが社会貢献
(Productivity)の部分を求めた、
さらに言えば他人に求められ
たということ。

私自身のサクセスフルエイジン
グはQOLが大部分を占めるの
でProductivity部が小さいという
か無い。

Productivity部が大きい人は
定年になっても名をあげる
とか他人に貢献するとかを
求めるのであろう。
でもそうであれば定年を待た
ずに行動する方が良く、
最低限計画は立てて準備
しておくべきである。
定年になってから何をしよう
かと考えるより定年の10年
以上前から定年したらどう
したいかを考えて今の行動
をとるというのが老後の賢い
過ごし方に通じる。

自分は暇が一番楽しいと
思えるので今の生活に
満足していると言える。
「暇を楽しむ」
簡単と思えるがこれが
結構難しいらしい。

スポンサーサイト

EndingNoteを親へプレゼント 心境は複雑ではあるが今しかできない


両親共に健在ではあるが
そろそろ超高齢者の部類
に入る。
今しかできないという意味で
リビング&エンディングノート
を買って渡す。

EndingNotes

幸いにも母親とは少し前
からもしも時や相続に
関して話自体は出来て
はいる。

各々に対してここに書い
てあるとか、ここに必要な
物があるとか、こうして
欲しいとか会話はあるが
この際すべてを一冊に
すべてまとめおいて
欲しいとお願いして
エンディングノートという
ものがあるのでこれに
全て書いて欲しいと
渡した。

迷惑をかけずに死にたい
というのであれば、これが
一番後に残る人が苦労
せずに済むという様に
伝えた。

気持ちは非常に複雑で
はあるが時間は止まって
はくれないし、いつ来るかも
わからないのである。
今しか準備できない重要
な事だという事だけは確か。

そういう自分も言うだけで
なくそろそろ準備に入ら
なければならないと思う。
ということで自分用にも
一冊買ったのであるが
まだ書き始めてはいない。

「VSED」という言葉を知る 自発的な飲食の停止



BuzzFeed NEWS
飲食を絶ち、自ら死期を早める患者たち

この記事は考えさせられる。
「ホスピスに入院してきた
末期がんの患者」
の死にたいという希望に
対して対応に悩んだ医師。

その中で
VSEDという言葉を知る
VSED
(voluntary stopping eating
and drinking)
自発的な飲食の停止。

自分で飲み食いを止めるVSED
は、安楽死や医師による自殺
幇助が合法ではない国や
地域であっても、患者自身で
死を早める方法として、
知られている。

安楽死が出来ないとなれば
十数年すれば本格的に論議
されているかもしれない。

個人的にはこの患者の気持ち
はわかる。
しかしある程度尊厳や意思が
示せる状態であればて飲まず
食わずよりも安楽死させて
もらう方選択出来ればすると
思う。
日本でもそろそろ論議を初めて
欲しい。

がんで余命宣告された時の価値観


完治が難しい進行したがん
の患者になった場合の考え方、
プライオリティは事前に考えて
おくべきである。

自分は
・お金はあの世に持って行けない。
・限られた時間をどう使うかは
選択できる。

患者には色々な高額な自費
治療をお金をかけて受ける
自由はある。
お金は失うが希望は少しは
持てるかもしれない。
でもそれにより残り少ない
貴重な時間を費やすことが
自分に取って価値がある
ことなのかとを比較して
考えると自分は選択しない。
しかし、家族の価値観と
個人の価値観は違うので
事前に良く話し合うことは
重要と言える。

一日でも長く生きていてさえ
くれたら良いという家族の
気持ちは全く否定はでき
ないが、本人の希望や辛さ
も汲み取って欲しい。

しかし限られた時間と言われ
たならば健康であった時の
ように過ごしたい。
この希望がかなえられるの
であればお金は惜しまない
のだが・・

参考した記事は以下の
朝日デジタル
「ダメでもともと」の患者さんはいません




寝たきりになる前に・・・


YomiDR過去記事

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

5年ほど前の記事ですが
一部に考えられる風潮
にはなったが日本人の
多くの人の考え方が変
わっているとは思えない。

元気な時にこそ明確に
意志表示しておく、
Living Willを記しておく
必要性を強く感じる。

一日でも長く生かしておく
のが高齢者や重病人のた
めになるという考えよりも、
この医療費を若くして難病
や治療に苦しいんいる人の
ため、高度な治療できれば
なる可能性がある人に使っ
て欲しいと思っていた寝た
きり高齢者や重病人もいる
はずである。
でもその意志表示がでできる
のは意識がしっかりしている
時だけなのである。
臓器提供の意思表示と同じ
ように容易に意思が表せる
ものも必要と思う。

以下記事要約
日本の医療水準は優れて
いるが寝たきり老人が多い。
一方外国には寝たきり老人
は少ない。
ストックホルム近郊の病院や
老人介護施設を見学したが
寝たきり老人は1人もおらず
胃ろうの患者もいなかった。

理由は、高齢あるいは、がん
などで終末期を迎えたら、
口から食べられなくなるのは
当たり前で、胃ろうや点滴など
の人工栄養で延命を図ること
は非倫理的であると、国民皆
が認識しているから。
そんなことをするのは老人
虐待という考え方さえある。

肺炎を起こしても抗生剤の
注射もなしで内服投与のみ。
多くの患者さんは、寝たきりに
なる前に亡くなっていました。
従って寝たきり老人がいない
のは当然。

 | ホーム |  次のページ»»