FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
174位
アクセスランキングを見る>>


歯科に行く(2019年2月 2回目)


今月初めの定期なクリーニング
に行った際に昔の治療で被せた
物と歯に間に少し隙間が出来て
いるので詰め物をして埋めて
おいた方が良いと言われる。

今回の治療時間は10分も
経たずに終わる。
最近特に口腔ケアの重要性
を感じて来ているので次回の
定期クリーニングは少し間隔
を詰めて行こうと考えている。


スポンサーサイト

歯科クリーニング(2019年2月) メンテ部分が経年劣化


定期的な歯科クリーニング。
最近は5ケ月間隔。

前回よりもセルフケアは出来
ている様で奥歯を除いては良く
手入れできていますと珍しく
褒められる。

しかし随分前に治療して金属
が被せている部分が少し隙間
が出来ている状態になっている
と言われる。

何時の治療かも思い出せない。
メンテナンスした部分が故障
しそうになっているということ
であるので経年劣化だと思う。

今日はクリーニングだけで、
治療は次回の行うことになる。
長引かなれば良いのだが。

歯科 クリーニング(2018年5月)  進行止めまでで許される


定期的なクリーニングへ。
前回から5ケ月空いている。

最近は移植後一番体調が
良いので、歯磨きも今まで
よりは丁寧に長時間出来て
いると自負している。

私の場合、歯磨き時間や
丁寧さは体調に依存。
体調が悪いと長い時間歯を
磨くという行為を1日3回行う
ことに根気が続かず疎かに
なる場合が多い。
その結果口腔ケアが不十分
で定期的なクリーニングの
つもりで行っても虫歯があり
ますねということで治療する
という事の繰り返し。
そのため普通の人よりも少し
短いスパンで歯科に行くよう
に言われているしそうしている。

今回は前回よりは口腔ケアを
したという自信があったので
虫歯はないはずだと思っていた。

結果は怪しい部分2ケ所、
しかし直ぐに治療する必要は
ないので今回は進行止めの
薬を塗って様子見となる。

虫歯治療までには至らなかった
が無傷ではないので引き分けと
いう感じである。

次回はすんなりクリアしたい
とは思っているが今虫歯に
なりかけている歯があるので
現状悪化をさせないための
ケアを丁寧にしようと思う。

虫歯治療(2018年3月) 一回で終了


先週の歯科のクリーニング時
に少し虫歯になっている歯が
あるので治療した方がよいと
いうことで予約をしていく。
初期なので1回で終わります
と言われていたがその通り
で治療は15分ほどで終了する。
早期治療は治療時間も
短くて済む。
今後尾¥も定期的にクリーニング
しに来てくださいと言われる。

3月末の集中病院通いも
これにて終了。
2週間で5病院6回の通院。

4月は体調を悪化がなけれ
ば通院は無しの予定。

歯科 クリーニング(2018年3月) 


4ケ月半ぶりの歯科に
クリーニングに行く。

一般の人より短い
間隔で歯科でのプロケア
を受けている。

いつものようにクリーニング
をしてもらった後で、前回
にも指摘されていた虫歯の
今後の対処について話す。
短い回数で治療できるで
この際通ってくれませんか
という話になり次週の治療
予約を取って終了。
また病院に行く日が増えた。

でも歯もがんも検査と早期
治療が肝要であることは
共通しているのでしっかり
行かなけては。

 | ホーム |  次のページ»»