プロフィール

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
451位
アクセスランキングを見る>>


定期的な口腔ケアで長生き


「定期の口腔ケアで長生き」
YomiDr記事です。

白血病になり、抗がん剤や移植
により粘膜系がやられ、歯磨きが
長い時間できない。
歯磨き粉が辛く、つけると磨けない。
入院中は立っているのも苦しい
時期もあったので歯磨きに十分
時間をかけられなかったとかで
口腔ケアがおろそかになったのは
事実。

そういう行動がその後の歯肉がん
の原因の一つになったかもしれない。
それに加えて口中を手術したので
またまた十分に歯磨きはできず、
さらに口内環境は悪化し、虫歯も
増えた。

結果1年以上歯医者通いをする
羽目になった。

以下記事抜粋
65歳以上の高齢者1万6462人を
対象に、口腔ケアや歯の治療を
行うかかりつけ歯科医の有無で、
生存率に違いが出るか調べた。

かかりつけ歯科医を持つ人の
6年後の生存率は男性83.4%、
女性91.0%で、持たない人に
比べそれぞれ4.1ポイント、
11.3ポイント高かった。
「歯が悪くなってから歯科医
行くのではなく、予防のための
定期受診を心がけてほしい」

当然歯医者に行くだけでこの
数値とは思いませんが口腔ケア
の重要性を若い頃は全く理解して
いなかったことが悔やまれます。

定期の口腔ケアで長生き
スポンサーサイト

歯のプロケア セルケアは時間も質も重要と諭される


半年程空いたが歯科にて
クリーニングをしてもらう。

結果は虫歯と判定される物
はなかったが虫歯になりそうな
歯はあったので今後もしっかり
した歯磨きと定期的な早めの
来院をしてくださいと言われる。
普通は半年間隔位だが3-4ケ月
間隔でと言われる。

前回の来院時よりも歯磨きを
がんばっていることはわかる
が磨き方をもう少し質良く、
丁寧にしたほうが良い。
具体的にはここの部分が良く
磨けていませんのでこういう風
に磨いてくださいと鏡を持たされ
実際に指導される。

確かに前回から歯磨きの時間
は意識的に長くはしているが、
加えてセルフケアには質(技術・
やり方)の向上が必要ということ
ことを言われたと感じている。

セルフケアとプロケア 歯に学ぶ


症状が出てから病院に行き
治療し病気前の状態に戻る
ことができる病気も多い。
それにより免疫ができるという
メリットもあったりする。
しかし、一度ダメになると元
には戻らないものもある。
例えば歯とかがんとかである。
歯は最近「守ろう!永久歯」
のCMも印象的である。
がんも治療して問題がない
と言われても根治したと今の
科学では証明できない。
したがって白血病は根治は
使わず寛解と呼ばれる。
元に戻ったとは証明できない。

歯科においてはセルフケアと
プロケアと言われる予防がある。
がん予防はそこまで行っていない。
がんはそもそも原因不明が多い
ので、何に気を付けてケアすれば
良いかはわからないのである。
出来ることはリスク要因を減らす、
プロによる早期発見、治療である。

歯科においては近年では
「治す」より「予防する」
方が重要。
「予防歯科」と呼ばれる。

自ら歯のケア。
セルフケアで我々が行っている
ものは歯磨きやオーラルケア。
しかし、歯磨きをきちんとしている
人でも虫歯になる。

徹底したセルフケアをおこなっても
文字通り「歯がたたない」強敵が
虫歯菌の塊(プラーク)を覆う
バイオフィルムと呼ばれるもの。
これは家庭でのケアだけでは
除去できない。

そこで歯科医による
「プロフェショナルケア」、
通称プロケア。
歯科医師や歯科衛生士により、
専門器具を使った歯のクリーニング
により歯の病気を予防し、着色や
口臭をなくすため、健康な口腔内
の維持ができる。
その他にも歯にフッ素を塗ったり、
歯の溝やすき間に医療用プラスチック
を詰めて虫歯になりやすい場所をなく
す処置、歯石除去などにより虫歯に
なりにくい環境を作る。

このように、セルフケア
とプロケアが
車の両輪のように働くことが予防歯科。

医学の進歩によりがんになりやすい
体(遺伝子)かを判定して、事前除去
とかあるが、がんにならないために
何かに気を付けるとか、薬を飲むと
かの予防ができるような世界になって
ほしいと望む。
これもAIの進化に期待となるのか。
でもそれにはデータの蓄積が必要
なのでそのほうが大変か・

と書いているうちにそろそろ歯科
のプロケアを受ける頃だと思い出し、
早速予約をしたのであった。

歯科に行く 治療後の定期健診(2016年11月)


虫歯(群)を1年以上かけて治し終えた
のが7月末。
治療の最終日、今後も定期的に検査
する方が良い。
普通の人は半年位が目安だが
貴方の場合は虫歯の心配や歯茎
も少し痛んでいるので3ケ月に1度
くらいは来ることを考えてください。
と言われていた。
治療終了後は歯磨きに昔より時間
をかける、歯間ブラシを毎日使うよう
にしたのは事実。

治療後4ケ月程過ぎたので定期健診
の予約をして歯科に行く。

クリーニングしてもらい、少し虫歯が
疑われる歯があるのでレントゲンを
撮って詳細を確認する。
奥歯が少し虫歯になりかけているが
すぐ治療する必要はなさそうなので、
今以上に指摘された部分を丁寧に
歯磨き、歯間ブラシを使ってケアを
するように言われる。
手術をして大きく口が空けられない
ので奥歯は結構苦労しているのは
事実。
ハイと答えたが物理的に出来るかは
疑問で早めに次回も清掃してもらう
方が確実と思える。

毎月、口腔外科で口腔ガン後の状態
を見てもらっていまが、手術後の状態
と転移(リンパ節等)の有無が主。
虫歯があったとしても範疇外なのか
口腔外科で虫歯だから歯医者に行った
方が良いですと言われた事はない。

逆に手術で切除した皮膚を顔の一部
から回しているので毛(髭)が口内に
生えて伸びるので口腔外科で毎回
切ってもらっていますが、歯科では
どんなに伸びていても切ってくれません
し話にものぼりません。
医療用のハサミは使わない?
使えない?
あるいは治療の範疇外なのかは不明。
歯科・口腔外科の両看板を掲げて
いれば切ってくれるのだろうか。

 | ホーム |