FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


歯科 クリーニング(2018年5月)  進行止めまでで許される


定期的なクリーニングへ。
前回から5ケ月空いている。

最近は移植後一番体調が
良いので、歯磨きも今まで
よりは丁寧に長時間出来て
いると自負している。

私の場合、歯磨き時間や
丁寧さは体調に依存。
体調が悪いと長い時間歯を
磨くという行為を1日3回行う
ことに根気が続かず疎かに
なる場合が多い。
その結果口腔ケアが不十分
で定期的なクリーニングの
つもりで行っても虫歯があり
ますねということで治療する
という事の繰り返し。
そのため普通の人よりも少し
短いスパンで歯科に行くよう
に言われているしそうしている。

今回は前回よりは口腔ケアを
したという自信があったので
虫歯はないはずだと思っていた。

結果は怪しい部分2ケ所、
しかし直ぐに治療する必要は
ないので今回は進行止めの
薬を塗って様子見となる。

虫歯治療までには至らなかった
が無傷ではないので引き分けと
いう感じである。

次回はすんなりクリアしたい
とは思っているが今虫歯に
なりかけている歯があるので
現状悪化をさせないための
ケアを丁寧にしようと思う。
スポンサーサイト

虫歯治療(2018年3月) 一回で終了


先週の歯科のクリーニング時
に少し虫歯になっている歯が
あるので治療した方がよいと
いうことで予約をしていく。
初期なので1回で終わります
と言われていたがその通り
で治療は15分ほどで終了する。
早期治療は治療時間も
短くて済む。
今後尾¥も定期的にクリーニング
しに来てくださいと言われる。

3月末の集中病院通いも
これにて終了。
2週間で5病院6回の通院。

4月は体調を悪化がなけれ
ば通院は無しの予定。

歯科 クリーニング(2018年3月) 


4ケ月半ぶりの歯科に
クリーニングに行く。

一般の人より短い
間隔で歯科でのプロケア
を受けている。

いつものようにクリーニング
をしてもらった後で、前回
にも指摘されていた虫歯の
今後の対処について話す。
短い回数で治療できるで
この際通ってくれませんか
という話になり次週の治療
予約を取って終了。
また病院に行く日が増えた。

でも歯もがんも検査と早期
治療が肝要であることは
共通しているのでしっかり
行かなけては。

歯科 クリーニングへ行く(2017年11月) FBIの徹底を考える


前回から4ケ月経つ。
口腔がんの手術後、
口が大きく開けられない
ので歯磨きが十分に
出来ない部分があるの
で短いスパンでプロケア
を受けに行っている。
通常は半年間隔だが
私は3-4ケ月間隔でと
言われている。

今回はレントゲンを撮り、
クリーニングをしてもらう。
右奥歯に少し虫歯がある
が応急処置して次回の
診察時に悪くなっていれば
治療しましょうということ
になる。

オーラルケアは「FBI」。
「F」=歯と歯のすき間ケア
「フロッシング」、
「B」=歯の表面のケ
ア「ブラッシング」、
「I」=口内の洗浄
「イリゲーション」
の3つの頭文字。
歯ブラシで歯面のブラッシング
を行ったあと、歯間をデンタル
フロスでフロッシングし、
最後に口腔洗浄器で汚れ
を十分に洗い流すというもの。

前回時より自宅での歯磨き
は丁寧に行っているがまだ
不十分と言われたのでもう
少し技が必要。
今回薦められたのがフロス
使用時にジェルコートをつけて
行うというものであった。

FBIという言葉がいまいち
普及しないのはIの部分が
なかなか家庭で出来ない
為と思われる。
歯科に行ってやってもらって
いるが家庭用を買うとかを
考える必要があるかしれない。

歯科 クリーニングへ行く(2017年7月)


近所の歯科へ定期的な
クリーニングへ行く。
前回からほぼ4ケ月経過
している。
病歴からも虫歯になり
易い口内環境なので
普通の人より頻繁に
通院した方が良いと
言われているし、既に
口腔がんの手術で歯を
失っているので残って
いる歯は守らなくては
と思っている。

今回は市から平成29年度
歯周病疾患検査受診票が
届いていたのでクリーニング
予約時にこれも一緒に受ける
べきかを尋ねる。

案内によると検診内容は
問診および歯周病組織検査
(現在歯・喪失歯の状況、
歯周組織の状況、
口腔清掃状況)
を実施すると記されている。

費用は900円であるが詳しい
検査や治療をした場合は保険
診療となり別途費用が掛かると
書いてある。

歯科に確認すると、これは
別途これだけ予約して記載項目
を行うもので、最初からクリーニング
目的で行けば上記検査も入るので
歯周病検診を別途受ける必要は
ないでしょうというと言われる。

ということでいつもと同じように
クリーニング実施の通院。
前回より歯磨きは良くできている
そうであるがまだ十分届いて
いない部分があると指摘される。
合わせて2本ほど虫歯になり
かけているので治療と予防を
してもらう。

最後に今後はフッ素入りの歯磨き
と歯磨き後のジェルコートの使用
を薦められる。
試供品ももらって帰る。
家には奥さんが昔買った同じ
ものがあったので当面それを
素直に使うようにする。

年内にまた行くようにしない
といけない。

 | ホーム |  次のページ»»