プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


消化器内科受診(2017年2月) 正式な病名はつかない病気のようである


胃カメラ生検の続き。
血液内科の先生から生検結果は
聞いたが、今後のこともあるので
消化器内科の医師に診てもらい
今後のことを相談したほうが良い
ということで行く。

まずは生検結果説明。
胃カメラにおいて怪しい点が
あったので色素液を使い、
3ケ所を生検したが全てにおいて
悪性所見は見られない。
先生曰く放射線治療を行った
後に見られる症状に似ている
ので放射線治療経験を聞かれる。

骨髄移植前処理で全身放射線治療
(TBI)をフルで受けていることを告げる
とその影響が十分考えられるという
ことであった。

病名は何になりますかと聞くと正式
な病名はつかないかなという回答。
それでは家族に説明できないので
というと、あえて説明用に言えば
「放射線性食道炎」の疑いがある
という回答。
当面追加検査や薬での治療は
必要ないが経過観察をしたいので
6月下旬に再度胃カメラ検査をする
という結論になり、検査予約を取って
終了となる。
4ケ月後の検査予約となると人間
ドックの予約をするようなものである。

何か飲食で注意することがあるかと
聞こうかと思ったが、先生から特に
言及がなかったので自分から聞いて
何か良くないとか控えたほうが良いと
いわれるのが嫌なので聞かなかった。
今まで通りに飲食することにした。

放射線性食道炎を調べると確固たる
エビデンスがある治療法はなさそう。
次回検査まで何もしないということは
自然治癒を待つということなのかも
しれない。

移植後バリウムでの検査はしたが
胃カメラは行っていないので最近
こうなったのではなく相当長い間
こういう状態だったのかもしれない。
確かに移植後は食が細いというか
飲み込める量が少なくなった事実
があるが体が痩せたので首矢や喉
も同様に痩せて狭くなったと思って
いたがこれが原因だったかもしれ
ないと振り返る。
こんな病気はないであろうが
「慢性放射線性食道炎」
とでも命名しようかと思っている。

【放射線性食道炎】
放射線性食道炎は、食道がん
などの放射線治療の副作用が
原因の症例。
この病気は放射線治療開始から
2-3週間経過したころに発症する
ことが多い。
抗がん剤を併用していると発症率
が上昇する。
発症すると食事を行うときの
不快感が増すので、固形物を
減らすなどの工夫する。

【放射線性食道炎の症状】
放射線性食道炎はがんの放射線
治療で食道が通る胸のあたりに
放射線を当てた場合に起こる。
症状はのどから食道にかけて繊毛
が焼けて乾燥を感じるようになり、
さらに柑橘類や刺激のあるものを
食べると痒みや痛みが出る。
その後徐々に食道内がむくみ、
食べ物が通りづらくなるだけでなく、
服用する錠剤なども飲みこみづらく
詰まらせてしまうこともある。

【放射線性食道炎の原因】
放射線性食道炎は、胸腔内や
頸部、食道にできた悪性疾患の
治療の際に、放射線の照射が
原因となって起こる。
放射線照射の治療中に起こる
ことはあまりありませんが、その
ほとんどは放射線照射治療から
二、三週間ほど後、または二ヶ月
以上ほど後になってかかる。
放射線性食道炎は、その他の
食道炎とは少し違ったことが原因
となる。

【放射線性食道炎の治療方法】
放射線性食道炎の治療法は、
普段の食事では固形物を少なくして
流動食を増やすといった工夫をする。
これによって食道炎の症状を緩和
することができる。
また、アルギン酸ナトリウムに
ステロイドを混合する治療法もある。
また最近では漢方薬が副作用が
ないので注目されており、白芍が
症状の痛みを軽減する効果がある
と言われている。
スポンサーサイト

 | ホーム |