FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


消化器内科(2018年9月) 胃カメラ


今年5月に検査を受けたので4ケ月
しか空いていないが前回も最終的
にグレー判定であったので間を
詰めての検査となる。

3連休明けなので病院に入ると
少混んでいると感じたが内視鏡
検査は珍しく人待ちがない状態。
受付をして椅子に座るとほどなく
呼ばれる。
検査回数を重ねているので既往症
もこちらからの申告前に看護師さん
から確認される。

直ぐに消泡剤を飲むように言われ、
直後に喉の麻酔薬を口に含む。
いつものように3分後に飲み干して
くださいと言われる。
3分後に飲み込んでくださいと言われ
そのまま検査室へ通され検て査が
開始される。
いつもは各ステップで少し間が空く
のであるが今回は全く無駄な時間
がなく進む。
逆にこれから胃カメラだから少し気合
を入れて覚悟を決めるという心の
準備が全く出来ないうちに検査開始。
短い、早い、苦しくないが良いのは
確かである。

生検をすることが前提の検査なの
で検査終了後は30分安静が必要。
それを加えても病院に入って1時間
少しで会計まで終了するという今迄
になくスムーズに終了。

これで検査結果も白であれば良い
のであるがこういう時に限ってあまり
良くない結果が出たりするのである。

検査結果は2週間後の診察で聞く
ことになる。
スポンサーサイト

消化器内科(2018年5月) 外来受診 結果はグレー


2週間前の胃カメラ時の生検
結果を聞くための外来。

画像上は前回との変化は
あまりないとの診断である
が病理組織診断報告書には
小円形細胞浸潤と細胞内水腫
があり、炎症の変化とみられる
が念のため消化管病理の
専門家にコンサルします。

となっており、白でも黒でもなく
グレーの判断。
従ってこの最終結果を聞くため
の外来予約にみを取って終了。

はっきり白黒が判断できない
状態なので今回のタイミングで
検査をしなければこのような
判断にはならない。
黒でも早めの発見なのでこれは
これで良かったと考えるように
して音沙汰を待つことにする。

内視鏡検査 経口、経鼻 選択は


胃の内視鏡検査では
最近は経口でなく
経鼻の選択肢がある。
従来の経口内視鏡より
も細く患者の苦痛、
負担が少ないとして
急速に普及。
今では胃の内視鏡検査
の相当な割合を占める。

経鼻内視鏡のメリット
は内視鏡が細いために
患者の苦痛、負担が
少ないという事。
また検査中に会話が
できるという事とあるが、
検査中の医師と患者
との会話は個人的には
あまり意味はないと思う。

デメリットして画質面。
テレビ画面に映し出され
る画質の問題。
経口内視鏡に比べて
経鼻内視鏡の画質は
やや劣るとのこと
これは通常の観察では
問題にならないが、
微細な病変の観察に
関しては、経口内視鏡
に軍配が上がる。

最終的には
どの程度の画質が必要
かを考えることが重要。

例えば・・
癌のリスクの低い若い方
が、胃痛のため、胃潰瘍
や十二指腸潰瘍を疑って
胃カメラを受ける場合は、
細径のスコープでも十分
に発見することが可能
でしょう。
一方で、胃癌1次検診
(バリウムの検査)で
要精密検査と言われ、
胃癌2次検診として
胃カメラを受ける場合、
小さな早期胃癌を検索
するため画質が高い
スコープほど有利になる
でしょう。
ここに挙げたのはあくまで
例えなので、それぞれの
方に合った内視鏡検査は
医師とよく相談する必要
があります。
とある。

病変があり、経過観察
かつ生検が前提の私の
場合は今は経口の方が
確実と言えるのだろうが、
技術の進歩が常識を
覆してくれるはずである。
実際8Kテレビと同じ理論
で8K内視鏡の試作品の
ニュースがあったので
今後の技術進歩に期待。

やはり痛い苦しいは
できるだけ避けたい。

消化器内科(2018年5月) 胃カメラ


昨年11月以来の胃カメラ。
昨年は年3回受けたが、
今年初で半年ぶりとなる。

朝食抜きで病院へ行く、
久しぶりの満員電車。

苦しさに慣れたのか今回
の検査は今までに比べる
と楽に受けられた。

生検を前提の検査で
あるが、先生も検査後
に前回と同じように
見えますが念のため
生検しましたという
話であった。

生検により飲酒禁止、
当日はシャワーのみと
毎回おなじみの検査後
の制限の中での過ごし
方となる。

2週間後の外来で結果
を聞くことになる。


消化器内科(2017年11月) やはりがんには見えるのですが・・


2週間前の胃カメラで生検
を受けたので結果を聞き
に行く。
前回の検査後に
「放射線性食道炎」
と診断されている。

診察室に入ると先生は
こちらの顔をみるなり、
やはりがんではないです
が第一声。

その後の会話では
今年3回目の検査だが
毎回同じ場所
(喉から23cm下)に異常
部分がある。
見た目はやはりがんに見え
るが生検結果では悪性所見
は出ていない。
検査を経て炎症自体も大きく
はなってはいないので次回
の検査は半年後にしましょう。
いままでもこのような形から
悪性に転化した例もあるの
で1年よりも半年後の検査
の方が安心できます。

ということで来年の事を言う
と鬼が笑いますが5月の
胃カメラの日時予約をする。
人間ドック以上の回数であるが
疑いがあり、検査してもらえる
のなら喜んでとは言えないが
嫌なものは強制されないと
逃げる性格なので予約した。

こちらからは毎回話が食道部
の問題で終わってしまうので
食道以外は問題はないで
しょうかと尋ねる。
先生からは胃と十二指腸も
毎回見ていますが綺麗で
全然問題ありませんと言わ
れてこちらは安心して終了
となる。

 | ホーム |  次のページ»»