プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
326位
アクセスランキングを見る>>


消化器内科(2017年11月) やはりがんには見えるのですが・・


2週間前の胃カメラで生検
を受けたので結果を聞き
に行く。
前回の検査後に
「放射線性食道炎」
と診断されている。

診察室に入ると先生は
こちらの顔をみるなり、
やはりがんではないです
が第一声。

その後の会話では
今年3回目の検査だが
毎回同じ場所
(喉から23cm下)に異常
部分がある。
見た目はやはりがんに見え
るが生検結果では悪性所見
は出ていない。
検査を経て炎症自体も大きく
はなってはいないので次回
の検査は半年後にしましょう。
いままでもこのような形から
悪性に転化した例もあるの
で1年よりも半年後の検査
の方が安心できます。

ということで来年の事を言う
と鬼が笑いますが5月の
胃カメラの日時予約をする。
人間ドック以上の回数であるが
疑いがあり、検査してもらえる
のなら喜んでとは言えないが
嫌なものは強制されないと
逃げる性格なので予約した。

こちらからは毎回話が食道部
の問題で終わってしまうので
食道以外は問題はないで
しょうかと尋ねる。
先生からは胃と十二指腸も
毎回見ていますが綺麗で
全然問題ありませんと言わ
れてこちらは安心して終了
となる。
スポンサーサイト

胃カメラ(2017年11月) 肩の力は抜けない


今年3度目の胃カメラ。
7月の検査、診察時に
食道部に炎症があり、
「放射線性食道炎」
と診断されている。
その時に今年中に
再度検査したいという
事で今回の検査。

都内は米国大統領来日
中であちこちに警察車両、
交差点には警察官がいて
厳重な警戒中。
何事も起きないことが求め
られるので警備も大変だな
思いながら病院に向かう。
幸いにも職務質問はされ
ませんでした。

年3回しても慣れる検査で
はない。
特に検査中に深呼吸して
肩の力を抜いてくださいと
言われるが、苦しくなると
呼吸もできず、力を抜く
どころか逆に力が入って
来るのである。
そのたびに肩の力抜いて
くださいと言われる。
心電図においても楽に
ダラーンとしてくださいと
言われるが脱力しようと
しても時間と共に力が
入って検査時間がかかる
事多しである。

力を抜いてと言われると
力が入る、
力を入れてといわれても
力が入らない時もある。
頭ではわかっていても
体がその通りにはなら
ない人間なのである。

しかし同じ検査も回数を
重ねると慣れてくるのか
これくらいの苦しさは
想定内となるのか今回
が一番検査としては辛く
はなかった。
マルクを卒業して1年半
程経つがマルクをしていた
時も回数を重ねて同じよう
な感じを持った。
が今マルクしますと言われ
ると最初の頃の痛みに
記憶が蘇りそうである。
人間の記憶や体験とは
そういうものなのであろう。

今回の検査の目的は生検
をするため。
今回は2箇所の検体を採取
したと言われる。

その結果は2週間後の外来
にて聞くことになっている。

消化器内科(2017年7月) がんに見えるのだけれども…


今年早々に胃カメラにより
食道部に炎症があることが
認められ経過観察として
半年後に再度胃カメラ検査
を行った。
当然の生検付きである。

検査して2週経ったので
結果聞きに行った。

医師からは胃カメラの映像から
は食道部のがんに見えたので
5か所を生検しました。
しかし検査結果は悪性とは
出なかったと言われる。
結局は半年前と同じ状態。
「放射線性食道炎」
という診断が出される。

全身放射線治療の副作用と
言えそうである。
今後については先生も少し
考えてから、半年前と同じなので
1年後でも良いかもしれないが
急に転化する人もいるので
年内にもう一度胃カメラの生検
をさせて欲しいという申し出。
年3回は嫌ですと言おうとしたが
根が素直な性格なためハイと
答えて11月に検査予約をする。
医師としてはもう少し長い期間
の経過データが欲しいということ
のようである。

こういうのを「がんもどき」と言うの
でしょうかと聞くとがんではない
ので「がんもどき」ではなく、炎症
ですときっぱり言われる。

最後に薬も出ないので何か気を
つけることはありますかと聞くと
飲酒が食道がんに結び付く可能性
があるのでお酒ですかねという
答えであったが、今は体調が良く
なってきているので禁酒できる約束
は到底できないので聞こえないふり
をして引き上げた。
都合の悪いことは聞こえないという
術を身につけたといえる。

胃カメラ(2017年6月)


半年前に予約していた
上部消化管内視鏡検査
を受ける4。

前回の検査で食道炎の疑い
ありと言われ経過観察のため
に半年後の検査予約をして
いた。

この間に何も治療や投薬をして
はいないので自然治癒を少し
だけは期待していたが、やはり
検査中に食道部の生検をされる。

3日間の禁酒や消化の良いもの
を食べる等の生検後の注意事項
を守る生活に入っている。

2週間後に検査結果を聞きに行く
予定である。
それまで少し落ち着かない時間
を過ごす事になる。

消化器内科受診(2017年2月) 正式な病名はつかない病気のようである


胃カメラ生検の続き。
血液内科の先生から生検結果は
聞いたが、今後のこともあるので
消化器内科の医師に診てもらい
今後のことを相談したほうが良い
ということで行く。

まずは生検結果説明。
胃カメラにおいて怪しい点が
あったので色素液を使い、
3ケ所を生検したが全てにおいて
悪性所見は見られない。
先生曰く放射線治療を行った
後に見られる症状に似ている
ので放射線治療経験を聞かれる。

骨髄移植前処理で全身放射線治療
(TBI)をフルで受けていることを告げる
とその影響が十分考えられるという
ことであった。

病名は何になりますかと聞くと正式
な病名はつかないかなという回答。
それでは家族に説明できないので
というと、あえて説明用に言えば
「放射線性食道炎」の疑いがある
という回答。
当面追加検査や薬での治療は
必要ないが経過観察をしたいので
6月下旬に再度胃カメラ検査をする
という結論になり、検査予約を取って
終了となる。
4ケ月後の検査予約となると人間
ドックの予約をするようなものである。

何か飲食で注意することがあるかと
聞こうかと思ったが、先生から特に
言及がなかったので自分から聞いて
何か良くないとか控えたほうが良いと
いわれるのが嫌なので聞かなかった。
今まで通りに飲食することにした。

放射線性食道炎を調べると確固たる
エビデンスがある治療法はなさそう。
次回検査まで何もしないということは
自然治癒を待つということなのかも
しれない。

移植後バリウムでの検査はしたが
胃カメラは行っていないので最近
こうなったのではなく相当長い間
こういう状態だったのかもしれない。
確かに移植後は食が細いというか
飲み込める量が少なくなった事実
があるが体が痩せたので首矢や喉
も同様に痩せて狭くなったと思って
いたがこれが原因だったかもしれ
ないと振り返る。
こんな病気はないであろうが
「慢性放射線性食道炎」
とでも命名しようかと思っている。

【放射線性食道炎】
放射線性食道炎は、食道がん
などの放射線治療の副作用が
原因の症例。
この病気は放射線治療開始から
2-3週間経過したころに発症する
ことが多い。
抗がん剤を併用していると発症率
が上昇する。
発症すると食事を行うときの
不快感が増すので、固形物を
減らすなどの工夫する。

【放射線性食道炎の症状】
放射線性食道炎はがんの放射線
治療で食道が通る胸のあたりに
放射線を当てた場合に起こる。
症状はのどから食道にかけて繊毛
が焼けて乾燥を感じるようになり、
さらに柑橘類や刺激のあるものを
食べると痒みや痛みが出る。
その後徐々に食道内がむくみ、
食べ物が通りづらくなるだけでなく、
服用する錠剤なども飲みこみづらく
詰まらせてしまうこともある。

【放射線性食道炎の原因】
放射線性食道炎は、胸腔内や
頸部、食道にできた悪性疾患の
治療の際に、放射線の照射が
原因となって起こる。
放射線照射の治療中に起こる
ことはあまりありませんが、その
ほとんどは放射線照射治療から
二、三週間ほど後、または二ヶ月
以上ほど後になってかかる。
放射線性食道炎は、その他の
食道炎とは少し違ったことが原因
となる。

【放射線性食道炎の治療方法】
放射線性食道炎の治療法は、
普段の食事では固形物を少なくして
流動食を増やすといった工夫をする。
これによって食道炎の症状を緩和
することができる。
また、アルギン酸ナトリウムに
ステロイドを混合する治療法もある。
また最近では漢方薬が副作用が
ないので注目されており、白芍が
症状の痛みを軽減する効果がある
と言われている。

 | ホーム |