プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


「白酒」「紹興酒」


お酒シリーズ
「中国酒」

中国酒で飲むものと言えば
「紹興酒」と「白酒」

紹興酒は日本でもおなじみ
ですが「白酒」は中国に出張
で行った時に乾杯で沢山飲ま
された。
アルコール度数が高いので
病後は飲めなかったが、最近
少しだけであればチャレンジ
できるようになる。
あの後味はまさしく
「ああまずい、でももう一杯」
そのもので、飲んだ瞬間の
度数の高さによるものと、
飲み終えた後の味というよ
りも香りが非常に良いので
こうなる。

中国ではお酒全般を老酒と
呼ぶことがある。
老酒とは、もち米を主原料に
醸造されたお酒。

中国のお酒は大きく分けて
「白酒(パイチュウ)」と
「黄酒(ホアンチュウ)」
の2種類。
「白酒」はいわば焼酎の
ようなもので、
「黄酒」は米や麦等を原料
とした醸造酒。
紹興酒はこの老酒の中の
1つのブランド。
紹興で造られた老酒だけ
に与えられる名前。
フランスのシャンパーニュ
地方で生産される発泡性
ワインだけが、シャンパンと
呼ばれるのと同じ。
スポンサーサイト

酒は薬 過ぎれば毒


お酒シリーズ

酒は薬である。
でも過ぎれば毒。

昔から、
「酒は百薬の長」と言われ、
多く飲む人の心のよりどころ
になってきた。
少量の飲酒は血液の脂質
代謝を改善し、冠動脈疾患
(狭心症・心筋梗塞)の危険性
を下げるという調査結果がある
そうであるがあくまで「少量」
である。

薬と認めた時点で考えるべき
は薬には副作用や耐性や
依存性がある。
飲む量も制限される。
ベネフィットもあるが大きな
リスクもある。
薬も過ぎれば毒である。

「のんべえ」が酒は薬と考える
時点で絶対少量では済まない、
うまい薬はない、飲みすぎて良い
薬はないと考えるべき。

でもそれができなくて飲みすぎ、
食べ過ぎるが人間の悲しい性
であり、反面それこそが人間で
ある印であると言える。

ワインの価格差


お酒シリーズ
「ワインの価格差」

ワインは価格差が大きい。
1本500円を切るものから
100万円とかのものがある。

値段が高い方は希少価値の
部分があるだろうとは想像
できる。
しかし値段においしさが一番
比例しないのがワインであろう。

日経Goodayの記事。
本記事の目的は健康効果と
ワインの値段の関係であるが
ワイン自体の価格差の方に
興味を持つ。

全部ではないが最も安い価格
帯のワインはブドウの濃縮
ジュースを発酵して作られる。
チリやアルゼンチンなどで栽培
されたブドウを現地でジュース
にして、濃縮させて日本に輸入し、
これを国内で酵母を入れ発酵
させて製造したもの。
これだけ安くできる理由は、
ワイン用の濃縮ジュースがとても
安いため」
※こういったワインは、背面の
ラベルなどに、輸入されたブドウ
果汁を使用していることが書かれ
ている。

やはり味わいの面では劣るという。
「果汁を濃縮する段階で、ブドウに
含まれる旨み成分が落ちてしまう
のが原因。
しかし、最近では、発酵に使う酵母
の選別技術も進み、以前に比べて
香りや味わいは確実に向上」

「次に安いのが、近年、輸入量が
急増しているチリ産など、南米で
生産されているワイン。
こちらは、ブドウの濃縮ジュースを
使って製造されているものではなく、
ブドウから直接醸造しているワイン
ですが、フランスなどに比べて、
ブドウそのものが安く購入できる
ため、最終成果物のワインも安く
できます。
チリなどでは、大量に生産できる
うえに人件費も安い。
安いものだと500円程度からある
近年は品質の向上が著しくフル
ボトルで1000円くらいから美味しい
ワインが手に入る。

「フランスは人件費も安くはなく、
畑の面積も限定される。
生産する本数も少ないため、
安くはなりにくい。
有名なロマネ・コンティは、年間
にたった5000~6000本程度しか
生産していない。
それだけ少ないワインを、世界
中のワイン愛好家が欲しがるため、
驚くほど高くなる」
1本数十万円以上で100万円を
超えて取り引きされることも珍しく
ない。

本題である健康効果という面で、
高いワインと安いワインに違いは
あるのだろうか。
「安くても健康効果は基本的に
同じ。
ただし、濃縮ジュースを発酵
させて造った場合は、果汁を
濃縮する段階を経ることで味わい
は落ちる。
ポリフェノールの量も少なくなる
ので、健康効果も低くなる」


全文は以下から
ワインの健康効果は価格と関係あるか

ビールは大量に飲める。 水だとビールと同じ量はとても無理


お酒シリーズ
「ビール」編です。

今は全く飲まないが病気前
はとりあえずビール派。
若いころは何杯もビールと
いう時もあった。

水だけでは飲めない量を
ビールになるとそれ以上
の量を飲めるのは何故

昔から言われているアルコール
が吸収される説ではないらしい。
吸収されるのは高々5-10%。
他の要因がなければ水より
10%多く飲めるだけになり、
現実にそぐわない。

記事を読むと、理由は正確には
わかってないらしいが可能性が
あると考えられるものは
「ガストリン」。

ビールを飲むと、胃でガストリン
というホルモンの分泌が促進
され、胃液の分泌は増加する。
この作用は、ビール、ワイン
にも認められが、ウイスキーや
単なるアルコール(エタノール)
を飲んだ場合には、その作用
がなかったという報告もある。

世の中、皆が知っている様な
ことでも解明されていないらしい。
人の生き死にあまり関係ないから
研究する価値がないだろうか。

個人的には体が若いからビール
はどこまでも飲める。
ビールを飲み続けることに限界
を感じるようになった時は体が
歳を取った時という解釈である。

記事は以下です

ビールはたくさん飲めるのに、水だとすぐお腹いっぱいになるのはなぜか?

病気になってわかる お酒の飲めない人の気持ち、お酒の楽しさ


お酒シリーズ
お酒の楽しさ

病気前は下の記事の著者の
ように毎日相当な量のお酒を
飲んでいた。


それが病気をして、入院したら
当然禁酒。

移植後も飲まない日が多かった
というか体調がそれどころでない
時多し。
それに加え飲んでも美味しくない
のである。
口の粘膜や、胃腸がやられて
いたことも理由としてある。

会社に復帰し飲み会に行って
もウーロン茶でお相手をした。
大量に飲む友人を見ていると
いつかは復活したいと思うと
ともに、飲めない人の気持ちも
理解できるようになる。

以下の記事は100%同意では
ないですが当てはまる部分も
あります。

酒豪の筆者が、酒をやめて気づいた10のこと

今は少しは飲めるようになった
のでそれはそれで楽しいですが、
昼間のアルコールとかまだ無理
なのでそれが年2,3回できれば
楽しみが増すと思う。

 | ホーム |  次のページ»»