プロフィール

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
451位
アクセスランキングを見る>>


ビールは大量に飲める。 水だとビールと同じ量はとても無理


お酒シリーズ
「ビール」編です。

今は全く飲まないが病気前
はとりあえずビール派。
若いころは何杯もビールと
いう時もあった。

水だけでは飲めない量を
ビールになるとそれ以上
の量を飲めるのは何故

昔から言われているアルコール
が吸収される説ではないらしい。
吸収されるのは高々5-10%。
他の要因がなければ水より
10%多く飲めるだけになり、
現実にそぐわない。

記事を読むと、理由は正確には
わかってないらしいが可能性が
あると考えられるものは
「ガストリン」。

ビールを飲むと、胃でガストリン
というホルモンの分泌が促進
され、胃液の分泌は増加する。
この作用は、ビール、ワイン
にも認められが、ウイスキーや
単なるアルコール(エタノール)
を飲んだ場合には、その作用
がなかったという報告もある。

世の中、皆が知っている様な
ことでも解明されていないらしい。
人の生き死にあまり関係ないから
研究する価値がないだろうか。

個人的には体が若いからビール
はどこまでも飲める。
ビールを飲み続けることに限界
を感じるようになった時は体が
歳を取った時という解釈である。

記事は以下です

ビールはたくさん飲めるのに、水だとすぐお腹いっぱいになるのはなぜか?
スポンサーサイト

病気になってわかる お酒の飲めない人の気持ち、お酒の楽しさ


お酒シリーズ
お酒の楽しさ

病気前は下の記事の著者の
ように毎日相当な量のお酒を
飲んでいた。


それが病気をして、入院したら
当然禁酒。

移植後も飲まない日が多かった
というか体調がそれどころでない
時多し。
それに加え飲んでも美味しくない
のである。
口の粘膜や、胃腸がやられて
いたことも理由としてある。

会社に復帰し飲み会に行って
もウーロン茶でお相手をした。
大量に飲む友人を見ていると
いつかは復活したいと思うと
ともに、飲めない人の気持ちも
理解できるようになる。

以下の記事は100%同意では
ないですが当てはまる部分も
あります。

酒豪の筆者が、酒をやめて気づいた10のこと

今は少しは飲めるようになった
のでそれはそれで楽しいですが、
昼間のアルコールとかまだ無理
なのでそれが年2,3回できれば
楽しみが増すと思う。

日本酒はいつから特級、一級ではなくなったのか


お酒シリーズ
今回は「日本酒」

若い時から本当に最近まで
日本酒は飲まなかったという
より避けていた。
病前はビール、ワイン、バーボン、
ブランデー、焼酎、ほとんどの
種類を飲んでいたが日本酒だけ
はパスしていた。
若いころ飲んだ日本酒がおいしく
なく、かつ悪酔い、二日酔いした
のがきっかけ。
今思えばそれなりの日本酒で
あればその後の嗜好は変わっ
ていたと思います。

病気して日本酒とかを試して
みておいしさが少しわかるよう
になる。

昔は日本酒といえば
特級、一級、二級の区別。
今は吟醸とか大吟醸とか。

いつどうして変わったのか。

特級、一級、二級の区別は
もともと日本酒の品質を表す
もので、基準は戦中~戦後
すぐの極めて品質の悪い酒
を区分する程度のもので現在
の日本酒であればどれでも
特級に合格。
なので、監査に出すか出さない
かの違いだけで級別が決まって
いた。
また、この区分は酒税法上の
もので、税率が違い、同じ原価
でも販売価格は
特級>一級>二級。
大手メーカーではブランド名で
売るために特級を高級酒として
販売していたが良心的な地方
酒造メーカーは良品質な日本酒
を敢えて無鑑査で二級酒として
販売していた。
このため、大メーカーの特級酒
よりもマイナーメーカーの二級酒
のほうが美味しいというのが多く
なり、無意味な制度であるとして
廃止。

昭和18年に導入された級別制度
は、平成元年に特級が、そして
平成4年に一級及び二級が廃止、
約半世紀続いた歴史に幕を閉じた。
ということのようである。

等級が高い方が酒税比率も高い、
日本では実質そんなにアルコール
度数の違いもないし、機械的に
分類するというより、特級、一級
というランクを買うために税金を
払うというシステム。
ちなみに二級は特級、一級に
値しないものという分類なので、
無審査だと自動的に二級酒と
いうことになる。

1980年代あたりになると、純米酒、
吟醸酒のブームが起きる
そうなると、特級、一級という等級
に意味はあるのかという話になる。
1980年代半ばには、
「純米酒」「吟醸酒」というラベル
が新たな「旨さの印」になった。
この時代、「吟醸」とつけた名前
の、「二級酒」が林立することになる。
旨いと評判になり、実際売れるなら、
税率の低い二級酒にしたほうが
儲かるのである。

そして今のような表示になったよう
である。
逆に今の名称は意味が分からない
部分があるので調べる。

・大吟醸酒
精米歩合50%以下、
麹歩合15%以上、
若干のアルコールを添加。

・純米大吟醸
精米歩合50%以下、
麹歩合15%以上、
アルコール添加をしていない。

・吟醸酒
精米歩合60%以下、
麹歩合15%以上、
若干のアルコールを添加。

・純米吟醸酒
精米歩合60%以下、
麹歩合15%以上、
アルコール添加をしていない。

・本醸造酒
精米歩合70%以下、
麹歩合15%以上、
若干のアルコールを添加。

・純米酒
精米歩合による規定はない、
麹歩合15%以上、
アルコール添加をしていない。

★「精米歩合とは」
白米(玄米からぬか、胚芽等
の表層部を取り去った状態
の米(米こうじの製造に使用
する白米を含)
その玄米に対する重量の
割合をいうもの。
従って精米歩合の数値が
低いほど、より高度に精米
されていると言える。

一般に精米歩合が高いほど
高級のよう。
だから例えば「獺祭」は同じ
大吟醸でも50とか磨き3割9分、
磨き2割3分とかあり、数値が
小さい方が高いということに
なるということか。

「国産ワイン」「日本ワイン」


お酒シリーズ
「日本ワイン」

今回は日本発のワイン。

ワイン好きで「国産ワイン」は
病気前は飲んでいた。
日本産ブドウで日本で製造
されたワインと理解していたが
必ずしもそうではなくもう少し
広い定義だった。

病気になってワインを飲まなく
なった間に「日本ワイン」と言わ
れるものが出てきた。
国産ブドウ100%を使用して国内
製造されたワインは「日本ワイン」、
海外から輸入したブドウや濃縮果汁
を使用して国内で製造されたワイン
を「国産ワイン」。

いままでの日本には「日本ワイン」を
定義する明確なルールがなく、
「国産ワイン」として販売される
ワインについての業界の自主基準
を使用していた。
そのため、「日本ワイン」として販売
されている商品の中にも、海外から
輸入したブドウや濃縮果汁を含んで
いるものが存在した。

消費者にとって見分けがつかず
明確な基準を設けることになり、
国税庁が上記表示ルールを
策定したのが2015年10月。
この法律が完全に施行されるのは、
2018年10月から。

来年後半は「日本ワイン」ブーム
が来るかしれない。
それまでに私もワインの本当の
美味しさや違いがわかる味覚や
体になっていたい。

酒を飲み始め、酒に飲まれる


今後数回にわたりお酒の話を
書きます。

病後のあまり飲めなかった時に
飲めない分、酒について調べて
おくかと感じで書いたものです。

まずは今の自身の飲酒事情。

病気する前は毎日飲んでいた。
おいしく酒を飲むために日中を
過ごしていたといっても過言でない。

病気して酒が解禁になっても
おいしくないので全く飲まない
日が続いた。

少したって体調が上向いた時、
何が飲めるか色々試してみた。
シュワシュワ系は喉にしみる感
が強くてNG、濃い酒もNG。
粘膜がGVHDでやられていた。
従ってビール、シャンパンがダメ、
ブランデーやウィスキーもダメ。
冬は冷たいものも嫌だったので
残ったのが「どぶろく」と「紹興酒」。
これらを熱燗にして飲んでいる。
更に体調がよくなりとワインとか
日本酒とかが加わる。
これらは常温で飲める。

今は量的には病気前には到底
達しないが徐々に復活気味である。
うれしい半面下に書いたようになら
ない様に気を付けなければと思う。


「人酒を飲む 酒酒を飲む 酒人を飲む」
あるいは
「一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を
飲む、三杯は酒人を飲む」

意味は
飲酒のはじめは人が味わって酒
を飲んでいるが、やがて酔って酒
が酒を飲むようになり、最後は人
が酒に飲まれてしまい、分別が
なくなる状態のこと。
酒は飲み過ぎず、ほどほどに
すべきであるという戒め。

でも一度位は泥酔する程飲みたい
という気持ちは持っているのである。

 | ホーム |  次のページ»»