プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


皮膚科へ行く 液体窒素治療


定期的に行っている皮膚科。
肌の状態を診てもらう、
塗り薬をもらう
事が目的の通院。

肌の状況は特に変化はない
が顔にイボが出来ているので
除去しましょうということになる。
一つだけ出来ていて確かに髭剃り
とかで気になっていたことは事実。

ハサミとかメスとかを使って取る
のかと思ったが液体窒素を使い
ますということ。

1分程で終了してこのままにして
おけば暫くすればとれるということ
で終了。
特に冷たいと感じることもなかった。
初めての経験であったが調べると
液体窒素によるイボ治療は普通
に行われているそうである。

・液体窒素による凍結療法
-196℃の液体窒素をあて、組織
を凍結・壊死させて取り去る方法。
低温やけどを起こさせることで
異常な細胞を破壊してかさぶたにし、
新しい皮膚と入れ替えさせることで、
いぼを除去します。

麻酔不要で手軽にできるため、
いぼの治療としては最もポピュラー
な方法として広く行なわれています。

凍結療法のメリット
・健康保険が適用されるため、
治療費の負担が少なくてすむ
・麻酔不要で簡単な治療のため、
手軽に受けられる

スポンサーサイト

「皮膚科」に行く(2016年10月)


今まであまり書いていません
でしたが、皮膚科にも定期的
に通っています。
薬がなくなる間隔の3ケ月に
1度が目安です。

現在塗り薬は3種類、
ビーソフテンローション、
キンダベート、
へバリン油性クリーム
(ヒルドイドのジェネリック)
の3種類です。

皮膚科の先生には3年以上
診てもらっているので私の
体調の経緯や変化をある
程度理解してくれています。

診察室に入ると少しふっくら
しましたねと言われる。
毎月診てもらっている先生より
3ケ月位間が空くと体形や体重
の変化がよりわかり易いという
例です。
それと皮膚科の先生ですから
顔をよく見るから特徴が頭に
入っているのでしょう。

GVHDにより色々な皮膚関係の
トラブルに見舞われました。
最近は落ち着いている(治ると
いうのではないので悪化してない)
体調全体の現状を話すことが主
になります。
皮膚科に行っているのに皮膚
関係の話は少しだけです。
但し最近血液内科での薬を減ら
してきているのでGVHDがまた
出てくるかもしれないことに注意
が必要です。

皮膚科で言われることは日光(UV)
をとにかく避けてということです。
自分でもそう感じているので、
なるべく外出はしない、する場合は
長袖、帽子、マスク、サンスクリーン
は真夏でも必需品です。
半袖は病気後着ていませんし、
当然買ってもいません。
サンスクリーンは冬でも必需品。

でも孫の運動会の話をしたら
サンスクリーン2度塗りでかつ
手袋で陽に当たる皮膚部分
をなるべく隠す、隠せない場合
は十分ケアしてくださいねと
言われる。

先週孫の運動会は終わりました
と言えずにハイわかりましたと
答えて診察は終了。
手袋は昔は年中していましたが
今は寝る時や冬はしますが普段
はしていません。
先生ごめんなさい。

皮膚科へ行く(2012.5月)

2012.5.9

あまりに手の指先、関節の痛み、
荒れがひどいので近所の皮膚科へ行く。
手袋をするようにしてから直接
当たって痛い思いをすることは減ったが
箸を持つ、ピンやカンの蓋を開ける等
日常生活が不自由で困る。
症状はこの4月末位から移植後初めて
出たものであり経験値がないので
いつまで続くのかと戸惑い気味である。

という不安こから前回の外来時に主治医に
皮膚科へ行くことの許可を得て今日診察へ、
結論から言えば既に病院から出ている塗り薬
(ヒルドイド軟膏、アンテベート軟膏)が
最善の対処法であり、特に追加で出来る
ことはないとの事。
速効性がある治療法がないという事は
残念である一方で
主治医の判断が正しいことが証明されたので
今後も安心して治療に専念出来る。
ちょとしたセカンドオピニオンでした。


 | ホーム |