FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


皮膚科に行く(2018年6月)


皮膚状況は決して良くは
ないがこのところはさらに
悪くもなっていないので
ある意味定常状態。
最近は変化がないことと
待ち時間の長さもあり薬
だけ出してもらってるので
たまには先生に顔を見せて
診察してもらうことにして
病院の入っているビルの
開館時間前に並ぶ。
努力の甲斐あって受付
番号は5番目をゲット。
いつもは診察開始時に
来院すれば既に2時間待ち
位の目安だが今日は45分
ほどの表示で最近になく
空いていた。

先生に最近の体調とか
を久しぶりに話す。
これからは特に日焼けに
注意で日焼け止めは当然
として帽子も必須だが暑い
からといって風通しを考え
てメッシュが入ったものとか
は避けてチャント日光を遮る
ものにしてくださいと注意
される。
暑さ対策よりとにかくUV対策
を優先である。
皮膚的に白い部分は皮膚がん
になりやすい可能性がある
ので注意要と言われる。
スポンサーサイト

皮膚科へ あまりの混雑で診察ぱすで薬だけ出してもらう


皮膚科へ行った。
いつも非常に混むので
診察がある場合は
開始1時間前に行って
速い順番をとるように
している。
このやり方が結局一番
トータル時間がかからない。

今回は試しに午前の
診療受付終了に近い
時間に行ってみた。
ところが
待ち人数80人、
待ち時間予測は180分
とかになっていた。
これは完全なる作戦失敗
なので前回もそうであった
が診察はパスして処方箋
のみを出してもらえるか
を交渉。
先生からはできれば2回に
1回は患部を見たいので
診察を受けて欲しいと
言われてはいる。

結局15分程待って、無事
に処方箋がゲットできた。
それをもって薬局へ、
こちらも25分程ぼ待ち状態。
結局薬だけであるが
45分ほどかかった。
しかし2,3時間待つ事を
考えると大幅時短である。

次回は先生に顔を見せて
近況を話し、診察を受ける
為に8時には行こうと思う。

ヒルドイド問題 来年度診療報酬改定で俎上に


少し前に話題にした
ヒルドイド問題
ヒルドイドが話題になっている

厚生労働省でも今後
の扱いを検討している
との記事が出る。

Yomi.DR記事

保湿剤の処方制限検討に、がん患者ら懸念…「抗がん剤で皮膚乾燥」治療に支障

本当に必要な患者には
懸念材料とは思うが
睡眠導入剤とかでは
投与期間に上限が設けら
れている医薬品もある
ので処方数に制限がある
ものもある。
本当に必要であれば都度
通院して確認してもらうよう
にするのも不正使用を防ぐ
為の一つの方法と言える
部分もあると考える。

皮膚科へ行く(2017年11月)


3ケ月ぶりで皮膚科へ。
前回は診察なしで薬のみ
処方してもらったので先生
と話すのは半年ぶり。

皮膚状態は決して良くは
ないが悪くなっているわけ
でもないので継続して薬
をもららのが目的。

皮膚科の先生は半年ぶり
でも一目見て顔の変化は
わかるようで少しふっくら
しましたねと言われる。

今まで通りの薬に加え唇が
少し荒れ気味なのでその
薬も出してもらう。
これからの季節肌の乾燥
には要注意です。

最後に最近のヒルドイド問題
を聞く。
(数日前に本ブログに書いた
件です)

本件についてはまだ具体的
にこうしろとかの指示は出て
はいない。
実際、皮膚には保湿が重要
でそれにはヒルドイドは一番
効くのは事実なので医師とし
ても困る問題。
私の場合は治療ですので
関係は無いのですが毎回
でなくても2回に1度は診察
を受けて皮膚の状態を確認
させてもらってから薬を出し
ますと言われる。

ということでヒルロイドの
処方箋をもらうが薬局に
ジェネリック申請している
ので実際は後発医療品
を受け取る。

ヒルドイドが話題になっている


皮膚障害が出て皮膚科に
行くようになってから保湿
が重要だということでヒルドイド
を処方されていた。
ビーソフテンローションと
キンダベートも一緒。

ヒルドイドは毎日何度でも
使ってくださいと言われた。
基本は朝と風呂上りに使う。
子供も使えるので皮膚科に
行かれる人には結構有名な
塗り薬であると思います。
最初は「ヒルドイド」であったが
その後ジェネリックに切り替え
たので今は
ペバリン類似物質油性クリーム
を使用している。
月で5本程度使用しているので
3ケ月に1度の外来で毎回15本
ほど処方してもらっている。

最近こヒルドイド関係の記事を
いくつか目にした。

HUFFPOST記事

湿剤「ヒルドイド」を化粧品代わりに使うなら、保険適用外す?

医療用保湿剤「ヒルドイド」
(ヘパリン類似物質)は
アトピー性皮膚炎などに
よる皮膚乾燥の治療薬と
して処方されている。
女性が美容目的で使う
ケースが増えている。
「美容アイテム」として効果
があるとSNSや女性雑誌
が取り上げられて話題に
なっているらしい。

一番の問題は美容目的
での健康保険での提供。
さらには「子ども医療費助成」
により子供の医療費の自己
負担分を無料の場合で子ども
がアトピー性皮膚炎などで
医療機関を受診した際に
無料で手に入れたヒルドイド
を、親が美容目的で使って
いるケースもあるらしい。

自分も病気になり高額の
医療費を使っているので
強く言える立場ではない
事は承知している。
少しでも健康に戻り、
不要な薬や外来は減らす
事が医療費削減には必要
と考えている。

一方皮膚トラブルと美容の
境目は女性にとっては難しく、
悩ましいと思います。
しかしルールはあくまで
ルールですので金額的には
それほど多く無くても健康保険
の健全化のためにも正しく
使って欲しいと思います。

 | ホーム |  次のページ»»