プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


整形外科に行く(2017年5月)


1年に1度、検査・診察に行って
いる整形外科へ。

前も書いたがこの病院には
幼児の時から行っており、
主治医も数回替わっている。
今の先生には15年ほど前から
診てもらっていることになる。
数多くの主治医がいる中で
最も長い付き合いの先生で
ある。

例年通りレントゲン撮影をして
から診察となる。
まず両足の可動域の違いを
調べられる。
今回は先生が担当したこの
15年を振り返ってもらう。
この間に白血病と歯肉がんを
患ったことになる。
これらも移植や、手術結果に
加えて現在の通院状況も既に
伝えてある。
映像では骨(関節)の変形の
具合は昔から変わっていない。
変形はしているがそれはそれで
つり合いが取れていると。
正常ではないが一応機能はして
いるということのようである。

それと白血病後に飲んでいる薬
が骨に影響が出る可能性がある
ので正常な方の関節も観察対象
にしているということであった。
確かに骨粗しょう症に注意とか
言われているので診てもらえる
ことはありがたいと思う。

最後に運動と言っても歩くことに
ついて話す。
白血病後のリハビリとして散歩を
しているが足にとって歩くことは
負担になるが歩かないと筋力も
つかないというか落ちる。
現在は週5日で歩数は5000歩位
と伝えるとそれ位であれば足への
負担は問題ないレベルでしょうと
いうことであったので、とりあえず
今のペース位で良さようである。

骨は痛みが出たと時には何らかの
対応が必要だと言われている。
痛みが出なければ次回もいつも
のように1年ぼ外来で良いという
ことで予約を入れて終了となる。
スポンサーサイト

整形外科に行く(2016年5月)

一年に一回検査、診察に行って
いる整形外科に行く。

例年通りレントゲン撮影してから診察へ。
この病院は予約制なので診察の待ち
時間は少ないが今回はレントゲンに
30分以上待ち。
この病院にはゼロ歳児から行っており、
当然昔は予約制ではないので、いつも
3時間以上待ちは覚悟であったが今は
1時間少しですべてが終わる。

結果は昨年に比べて映像上の変化はない、
白血病関連で飲んでいる薬で骨に影響が
出る可能性があるものもあるが、写真上は
その影響もなさそうとのことで、今迄通り
年1回の定期診察で様子見で良いとのこと。

GVHDで影響で体力面や足の裏の状態
が悪くここ数年あまり歩けていないのが、
逆に足に負荷をかけずに悪影響を避けて
いるということがありそう。
小さいころは50過ぎると痛みが出て、
人工関節とかを考える必要があるかもと
言われていた。
ので子供のころから足に負担が出る運動
はやらない。仕事は座り仕事を選ぶとかして
いたが、最後は病気になり行動制限や
歩行数が減るということになった。
これはこれで良いのかは自分自身で悩む
ところである。
健康でないこと、運動ができないことが足
には良くて、健康体力面では良くないという
ことなので難しい。

適当に少しは歩くということが選択肢になりそう。
経過観察で良いので次回は1年後。
都合が良いか当然わからないが、1年後の
日にち、時間の予約をしてきました。

整形外科に行く(2015年5月末)

先週末は整形外科受診。

生まれた時に股関節脱臼をしており
今は1年に1度検査に行っています。
病院は白血病や口腔がんで行っている
病院とは違う病院です。
生まれた時になっているので
生家の方が近い場所にあります。

レントゲン撮影してから診察へ。
結果は今の写真だけ見れば普通な人に
比べると大きな問題があるが一年前の映像
と比べては変化はない、
また5年前のレントゲン写真と比較しても
大きな変化はでていない。
新たな痛みがないのであれば今迄通り
年1回の定期診察で観察を続けましょう
という結論。
やはり過去のデータの蓄積は大きいです。
近くの病院に変えられないのもこのようなデータ
蓄積がある事と、白血病等の既往症を説明して
あるのでそこも理解してくれているので診察時間も
短くて済むという事もあります。

実はこの脱臼により私の人生は大きく変わったと
いうか人生の選択肢が狭められたのは事実
はありますが、逆に選択や決断する時に
このようなハンディカップがあるがために
迷わずに済んだという事もあります。
そのうちに具体的に書ければと思います。

整形外科の診察(2012年5末)

2012.5月末の日記より

今まで一行も書いていませんでしたが
生まれつき股関節に障害(先天性股関節脱臼)
があり、小さい時にはギブスをしており、
大きくなってからは年一回定期的な診察及び検査をしてます。
そう考えると通院の度レントゲン撮影があるので
これ迄にも数知れないくらい放射線を浴びていた
ことになります。今は段違いレベルの移植前の照射
を行った後なので今回はハイハイお好きなだけどうぞ
という心境でした。

昨年は移植・入院その後の治療のため行くことが
出来ず2年ぶりの再来でした。小さい頃には40代
くらいから痛みが出る可能性がある、その後の対応は
人口股関節にするという流れでした。
そのために中学以降運動系のクラブはNGでしたし
、立ち仕事は選択肢になりませんでした。
それなりに運動神経には自信があったので残念な
気持ちもあります。しかしそれらのおかげか何とか今まで
大きな痛みが来ることなく過ごせています。
特にこの2年近くは病気が理由ですが歩く距離も、
立っている時間も短いので足に負担はかかっていない
ので2年前に比べて悪くなっていないという診察でした。
でも痩せた事とステロイド剤の投与で骨の影が
薄くなっていると言われました。
そういう理由で移植後一年で骨密度測定をしたの
だと変に納得する。

この分野でも医学の進歩があり昔は人工関節を
入れても人工関節自身の寿命が10年位と言われて
いましたがそれも伸びているようですのでなるべく
足を大切にして先延ばしすることが今は肝要のようです。

 | ホーム |