FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
174位
アクセスランキングを見る>>


将棋 「一歩千金、二歩厳禁」 この言葉上手すぎます


久しぶりの将棋ネタ。
昨年末羽生さん100タイトル
ならず残念な結果です。
竜王戦も最終戦まで行きまし
たが敗戦。
確かにそこまで今期21勝20敗
の成績であったのである意味
必然の結果とも言える部分も
あります。
結局昨年は将棋では見せ場
なく国民栄誉賞、紫綬褒章が
一番の見せ場でした。
既に次期竜王戦トーナメント
は始まっていて初戦に勝ち。
A級順位戦も首位に並んで
いるので名人挑戦の可能性
もあります。
しかし残り2局が豊島2冠と
広瀬竜王なので厳しい相手
ですが何とか復活して欲しい
と思います。

将棋の格言に
「一歩千金」
がある。

歩は最も安い、弱い駒。
損をしても大したことない
と思われがちだがあと
一歩がなかったために
攻めが続かない事や
玉が詰まず、負けになる
こともある。
加えて相手陣地に入れば
金(と金)に昇格(成り上がる)
する。
取られても相手に渡すのは
単なる歩。
金以上の強力な駒にもなる
ということである。

しかし二歩は即反則で負け
となる。
・二歩(にふ)
成っていない歩兵を2枚同じ
縦の列に配置することはでき
ないという、将棋の禁じ手。

これで反則負けするプロ棋士
もたまにいる。

テレビ対局で二歩で反則負け
してしまった橋本崇載八段。

槁本八段は愛称「ハッシー」
奇抜な恰好や言動でテレビ
でも結構見かけます。

反則負け以降座右の銘は
「一歩千金二歩厳禁」。

将棋を指す人にはこれは
面白過ぎて腹を抱えて笑え
る言葉である。

竜王戦でも羽生さんにあと
一歩あれば勝てる勝負も
あったようにも思われます。

「いっぷ(一歩)がなかったので
あといっぽ(一歩)足りなかった」


スポンサーサイト

将棋 羽生竜王 100か0かの番勝負


将棋の第31期竜王戦。
七番勝負が始まった。

1年前に羽生さんが竜王を
奪還し永世七冠となり話題
になった。
そしてその後に国民栄誉賞。
羽生さんは昨年の竜王戦で
通算タイトル獲得数も99回と
なり永世七冠の次には100
タイトル獲得にリーチ。
しかしこの1年間で名人挑戦
も佐藤名人に敗退、
棋聖のタイトルを持っていた
が豊島さんに敗れ失冠して
現在は竜王のみ保持。
従ってこの竜王戦に勝つと
100タイトル獲得であるが負け
れば無冠すなわち0になるので
ある。
基本現役中は永世称号を名乗
らないので負けたら羽生九段と
呼ばれるのだろうが、将棋ファン
からすれば羽生永世七冠と
呼んで欲しい。
確かに今年4月からの羽生さん
の勝率が5割しかないという
こと自体が今迄では考えられ
ないことなのである。
若手の台頭、AIでの勉強法開発、
加えて流石の羽生さんも既に
48歳、もうすぐ50歳という年齢。

・羽生が防衛すれば、自身が
持つタイトル獲得数歴代1位
の記録を更新した上に、100の
大台に乗せる
(2位は故・大山康晴十五世名人
の80期)。
1989年、羽生は19歳で初めて
のタイトルである竜王を獲得。
翌年11月に失冠して無冠に
なったものの、91年3月に棋王
を獲得し以来27年6か月に
わたってタイトルを保持し続け
ている。

年間タイトルは7つ(昨年からは8つ)
28年間で考えれば200回程の
タイトル総数(正確には昔棋聖戦は
年2回の時期があった)であるので
その約半分を羽生さんが獲得して
いると考えると凄い。
数年前に10数年間のタイトル戦の
星取表を羽生さんと羽生さん以外
の棋士で作った表があった。
羽生さんの白星の方が多かった
ことを鮮明に覚えている。
羽生さんライバルは個人ではなく
その他全棋士だったのである。

竜王戦は第一局が終わり羽生竜王
の先勝。
野球の日本シリーズと同じで7局中
4勝した方がタイトル保持者になる
のでまだまだ先が長い。
実際今年の名人戦も2勝1敗としな
がら最後3連敗している。

高校生一年生でこう考えられる凄さ (将棋:藤井七段)


日刊スポーツ
谷川浩司九段、藤井七段は「かわいそうだなと思う」

高校生活初の夏休みに入った
弟子の藤井七段について師匠
の杉本七段は
「夏休みに入り、自由な時間を
増えた。
『じっくり将棋の勉強ができる』
と言っていました」

と語る。
まだ高校一年生。
遊ぶことよりも将棋優先。
同じ中学生で棋士となった谷川
さんも夏休みは将棋の研究の
時間が出来たと考えたとか。
才能がある上にこのような考え
であると常に進歩し続けると
思われる。

そういえば中学生の藤井さん
が高校進学をするかどうかの
報道がされた時、谷川さんは
息抜きになるので高校には
行った方が良いと言っていた。
時間があればあるだけ将棋の
事を考え続けてしまうらしい。
普通の学生は学校の息抜き
に遊ぶ間隔で将棋の息抜きに
学校に行く。
自分にば絶対できないと思うが
こういう人でないとトップになれ
ないともいえる。

将棋 待った問題 Liveで見てた


先月末の竜王戦本戦
藤井七段の連勝が止まった
ことがニュースになったが、
実はその対局で珍しいこと
が起こっていた。

「待った」したのではないか
反則負けなのではないか
という事。
私もLive中継を見ていて
一瞬変な動きでこれはアウト
に近いのではないかと思った。
これで相手が負けていたら
終局後にもっと大きな問題に
なっていたと思われる。

藤井さんはこの場面は既に
劣勢で持ち時間も少なく
慌てて桂馬を打とうとしたが
ダダで取られたうえに王手に
なるということで飛車打ちの
王手に桂馬を打ってから
変えたという場面。

Youtube 問題とされた画像
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33445117

後日将棋連盟はルール違反
ではなくマナーの問題だと
公式な見解を出している。

そもそも将棋で所謂「待った」
で反則負けとなるのは
置いたあるいは動かした駒から
指が離れた瞬間から手を直す
ことはできないとなっている。
これは動かして置いた駒から
指が離れない限りは手を直せる。
ということである。

今回は画像を見てももの凄く
微妙である。
確かにプロ棋士が指していて
駒を動かしてもその指を少しの
間離さないでいる場面を見る。

チェスはタッチアンドムーブ
がある。
触ったら動かす。
動かしたくない駒でも一度触って
しまったら必ずその駒を動かさ
なければならないマナー
でありルール。

将棋だと駒がきちんと並んで
いないのを直す、直したいとか
あるのでそのまま適応できない
とは思うがタッチは良いが
ムーブはダメとかした方が
今よりは曖昧さがなくなる
のかとは思ったりする。

将棋 個人的な希望が実現するか? 羽生竜王名人戦挑戦者へ


半年前に書いた。

将棋:永世称号 羽生さんは既に永世6冠 残り一つに挑戦中">将棋:永世称号 羽生さんは既に永世6冠 残り一つに挑戦中

羽生ファンとして永世竜王
を獲得して永世七冠、
その後に名人位奪還が
できれば通算タイトル獲得
あ100個になれば記録づくめ
になると思った。

竜王獲得での永世七冠に
はかなり大きく取り上げられ
たが今年のA級名人戦は
苦しい戦いで挑戦者になれ
る可能性は非常に低かった
ので名人戦での100タイトル
は諦めていたが、リードして
いた棋士が最終戦に負けて
まさかの6人プレーオフに
なり挑戦の目が出た。

しかしプレーオフでの2連勝
が名人挑戦へ必要であった
が見事連勝し挑戦者となった。

羽生竜王、名人挑戦権を獲得 プレーオフで稲葉八段破る

ここまで来たら決めて欲しい
という気持ちが強いが2年前
に名人を失冠した相手が
今回の佐藤天彦名人である
のでそう簡単ではないとは
思う。

しかしこの間に国民栄誉賞
の受賞があるとは想像だに
しなかった。

 | ホーム |  次のページ»»