FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


高校生一年生でこう考えられる凄さ (将棋:藤井七段)


日刊スポーツ
谷川浩司九段、藤井七段は「かわいそうだなと思う」

高校生活初の夏休みに入った
弟子の藤井七段について師匠
の杉本七段は
「夏休みに入り、自由な時間を
増えた。
『じっくり将棋の勉強ができる』
と言っていました」

と語る。
まだ高校一年生。
遊ぶことよりも将棋優先。
同じ中学生で棋士となった谷川
さんも夏休みは将棋の研究の
時間が出来たと考えたとか。
才能がある上にこのような考え
であると常に進歩し続けると
思われる。

そういえば中学生の藤井さん
が高校進学をするかどうかの
報道がされた時、谷川さんは
息抜きになるので高校には
行った方が良いと言っていた。
時間があればあるだけ将棋の
事を考え続けてしまうらしい。
普通の学生は学校の息抜き
に遊ぶ間隔で将棋の息抜きに
学校に行く。
自分にば絶対できないと思うが
こういう人でないとトップになれ
ないともいえる。

スポンサーサイト

将棋 待った問題 Liveで見てた


先月末の竜王戦本戦
藤井七段の連勝が止まった
ことがニュースになったが、
実はその対局で珍しいこと
が起こっていた。

「待った」したのではないか
反則負けなのではないか
という事。
私もLive中継を見ていて
一瞬変な動きでこれはアウト
に近いのではないかと思った。
これで相手が負けていたら
終局後にもっと大きな問題に
なっていたと思われる。

藤井さんはこの場面は既に
劣勢で持ち時間も少なく
慌てて桂馬を打とうとしたが
ダダで取られたうえに王手に
なるということで飛車打ちの
王手に桂馬を打ってから
変えたという場面。

Youtube 問題とされた画像
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33445117

後日将棋連盟はルール違反
ではなくマナーの問題だと
公式な見解を出している。

そもそも将棋で所謂「待った」
で反則負けとなるのは
置いたあるいは動かした駒から
指が離れた瞬間から手を直す
ことはできないとなっている。
これは動かして置いた駒から
指が離れない限りは手を直せる。
ということである。

今回は画像を見てももの凄く
微妙である。
確かにプロ棋士が指していて
駒を動かしてもその指を少しの
間離さないでいる場面を見る。

チェスはタッチアンドムーブ
がある。
触ったら動かす。
動かしたくない駒でも一度触って
しまったら必ずその駒を動かさ
なければならないマナー
でありルール。

将棋だと駒がきちんと並んで
いないのを直す、直したいとか
あるのでそのまま適応できない
とは思うがタッチは良いが
ムーブはダメとかした方が
今よりは曖昧さがなくなる
のかとは思ったりする。

将棋 個人的な希望が実現するか? 羽生竜王名人戦挑戦者へ


半年前に書いた。

将棋:永世称号 羽生さんは既に永世6冠 残り一つに挑戦中">将棋:永世称号 羽生さんは既に永世6冠 残り一つに挑戦中

羽生ファンとして永世竜王
を獲得して永世七冠、
その後に名人位奪還が
できれば通算タイトル獲得
あ100個になれば記録づくめ
になると思った。

竜王獲得での永世七冠に
はかなり大きく取り上げられ
たが今年のA級名人戦は
苦しい戦いで挑戦者になれ
る可能性は非常に低かった
ので名人戦での100タイトル
は諦めていたが、リードして
いた棋士が最終戦に負けて
まさかの6人プレーオフに
なり挑戦の目が出た。

しかしプレーオフでの2連勝
が名人挑戦へ必要であった
が見事連勝し挑戦者となった。

羽生竜王、名人挑戦権を獲得 プレーオフで稲葉八段破る

ここまで来たら決めて欲しい
という気持ちが強いが2年前
に名人を失冠した相手が
今回の佐藤天彦名人である
のでそう簡単ではないとは
思う。

しかしこの間に国民栄誉賞
の受賞があるとは想像だに
しなかった。

将棋 豊島八段 とんでもない対局スケジュールを消化中


将棋の名人戦の挑戦者
争いは既報の通り6人
プレーオフが進行中。

豊島八段がプレーオフ
で3連勝して次局は羽生
二冠王と戦う。
その間に王将戦タイトル
も戦っているので超過密
スケジュールが話題に。
働き方改革とは全く関係
ない状況。
将棋のプロは中学生でも
夜遅くまで対局できる
世界です。

スケジュールを見て
サラリーマンより楽と
思う人も居ると思いますが、
名人戦は持ち時間が最も
長いので決着は夜中に
なることもあります。
また対局場所も東京、
大阪、松本等バラバラ。
合わせて2日制のタイトル
戦は地方開催で前夜祭
とかもあるので前日移動、
対局翌日に移動となの
で4日拘束となる。

過密スケジュール

幸か不幸か昨日の王将戦
6局で負けたので王将戦の
最終局は無くなりましたが
3/18に羽生さんと対局。
それに勝つと更に広瀬さん
と戦う必要がある。
それにも勝つ度名人戦。

お疲れ様モードもあり。
昨日も負けたともいえる
が勝てば勝つほど忙しく
なるという嬉しいけれど
体力的には相当きつい
と思います。

名人戦(A級順位戦)が大変なことになっている


将棋名人挑戦、
史上初の6人プレーオフに 

将棋A級順位戦が凄い事
になった。
3/2に今年度の最終局が
行われた。
なんと6名が6勝4敗で
並びプレーオフで挑戦者
を決めることに。

6名は順位の順に
稲葉陽八段、
羽生善治竜王、
広瀬章人八段、
佐藤康光九段、
久保利明王将、
豊島将之八段

プレーオフは順位下位
の2名が戦い、勝った方
が一つ上の順位者と闘う
方式。
従って久保さんや豊島さん
は名人挑戦までに5連勝
が必要。
羽生さんでも2連勝が必要。

しかし既に佐藤天彦名人
と名人戦第一局は4/11の
開催が決まっているし、
久保さんはタイトル戦も
今戦っているので短い
時間で対局日程を調整
するのが大変そうである。

逆にA級から渡辺さん
が降格、その最終の対局
相手が三浦さん、
将棋ファンであればやはり
昨年度の事が頭に残り
ここに食いつてしまう。

今年は6勝4敗で名人挑戦
の可能性が残り、
4勝6敗で陥落なのでまれに
みる混戦だったと言えます。
勝率7割超えればであれば
超トップ棋士と言われるの
はこのような状況だから
なのである。

 | ホーム |  次のページ»»