FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


生存者バイアス 歴史は勝者によってのみ記される


「生存者バイアス」
脱落したものや淘汰され
たものを評価すること無く、
生き残ったもののみ、
成功したもののみを
評価するというバイアス
のこと。
具体的には、
「本当だったらデータが
偏っているけれど生存者
だけしか調べていないこと
で統計的なバイアスが
出てしまった」
という現象。

最近は歳をとっても肉食。
長生きには肉を多く食べる
べきとか言われている。
肉を多く食べて健康になる
人もいれば、肉をあまり食べ
ないでも健康で長生きの
人もいる。
肉を食べていても早くに
亡くなる人も居る。

夢は必ず叶う。
でも夢が叶わなかった人
がどれほどいることか。

私のがんは○○で消えた。
○○をしなくても消えたかも
しれないし、
○○をしても亡くなった人は
私は死にましたと言うこと
は出来ない。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」
歴史というのは、当時の権力者
(生存バイアス)の手によって、
都合よく書き残されるもの。
人物像や戦史も勝者が都合
よく書き残しているものが多く
あると思って疑ってかかるべき
ものであると思う。
スポンサーサイト

「決定回避の法則」 「ヒックの法則」 「ジャムの法則」 選択肢が多いのが良いとは限らない


・決定回避の法則
人は選択肢が多ければ
多いほど、迷いが生じて
しまい、決定することが
できないという心理に
なること。
決定回避の法則は、
別名で
選択回避の法則、
選択肢削減の法則、
ジャムの法則
などとも言われます。

この法則は、アメリカの
スーパーマーケットで、
行った実験結果に基づい
ています。
ジャムを試食・購買できる
ブースを作り、ある週末は
24種類、また別の週末には
6種類のジャムを置いた際
の購買結果が出ています。

・ジャムが24種類の週末:
(足を止めてくれた人で)
試食した人60%、
購買した人3%

・ジャムが6種類の週末:
(足を止めてくれた人で)
試食した人40%、
購買した人30%

このように、ジャムの種類
が少ないときの方が試食
した人の割合は少なかった
のだが、購買に至った割合
は断然高い値が出ている。
そのため、選択肢が少ない
方が人は迷わず、行動に
移しやすいということが
いえる。

・ヒックの法則
人間の意思決定は、選択肢
が増えれば増えるほど時間
がかかるというもの。
飲食店へ行き、注文をする
ときにメニューが多ければ
多いほど迷ってしまうという
のがこれに当たる。
選択肢が少ない場合は
意思決定にかかる時間は
短いものの、選択肢が多く
なるにつれて、意思決定の
時間は長くなる。

そのため、先に選択肢を
バッサリ切ることで、意思
決定にかかる時間を減らす
ことにつながると言える。

確かにそういう経験はある。

将棋のプロも指し手を考え
る時には次の手は直観的に
数手が浮かんでおり、その
中でどれが一番良いのか
を考えているという。
弱い下手な人間は次の手
を延々と考えているだから
差は歴然である。



「マキシマイザー」 「サティスファイサー」 maximizer  satisficer


人間には2つの種類がある
と言われている。
しかし人間を全て白黒で分け
られるとは思わないのでどちら
かの傾向が強いのかだと思う。

・マキシマイザー
(maximizer)
(最高の選択を求める人)
常にベストな選択を追い
求めるが故に、ある決断
をしても
「他にもっと良い選択肢が
あるのでは、あったのでは」
と考える人。
最大化人間。

・サティスファイサー
(satisficer)
(選択に満足できる人)
自分の価値観をしっかりと
持ち、周囲の意見や情報に
惑わされず、自分の決断を
尊重する人。
満足人間。


がんになって治療法の選択
をした人はどちらに入るかは
考え易いと思います。

自分は人生における選択で
「絶対的な正解」はないと
信じているので選択したもの
を後悔する事はない。
と思ってはいるが思いたく
ない部分もあるのは事実。
一方で必要かつ十分な
検討を経て決めたとは
言いきれない部分はある。

合格点を取れれば無理して
でも満点を取る必要はない
と考える為、周りからはもっと
できるのではとか思われる
のがサティスファイザー。
でもこれでは芸術関係で
成功するのは難しいと思う。

一方で買い物でなかなか
決められない人や結婚には
もっと良い相手がいるはず
だと考えて躊躇する人は
最大の結果を求める
「マキシマイザー」
と言えるのであろう。
でもその後に良いものや
良い人に出会う可能性も
もちろんある。

がん等の病気になっての
治療後は
「サティスファイサー」
の方が精神的には良い。
時間は巻き戻せない。

自分の理想は
決める前には納期のある
「マキシマイザー」
決めた後、結果が出たら
「サティスファイサー」
になりたい。

でも結果が出て完全なる
「サティスファイサー」だと
失敗しても反省しないし、
成功してもその上を目指す
事が出来ないと思うと本当
にどちらが良いのかは悩む。

ホーソン効果 良くなって褒められたい


ホーソン効果
医師との信頼関係や褒め
言葉が病気を良くさせる。

ホーソン効果とは、治療を受
ける者が信頼する治療者
(医師など)に期待されている
と感じることで、行動の変化を
起すなどして、結果的に病気
が良くなる
(良くなったように感じる、
良くなったと治療者に告げる)
現象をいう。
ホーソン効果は、プラセボ効果
の一部として統計上扱われる
場合がある。
ホーソン工場で実施された、
労働者の作業効率を向上さ
せるための調査から発見され
た現象であるので名がつく。

工場の何を改善すれば一番
効果的かを調査。
その結果、労働者の周囲や
上司が関心を高めることが、
物理的要因以上に効果の
あることが判明した。
このように、人は一般的に
関心を持つ人や期待する人
の心に応えようとする傾向が
あるとされる。
そのため、信頼を受けている
医師などの期待に応えるため、
患者が症状を告げなかったり
症状の改善があったかのよう
な態度を、意識的や無意識的
に行なうことで、統計上症状が
改善されたにみえることを、
特に統計上のホーソン効果
とよぶ。
医学統計にこのような効果が
入り込まぬよう、コントロール
グループ(薬を投与しない
グループ)の設定や、対象者
の盲検化(マスキング)が
行われる。

主治医に良く努力している、
前回よりずいぶん良いですと
言われると、期待に沿うために
生活に気をつけたり、薬を必ず
飲んだり、軽い運動をしたりして
次回もほめてもらおうという
気になり結果も良い事もある。

医師側も直接的な医療でない
部分での対応の重要さもわかる
例と言える。

歳を重ねる毎に時間が早く感じる ジャネーの法則


これはそうだと思う。
年々早くなっていく。
この前正月だと思ったら
今年ももう2ケ月しかない。

・ジャネーの法則
年をとっていくと、時間の流れ
がどんどん早くなる。
主観的に記憶される年月の
長さは年少者にはより長く、
年長者にはより短く評価される
という現象を心理学的に説明。
簡単に言えば生涯のある時期
における時間の心理的長さは
年齢の逆数に比例する
(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人間にとって
1年の長さは人生の50分の1
ほどであるが、5歳の人間に
とっては5分の1に相当する。
よって、50歳の人間にとって
の10年間は5歳の人間にとって
の1年間に当たり、5歳の人間
の1日が50歳の人間の10日
に当たることになる。

私は移植において第二の
誕生日を得た。
確かにその後の1年は今の
1年に比べて相当長かった
ように感じた。

時が早く感じるということは
新鮮味が無くなる。
同じことを繰り返す。
とかの影響も大と言える。
従って大きな病気や移植と
いうのは今までの人生では
なく初めてのそれも苦しい
経験であるのでなおさらその
時は時間がゆっくり動いて
いたと感じるのであろう。

 | ホーム |