FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


クリンチナンバー 


プロ野球はクライマックス
シリーズ中である。

今年のセリーズは最後優勝
争いよりも最後にCS進出
争いの方が白熱。
ゲーム差と残り試合の関係
で何勝何敗で行けば良い
のかの情報があまり出て
いなかった。
日本ではあまり使われない
がマジックナンバーよりも
優勝もCS進出もクリンチ
ナンバーを使う方がわかり
易いのではと思っている。

クリンチナンバー(clinch number)
野球等のリーグ戦で各チーム
が優勝やプレーオフ進出の
決定に必要な勝利数のこと。
リーグ戦が進むにつれ減少し、
ゼロになると優勝やプレーオフ
進出などが決定する。

日本では優勝へのマジック
ナンバーが幾つとか点灯した
とか、消滅したとか使う。
これはマジックナンバーは、
他チームの自力による優勝
等の可能性がない事が条件
で算出されるので消滅もする。

クリンチナンバーであれば基本
常に表示される。
あと何勝すれば良いというだけ
なので残り試合数を見るだけ
なので単純である。
残り試合よりも多い場合は自力
優勝やCS進出の可能性が無い
ということ。

共同通信社が出しているよう
であるが計算方法は、最適化
手法を用いて計算の必要のない
パターンを排除することで、
短時間による最小数の計算が
可能となるもので、情報・
システム研究機構統計数理
研究所との共同研究。
同社は、2010年7月28日に
この計算方法を特許出願し、
2015年1月30日に特許権の
設定登録がなされた。

確かにソフトウェア系もビジネス
モデル特許等で特許になる時代
なのでこれも新規性、進歩性が
あると認められたということの
ようである。

ここまで調べたのでついでなので
久しぶりに特許公報を読む。
昔から特許については書くのも
調べるのもあまり得意ではない
ので内容を読むと頭がくらくら
する部分がある。

時間がある人は以下を特許検索
で読んでみてはいかがでしょう。
こういうことも特許になるのです。

【特許番号】特許第5687856号(P5687856)
【登録日】平成27年1月30日(2015.1.30)
【発明の名称】演算装置及び演算方法
【国際特許分類】
G06F 7/544 (2006.01)
【FI】
G06F 7/544    Z
スポンサーサイト

Unwritten Rules(アンリトンルール) 高校野球で話題になった行為


夏の甲子園での高校野球。
面白い試合が多くて時間が
あれば観ていた。

今年の大会で投手が三振を
取るたびのガッツポーズが
大げさすぎると審判に注意
されたことが話題となった。
個人的にも少々で無く大分
やりすぎだと思った。
審判に言われる前に監督や
先生が注意すべきこと。
相手への敬意が無さすぎ。

ここで思うのが野球の
大リーグの不文律である
アンリトンルール
(unwritten rules)
ルールブックには書かれて
いないがルールに近いもの
がある。
最近日本のプロ野球でも
その不文律の中で
大量点差の攻撃側は
バントや盗塁をしない、
回の途中で降板した投手
はその回が終わる迄ロッカー
ルームに引き上げずベンチ
にいるとかやっている。

学生野球は礼に始まって
礼に終わるというとても日本
らしい振る舞いがある。
実際柔道や相撲で勝っても
派手に喜ばないというのも
同じような相手への敬意。
そういう面からもあまり派手
になるのは良くないと考える。

今回はガッツポーズは
アンリトンルールの次の項目
に関係する。
大リーグではNG行為なので
ある。

・打者は本塁打を打っても
立ち止まって打球の行方
を追ったり、大げさにガッツ
ポーズをとったり、わざと
ゆっくりとダイヤモンド
を回ってはいけない。
・投手は三振を奪ったとき
や、スリーアウトを取った
ときに過度にガッツポーズ
をしてはいけない。

大リーグにはその他にも
不文律があるので知らない
まま日本から行って問題と
なった日本人選手もいた。
例えば
・大量点で勝っている攻撃側
は3-0から打ってはいけない。
・完全試合などの大きな記録
が掛かっている時にバンドヒット
を狙ってはいけない。
・投手はデッドボールを与えても
謝ってはいけない。
とかが記憶にある。
日本だと別にほとんど問題に
ならないどころかデッドボール
を与えたら帽子を取って謝る方
が普通。

しかしこれらはルールではない
のでその場でアウトになるとか
はないが報復される事多し。
その代表例が故意死球。
次の打席や仲間が故意に
ぶつけられます。
でもこの場合でも投手は頭
を狙ってはいけない、
相手投手に死球を与えて
はいけない。
というのまでアンリトンルール
になっているところが面白い。

野球好きな私が個人的に日本
の野球に取り入れて欲しいことは
・一塁にヘッドスライディングして
はいけない。

プロでも時々やっていますが
高校野球では毎試合見ます。
監督が禁止している高校も
あるとは聞きますが、選手の
気持ちはわかるが駆け抜けた
ほうが速い、なによりも怪我の
危険が大きいからである。





 | ホーム |