FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
376位
アクセスランキングを見る>>


中耳炎 発症から治癒まで症状 聞こえがなかなか元に戻らない


年明け早々に中耳炎に
なってから長い間治療
のため通院した。
外来回数6回にて完治
診断が出る。
この間ほぼ1ケ月。
通院生活中の症状や
体調をまとめます。

幼児もなる中耳炎、
言葉にできない年齢
でこのような事が起き
ているかもしれない。

始まりは発熱。
その夜に右耳奥が痛く
なる。
翌土曜日朝一で内科
クリニックに行く。
おそらく中耳炎と思わ
れるので週明けもこの
ままの状態ならば耳鼻科
へ行った方が良いと
言われる。
連休だったので結果
発熱3日後に耳鼻科へ。

診察では急性中耳炎で
なく既に滲出性中耳炎
になっていると診断される。

その頃はもう発熱は無く、
耳の痛みも無くなったが
その代わり右耳は難聴
になっている。

最初は右耳に水が一日
中入っている感じで波の
音が聞こえる様な状態。
右側から話しかけられて
も何か言っているのは
わかるが聞きとれない状態。
その状態が4,5日続いた。
その後水が入っている
状態から耳垢が詰まって
いるような感じに変わる。
難聴度はわからず。
この時の耳鼻科外来では
既に耳の中は乾燥してき
ていて8割位治っていると
診断される。

その後もなかなか耳の
聞こえが良くならない
状態が続く。

耳鼻科に行ってから
2週間後に血液内科
の定期診察。
血液検査で炎症反応
が高いだろうと思った
がCRPは0で炎症自体
は治っていると言われる。
結局罹患3週間後くらい
から少しづつ聞こえる
回復傾向になる。

耳の聞こえをどう判断して
いたかであるがラジオを
イヤホンで耳を変えて
聞くと聞こえ方にまだ差
がある、少し経つと前より
差がなくなったとかで
判断していた。

この方法の問題は100%
になったかがわからない。
目であれば左右の目で
視力の違いがある事は
過去の検査から数値的
にもわかるが、聴力の
場合はどちらの耳の方
が良く聞こえるかは普通
知らないと思う。
健康診断でも正常に聞こ
えるか否かは検査される
が左右の耳の聴力の
違いや数値は知らされた
記憶がない。

難聴が治った今でもラジオ
を聞くと中耳炎になった
右耳より左耳の方が少し
だけであるが良く聞こえる
ように思える。
病気前から差があったが
気が付いていないだけ
だったかもしれない。
これがまだ完全に治って
いないという自分の判断
となり、診察時の問診で
答えていたので最後の
一週間以上は余分に
時間を費やしたかもしれ
ないと今思うと反省する。

滲出性中耳炎の治療の
ゴールは、鼓膜の奥の
うみが完全になくなり、
聞こえが元に戻ること。
と言われる。
聞こえがなかなか元に
戻らないので時間が
かかったというのを体験。





スポンサーサイト

耳鼻科 今年6日目(2018年2月) 中耳炎治癒


先週の外来時に確認
のためにもう一度来て
くださいと言われていた。

右耳の聴力はほぼ正常
になったので問題はない
と感じていた。

診察では耳垢をとって
もらい、空気をいれて
耳の通りも良いです
と言われる。

6回目の外来、ほぼ1ケ月
で治りましたと言われる。
中耳炎は時間がかかると
きいてはいましたがやっと
通院が終わりました。

今回の中耳炎の始まり
から治癒までの経緯、
耳の聞こえ具合の変化
は別にまとめます。

ネブライザー治療とは


耳鼻科で行っている
治療について書いておく。

中耳炎になって耳鼻科
に行ったのであるが先生
から副鼻腔炎もあります
と言われる。
実は口腔がん後のエコー
やMRIで既に言われていて
認識していたが何も治療
せずにいた。
耳鼻科の先生はさすがに
許さず毎回の外来時に
ネブライザー治療が入る。

ネブライザー治療とは
機械を使って液薬を
細かい霧状にして、患部
に直接あてる治療法。
具体的には両鼻に
ネブラーザーのノズルを
入れ呼吸は鼻から吸って
口から出す。
2-3分で終わります。

効果は副鼻腔炎は粘膜
のはれをしずめたり、鼻汁
を外に出して鼻の通気
を良くする事。
ネブラーザーで薬を直接
患部に届くので効率よく
薬が作用する。

ということのようである。

耳鼻科 今月5回目 回復を自覚


今週末に外来予定で
あったが関東地方に
雪の予報が出ている。
加えて右耳の難聴が
2日前くらいから回復
状況であるので確認
を含めて予定より早め
に外来へ行く。

診察室で耳の聞こえが
だいぶ良くなったと伝える
と先生も診察して完治
まじかですと認めてくれる。

来週末の診察で問題なけ
れば完治宣言が出る予定。

ここまで来るのが長かった
けれど自分で症状や治り
具合が逐一わかる。
これは白血病と違って
分かり易い病気である。

後で病状全体をまとめたい
と思いますがとりあえず元に
近い筐体に戻れて良かった。


耳鼻科&眼科(2018年1月) ダブルヘッダー


最近毎週恒例の耳鼻科。
終了後に眼科へ行く。
歩いて10分くらいの距離
である。

まずは朝一で耳鼻科
中耳炎についてはその後
の右耳難聴がまだ完治せず。
比較で先週より良くなって
いるかと言えばそうかもしれない
という程度で明確に良くなりました
とか治っていますとかは到底
言えない状況。
診察で先生からはもう少しで
後1-2割のように見えますが
まだ確かに空気の流れは良く
ないということで逐次経緯が
見たいので来週も来てください
と言われる。
自覚症状があるだけにもういい
ですとは言えないのがつらい。

今日は早めに病院に着いた
ので当然だが早く終わる。
薬局も待ち時間が少なかった
のでついでに眼科も行っと
くかということで予定外で
あったが向かう。

眼圧、視力、眼底の写真
を撮ってから診察へ、
眼圧は12/11と2月半前と
変化なく、写真上も緑内障
意外は問題ないでしょうと
いうことでいつもの薬を
出してもらって終了。

唇、歯茎、耳、目、鼻、皮膚
と顔中何らかの病気をもって
いるのである。
顔中病気という言葉でも
使いたい。

それにしてもこの1月は
病院以外行っていないと
言えるほどの通院による
忙しさである。

 | ホーム |  次のページ»»