FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


海外旅行 トラブル 日焼け注意なのに激しく日焼けする


海外旅行中にビーチで
終日過ごす日があった。

移植後はUV注意という
か厳禁と常に言われて
いるので上着、帽子、
当然日焼け止めを十分
塗って対応。
骨髄移植直後は海水浴、
プールや大浴場もNG
だった。
今でもそれらは出来るだけ
守っているので海に行って
も泳ぐつもりはなかった。
従って私は日影で荷物の
番人である。
しかし折角海に来ている
のでたまに足を濡らしに、
また写真係として海へ足
まで入るという行動はして
いた。

結果はどうであったか。
手や背中や顔はUVからは
無事に守った。
しかし見事に部分日焼け。

足首から足先だけが
日焼けとなる。
特に両足の甲は悲惨な
ほど焼けた。
気が付いた時には既に
遅し。

次の日は帰国日。
既に少し痛いがまだ歩く
ことは少々支障が出る
程度で帰国は無事できた。

しかし帰国翌日からがひどい
状態になる。
水疱までできて歩くどころか
立っているだけで痛く辛い。
5日程過ぎて左足甲はほぼ
完治したが右足甲は完治
まで10日以上かかった。

この失敗の原因は足先へ
の日焼け止めも塗っては
いたが午前中は足先だけ
直接陽に当たっていた
時間があった。
身体は途中でも塗りなお
したが足元は少し疎か
あった。
それに加えて足先だけは
何回か海に浸かって、砂も
付いたので十分拭いて
おらずレンズ状態にもなって
いた可能性大である。
日焼けには足の甲のケアも
大切と凄く痛く、辛い思いを
して知ったことになる。
また移植後の皮膚のダメージ
もこういう際にも現れるという
実感をしたのである。
スポンサーサイト

アジア競技大会 ブジッジ競技 正式種目なのに知らない


アジア大会がジャカルタで
始まった。
たまたま今回の競技種目
を見た。

カバディとかセパタクロー
とかアジア大会だからこそ
という競技もある。
その中でブリッジ競技とあり
これは何かと考え込む。

正式名称 コントラクトブリッジ
略称がブリッジ。

カード(トランプ)を用いて行う
トリックテイキングゲームの一つ。
カードを使って行うゲームの中
では競技人口が多く世界130カ国
以上で約1億人以上と言われる。
また ローカルルールの存在しな
い世界共通のゲーム。

私は知らなかったので1億人の
中には入っていないとわかる。
でも日本ではあまりというか
ほとんど馴染みのないゲーム
だと思われる。

今大会のルール
ペア(2人1組)2チームの4人が
カード(トランプ)を使って行う。
各チームは北南、東西で配置、
52枚のカードを1人13枚ずつ
配る。
手持ちのカードを1枚ずつ時計
回りで出し合い最も強いカード
を出した人が勝ち、この1回の
勝負をトリックといい、より多く
のトリックを獲得したチームが
勝ちとなるのが基本的な
ゲームの進み方。

YouTubeで具体的にどういう
ゲームかを見た。
ルールは少し見れば理解でき
るが勝つには記憶力とか戦略
が必要。
年齢にかかわらず楽しめると
あるが最近神経衰弱でも孫に
負ける歳になったので自分で
やっても強くはなならない
だろうと思う。
でもカーリングも日本が勝つと
人気が出たように今回成績が
良いと少しは話題になるかも
知れない。

e-Sportsは今回は公開競技で
でやるようであるがカードゲーム
が正式種目とは少々驚き。

調べてみると8年前の中国開催
時は囲碁やチェス競技だけで
なく中国将棋(シャンチー・象棋)
まであったようである。
日本開催時は本将棋を入れれば
流石にメダル独占となるでしょう。

海外旅行準備編(2) 不安な事 薬の携帯、金属探知機


病後初の海外旅行で今まで
にはなかった心配事が二つ
あった。
いずれも病気になり、手術を
受けたからこそのもの。

(1)毎日飲む薬の携帯
(2)金属探知機の反応

(1)薬の持ち込み
現在服薬中の薬は種類
も量も多い。
病気の説明位は英語で
出来るとしても、持参した
各々の薬は日本語でも
説明できない。
血液内科受診後に処方箋
をもって薬局で相談。
後日の郵送で良ければ現在
処方中の薬の英文の説明書
を送付してくれるとの事なので
お願いする。
また眼科や皮膚科からの
薬は「薬の検索」で英文が
ついているサイトから
英文説明部分をプリントアウト
して持参した。
薬局からのものは飲む頻度
が書かれているので量の多さ
の理由には良いが薬自体の
記載内容は少しプアな感じ。
一方検索した方は記載内容
は充実している。
ということなので血液内科の
薬の英文もプリントして薬と
共に携帯した。

(2)口腔がん治療による手術
で顎に金属プレートが入って
いる。
手術後はまだ飛行機の搭乗
もしていない。
従って金属探知機がどう反応
するか不明。
医師からは反応する人もしない
人も居る
(探知機の感度の違いもある)
ので心配ならばその場で説明
できるような証拠を持っていく
のが良いでしょうと言われ
ので手術後に撮ったMRI撮影
写真を持参した。

結果としては
持参した薬が問題視される
ことは無く、
成田出発も韓国出発時も
金属検査は一度も反応せず
止められることなく通過。
従って準備したものを使うこと
は無かったが今後の旅行
セットに加わることになる思う。


海外旅行 旅行中に注意した事


病気後の初海外旅行中
に注意していたこと。

何よりも旅行前の体調
管理であるが旅行中に
体調を崩さない為に何が
できるか、何をするかも
重要であった。

飛行機移動中のマスク。
これはある意味おまじない。
ホテルではクーラーの設定
温度へ注意、
ここまでは当然として
実際に寝る際は濡れマスクと
口止めテープの両方を使用。
また睡眠時間を確実に確保
するために毎夜睡眠導入剤。

食事は、暑い中ですが温かい
ものがあれば食べるようにする。
冷たいもの(アイスやジュース)
は一口もらう程度にして、
食べ過ぎ、飲みすぎない。
氷を入れた飲み物は基本
飲まない。

そして食事量は腹八分目。
旅行のたのしみであり、かた
美味しいのでついつい食べ
すぎるので意識的に主食を
減らしてもう少し食べたいと
いう所で終了にした。
食べ過ぎて体調不良は多々
経験済であるが、食べなさ
過ぎて胃腸を壊したことは
無いからである。
しかし最終日は気が緩んで
朝、昼と明らかな食べ過ぎ
だったので夜の機内食は
パスしました。

そのおかげかどう旅行中、
喉の異常や発熱もなく、
胃腸関係も帰国後も健全
で無事に過ごせたのである。

海外旅行準備(1) パスポートが切れている


病気前は毎年2回ほど
仕事や遊びで海外に
行っていたが、今回
久しぶりの海外旅行
となる。

病後は何時になったら
行けるようになるかわら
なかったので更新手続き
はしなかった。
ので既に手持ちのパス
ポートの有効期限は
切れていた。
新規で取り直すことになる。

パスポートの期限切れは
新規申請と同じ手続きに
なるのとのことでまずは
戸籍抄本あるいは謄本
の取り寄せが必要で
その後申請となる。
(更新時は有効中の
パスポートをお持ちで、
氏名や本籍の都道府県等
に変更のない場合は、
戸籍謄本・戸籍抄本の
提出は省略できる)
実家に本籍があるので
地元の役所に郵送で
取り寄せた。
手元には1週間程できた。

書類を揃えてパスポート
センターに行って新規申請
をしてパスポート引換書を
渡される。
受け取り時にこの引換書に
手数料に相当する収入
印紙を貼って提出すること
でパスポートが渡された。
今は申請日から1週間目
以降から受け取れる。

会社員や子供の都合もある
ので今回行ったパスポート
センターは土曜日は休みで
あるが日曜日は開いている
という事を知る。

生まれて初めて取得した
後は常に更新して、それも
会社の業務での海外出張
の関係で必要であったので
業務時間中に更新処理
へ行っていたので変則的
な休みということには気に
かけていなかった。
それとも最近こうなったのか。
確かに平日だけしか空いて
いないと申請側は不便だと
思う。


 | ホーム |  次のページ»»