プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


凡事徹底


散歩の途中にマンションを
建築中の場所で大きく書か
れていた。
(大和ハウスだったと記憶)

凡事徹底
読み方:ぼんじてってい
なんでもないような当たり前
のことを徹底的に行うこと、
または、
当たり前のことを極めて他人
の追随を許さないこと。

元気よく挨拶する、約束を
守るといった
「凡事(当たり前のこと)」
を極めることで、人からの
信頼が積み重なり、それが
やがて
「非凡な成果」
につながる。
ということらしい。
平凡なこと、当たり前の
ことは、やれて当たり。
でも、実は、その平凡
な当たり前のことを、
毎日毎日当たり前にやり
続けることは大変なこと。
毎日やり続けるということは、
平凡なことではない、
非凡なこと。

慣れとともに軽視してしまい
がちな基本を忘れずにかつ
徹底的に行なう。
非常に大切なことだと思う。
しかし慣れると如何に手を
抜くかしか考えられない自分
にはできる自信はない。

やはり、やり続けること自体
に非凡な才能が必要という
のが持論である。
スポンサーサイト

常人逮捕(私人逮捕) 準現行犯人


「常人逮捕」(私人逮捕)

先日福岡県内の中学校で男子
生徒が男性教員に対して暴行
を加えるといった事件が発生。
その際に男性教員が暴行を
加えた男子生徒を常人逮捕
したニュースが報道された。

恥ずかしながら「常人逮捕」
という言葉自体を知らなかった。
私人逮捕と同じ。

意味は
警察(公人)ではない一般人
(私人)が現行逮捕を行うこと

常人:
世間一般の人。
特別変わったところのない
平均的な人
私人:
国家または公共的な地位を
離れた一個人

常人はあまり使わないが
「常人には理解し難い」
の常人である。

刑事訴訟法の
「現行犯人は、何人でも、逮捕
状なくしてこれを逮捕すること
ができる」
の規定がある。
また、逮捕した後は、
「直ちにこれを地方検察庁
若しくは区検察庁の検察官
又は司法警察職員に引き
渡さなければならない。」
そうである。

警察官のような公人でなく
ても逮捕できるということ。

「現行犯人」および「準現行犯人」
に該当する場合、常人逮捕が
可能。

現行犯人はわかるが
「準現行犯人」とまた聞きなれない
言葉が出てきた。

「準現行犯人」は
「犯行現場は目撃していない
が状況的に見てどう見ても
その人が犯人」
だった場合に該当。
例えば女性の悲鳴を聞いて
駆けつけると逃げていく人間
がいてそれを捕まえるとか
の場合だそうである。
確かに犯行現場は見ていない
が状況的に間違いないという
ことなのか。

痴漢行為や万引きは常に警察
がいるわけではないので逮捕は
常人逮捕を使っている場合が
あると知る。
周りも犯行自体を見ていないと
準現行犯人になるのか?
正式な名称を知らないことは多い。

携帯電話、スマートフォン 電話・フォンはつかなくなる


スマートフォンを買い替えた。
スマホも3代目となる。
容量への不満と落として画面
に少しヒビが入っていること、
料金プランの変更が今回の
機変理由である。

調べると初めて携帯電話を
持ってから22年になる。
でもいまだ携帯電話と呼ぶ。

どう考えても使用頻度は
SNS、動画、写真、ニュースや
天気予報、ゲーム、辞書・検索
が上位であり電話をするとか
電話がかかって来るのは
あまりない。
会社を辞めるとますますない。
キャリアメールも使用頻度は少。
PCと共通で使えるメール、Line、
SMSでほぼ用事は済む。
既に電話をかける、受ける機能
がついて軽くて携帯が容易な
端末でしかない。

東京プリンの「携帯哀歌」と
「携帯哀歌 その後」
携帯電話を持ったけれどなか
なか鳴らないという歌詞である
が今はそういう状況。
(歌を知らない人は歌詞を
検索してみてください)

最近は近しい人間から携帯
に電話が来ると緊急連絡だと
思ってしまう。
今は超緊急連絡のために存在
意味があるのではと思っている。

電話・Phone機能はあまり使わ
ないのに名称にはついたまま。
タブレット等含んだ名称で
スマートデバイスがあるが
この方がまだ名実一体と言え
そうである。
この先はウエアラブルになり、
時計とか、メガネとかイヤホン
(ヒアラブル)とかにAIプラス
電話機能がある物が主流に
なれば名称はおのずと変わる
と思う。
次回は無理かもしれないが
次々回の買い替え時には
電話という名称が変わって
いるかもしれない。

マツタケはキンコンキン


菌根菌(きんこんきん)
聞いた時はこの漢字は
思いつかなった。

そもそもキノコは植物では
なく分類としては植物界・
動物界にならぶ「菌界」
に属す、菌類の一種。
カビも同様、この菌界に
含まれる菌類。

ここまでで既にそうだった
のかと思う。
植物でなく菌でカビの仲間。

そしてキノコ類は大きく2種類
に分けられて
菌根菌と腐生菌。

・菌根菌(きんこんきん)のキノコ
人工栽培が難しいキノコ
生きている木とともに生きる
菌根菌。
マツタケやホンシメジ、ポルチーニ
やトリュフなど
生きた樹木といっしょに生活して
いる菌類。
菌根菌は、「菌糸(きんし)」と呼ば
れる糸状の組織を土の中に張り
めぐらせ、樹木の細い根に共生
して、「菌根」を作る。
そうして、土の中からチッ素、
リン酸、カリなどの養分や水を
吸収し、菌根を通して樹木に
届ける。
そのかわりに樹木は、光合成で
作った糖類などを菌類に与え、
その命を支えている。
共生というところが肝で相互に
利益があり相手も生きている
必要がある。
この仕組みが人工栽培を
困難にしているらしい。

・腐生菌(ふせいきん)のキノコ
人工栽培できるキノコ
枯れた木や落ち葉を分解する
腐生菌。
シイタケやナメコ、マイタケなど

倒木や切り株などに生える菌類。
腐生菌は、樹木や落ち葉を分解
し、それを自分の栄養にして生きて
いる。
ですから、これらのキノコが生えた
あと、その樹木や落ち葉は朽ちて、
土に還る。
腐生菌は、人工栽培ができる。
そういえば昔は実家で切った木
でシイタケを作っていた。
スーパーなどで見かける栽培
キノコは、ほとんどがこの仲間。
ホンシメジは菌根菌の仲間だが、
なかには腐生菌のような性質を
持つものがあり、それを選んで
研究を重ねた結果、人工栽培に
成功。

高いキノコは人工栽培ができない
故に希少価値がある。
共生と寄生かと思ったが、寄生は
相手が生きていて一方的に利益
を得るので死んだ物が相手なの
で腐生ということなのか。
但し冬虫夏草は寄生のようである。

誤嚥性肺炎を誤解していた 口腔ケアも関係する


肺炎には数多くかかっている
が誤嚥性肺炎と言われたな
ことは無い。
良く聞く病名であるが理解は
十分ではなかった。

通常、口から入った食べ物は
咽頭から食道を通って胃まで
届く。
しかし、飲みこむ力が弱くなっ
た高齢者では、食べ物が誤って
気管に入ってしまう「誤嚥」が
起こりやすくなる。
本来は食道に送られるべき
食べ物が気管に入り、その
細菌が肺に入り込んで炎症
を起こすのが誤嚥性肺炎。
これが一般的説明。

誤嚥性肺炎は、食べ物が気管
の中に入り込むことで口の中
の細菌が肺まで到達し、炎症
を起こすと考えている人が多
くいます。
しかし唾液やたんなどの微量
誤嚥が原因で、寝ている間
に肺に入り込むことで発症
することもある。
誤嚥性肺炎は食べ物だけ
ではなく、寝ている間に飲み
こむ唾液によっても起こる。

食べ物が関係ない場合も
あるのかと知る。

誤嚥性肺胃炎の原因
(1)食べ物や細菌を含む唾液
や分泌物の誤嚥
食事中や嘔吐時に誤嚥した
食べ物や唾液などに含まれて
いた細菌が気管や気管支に
入りこみ、肺が炎症を起こす。
また、高齢者の場合は、口の
中の残留物や唾液が少しずつ
誤嚥されていることがある。

(2)胃の内容物の逆流
胃の内容物と一緒に胃液が
食道を逆流することで発症。
胃の内容物に含まれている
酸や消化液が気道の粘膜
を損傷することが原因。

これらの原因に免疫力の低下
などが重なると、誤嚥性肺炎
を発症するリスクが高まる。

食べる時に注意するすれば
良いわけではないこと、
合わせて口腔ケアと自分の
免疫力が頼りになるだと知る。

高齢者に多い誤嚥性肺炎は
口腔ケアによってそのリスク
を減らせる。
具体的には、唾液の適切な
ケアや細菌の塊である歯垢
を除去することで、適切な
口腔ケアによる肺炎や感染性
心膜炎などのリスクを減らし、
全身を健康な状態に保つ。
口腔ケアを行うと、唾液の
分泌量が増え消化機能が
改善される。
おいしく食事が行えると、体
の状態もよくなり、咀嚼する
ことで脳の働きもよくなる。
唾液の分泌量が増えると
いうことは抗菌作用が向上
し、細菌が体の中に入るの
を防ぐことができる。




 | ホーム |  次のページ»»