プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
332位
アクセスランキングを見る>>


軽傷 重傷 重症 軽症 中程度はあるのないの?


ニュースでよく聞くが
定義や使い分けは?

・重傷:30日以上の治療を
必要とするけが
・軽傷:30日未満の治療を
必要とするけが

・重症:3週間以上の入院
加療が必要なもの
・中等症:入院が必要だが
重症には至らないもの
・軽症:入院の必要がない
もの

警察は重傷、軽傷
消防は重症、軽症
を普通使うということの
ようである。

確かに警察は病気を扱わ
ないので傷か。

他にも
・重体
命に関わる重症。

・心肺停止
呼吸がなく心臓が動いて
いない状態。
例え完全に死んでいても、
医者が死亡を確認する
まではこの状態。

・死亡とは
医者が明確に死亡を確認
した状態。

・重篤とは
重篤は場合によっては命の
危険があること。

・危篤とは
危篤は今すぐ死ぬかもしれ
ない状態。

重傷と軽傷の中間のケガ
は「中等傷」または「中傷」。
中傷というのはあった。
ただし、中傷は軽傷より
やや重い程度の症状なので、
特に区別する必要ないので
あまり使われないらしい。

中傷と言われると「誹謗中傷」
と言うように、他人の名誉を
傷つける意味の言葉である
ことから、ほとんどの場合は
「中傷」を「軽傷」と呼んでいる。

心の中に傷ができるのが
中傷と覚えておこう。

スポンサーサイト

「まごい」「ひごい」 「端午」「節句」


桜が終わると端午の節句に
向けて鯉のぼりを見かける
ようになる。

「こいのぼり」の歌の中に

大きなまごいはお父さん
小さいひごいは子どもたち

これは有名であるが
「まごい」と「ひごい」を説明
できない。

・まごい(真鯉)
種本来の色彩とうろこを
もつコイのこと。
体色は黒っぽい。

・ひごい(緋鯉)
コイの一品種。
体色は赤や赤黄色、
斑紋のあるものなど様々。
ニシキゴイはこれをもとに
改良したもの。
そもそも「緋」とは
濃く明るい赤色。
緋色という色もある。

まごい、ひごいは
同じ鯉でも色の違い。

現代の「のこいのぼり」は
「真鯉(黒)」「緋鯉(赤)」
「子鯉(青)」となっている
ので緋鯉はお母さんですが
この歌が作られた(昭和6年頃)
は黒と赤しかなかったので
子供になったようである。


ついでに端午の節句
(こどもの日)
五節句のひとつ。
端午の端は「はじめ」の意味、
「端午(たんご)」は5月最初の
午(うま)の日のこと。
午という文字の音が五に通じる
ことなどから、奈良時代以降、
5月5日が端午の節句として定着。

年間の五つの節句。
節句は、中国の陰陽五行説に
由来して定着した日本の暦
における、伝統的な年中行事
を行う季節の節目となる日
・人日(じんじつ)(正月7日)
・上巳(じょうし)(3月3日)
・端午(たんご)(5月5日)
・七夕(しちせき)(7月7日)
・重陽(ちょうよう)(9月9日)

七草がゆは人日
ひな祭りは上巳
9月9日は特に今の日本
では重要視されていない
のがわかる。

健康は人生の最低条件


「人生にとって健康は目的ではない。
しかし最初の条件なのである。」

武者小路実篤

病気をして苦しめば苦しむほど
この言葉は重く感じます。

生きていることが最低の条件と
いえますますが人生を幸せに
生きるとなると健康である事は
最初の条件であり重要です。
但し健康のハードルの高低は
年齢や病歴により異なるもの
であるいうことを知るべき。

「国民健康保険」に切り替える


会社員時代は職場の健康保険。
退職後は最大2年継続できる
任意継続保険に入っていた。
それが今年の夏前に切れるの
で4月から国民健康保険に加入
することにした。

手続きをしたのでまとめておく。

まず3月に入っている健康保険
組合から4月以降の継続の意思
があるか、ないかの通知が来る。
但し最大2年であるので残り3ケ月
継続するか否かでの確認である。
合わせて振込用紙が入っている。
継続意志がある場合はお金を
振り込む、
ない場合は電話にてその旨連絡
して指定日以降に現在の保険証
を返却し、その証明書類
(資格喪失証明書)の送付を受け、
役所に行って国民健康保険の加入
手続きを行うということが書いて
あった。

実際の手続きとどれくらい
時間がかかったのか。
・月曜日に旧保険証を郵便局に
行って郵送処理を行う。
・木曜日夕方に「資格喪失証明書」
が自宅あて送付されてくる。
・金曜日午前中に区役所に行って
国保への切り替え処理を行う。
妻の分も手続きも一緒に行った
が申込用紙は一枚で済んだ。
即時に国民健康保険の被保険者証
が発行される。
役所が空いていたのも幸いし
役所での発行の待ち時間も10分程
で終了。
結局1週間の内に新保険証を
入手できた事になる。

旧保険証の資格喪失翌日から
国民健康保険の有資格者で
あるので無保険期間はなかった
がやはり実際の健康保険証が
無いと不安は不安である。

旧職場の皆様にはお世話に
なりました。
少しずつ会社員時代の名残が
少なくなっていきます。

生放送 アナウンサーが飲食しない理由


先日朝のNHK番組で有働さん
が言っていた言葉に妙に納得。

ゲストの古館さんが出された
料理を食べるとき、有働さん
は食べないのと振った。

その時の答えは、
「緊急地震速報等の緊急事態
に対応する必要があるので」
のような答えをしていた。

そういう理由があるのかと妙
に納得する。
緊急地震速報が出るように
なって10年位だと思うが、
それまではアナウンサーは
進行しなければいけないため
とか言っていたように思うが、
時代に合わせてすべきことや
してはしてはいけないことが
変わると感じた。
確かに地震だけでな最近は
弾道ミサイルとかJ-Alert関連
の情報に瞬時に対応する使命
が放送局にはあると言える。


 | ホーム |  次のページ»»