FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


「多重がん患者」が「多重癌患者」とも名乗れるようになる


昔も書きましたが再度
「がん」と「癌」
聞いても違いはないが
書いた場合は医学的に
大きな違いがある。

私は多重がん患者であり、
多重癌とは書かなかった。
それは白血病は血液のがん
であり血液の癌とは書かない
からである。
白血病で治療に使ったもの
は抗がん剤、抗癌剤ではない。
がんセンターと癌センターでは
範囲が違う。

がん(ガン)=悪性腫瘍全体
や血液の悪性のもの。
癌=悪性腫瘍のうち上皮性
のもの

胃がんや食道がんは胃癌、
食道癌で問題はない。
白血病や悪性リンパ腫とか
は癌とは書かない。
白血病があるので多重がん
患者であったが食道がんに
なって口腔がんと合わせて
多重癌患者とも書けるよう
になったのである。

基本がんと書いておけば
なんの問題もない。
なので本ブログのほとんどの
記述で癌は使っていない
のである。

がん 癌

最上位の概念の「がん」が英語
でCancerである。
スポンサーサイト

がん治療 手術、化学療法、放射線治療


消化器外科医
武矢けいゆう(ペンネーム)
「外科医の視点」より

がん治療には
手術、化学療法、放射線治療?
https://keiyouwhite.com/cancer-treatment

各治療の特徴が書かれてます。

口腔がんの時、放射線科の
先生へ相談に言ったと時、
(正確にはサイバーナイフ)
手術で切ることが出来れば
それが一番確実です。
との会話があったので最終的
に除去手術に決めた経緯を
思い出す。
手術できないと言われて最後
ここに来る人が多いんだよね
という言葉もあった。
他の方法が無くて最後の望み
でくる患者が多いと決して治療
成績はあがらないだろうと思った。

それ以来がんの病院別治療成績
の見方も変わる。
助かる可能性が少ない人には手
を差しのべない。
治る可能性がある患者のみを選別
すれば当然治療成績は上がるの
である。
そこを見極めるのは難しい。

最善を期待し努力をしながら最悪の準備もする


緩和ケア医の文章ですが
人生全体にも通じる言葉
だと思います。

PRESIDENT Online
樹木希林の死に様が
"カッコよかった"ワケ
緩和ケア医が語る
「素敵なご臨終」
永寿総合病院がん診療
支援・緩和ケアセンター長、
緩和ケア病棟長
廣橋 猛
樹木希林の死に様が"カッコよかった"ワケ 緩和ケア医が語る「素敵なご臨終」


以下引用
「素敵なご臨終」
のために必要なこと
(1)「最善を期待しつつ、
最悪に備える」
(2)「自分の死に方について考え、
話し合っておく」
(3)「人生において最も大切な
ものを知る」

特に(1)については全く同感。
がんになった人の中には絶対
治す、元に戻るんだと強い
意志の人が多いと思います。
実際には戻れる人もいれば、
幾ら強い意志や頑丈な体が
あって頑張ってもダメな人も
いるのが現実である。
物事に絶対はないので
最善を期待して取り組みをする、
同時にもしもの時、最悪に備える
準備も一緒に行う。
重要な事である。

がんになり当初の治療中は
こういう考えで行動していたが、
再発がなく普通に近い状態で
生活できるようになるとこの
まま不死になったのではない
かと勘違いしてしまい準備した
ものの更新を怠ってしまう。
既に古い状態になっている
情報も存在する。
断捨離も継続しないと物は
増えてしまうと同様に情報
や希望も最新にしなければ
正しい物ではなくなるのである。

ムーンショット(Moonshot) 台風の進路をずらす


ムーンショットとは困難であるが
実現によって大きなインパクトが
もたらされる壮大な目標・挑戦。

月への打ち上げと言われれば
アポロ計画の月面着陸に由来
する言葉だとは分かる。

壮大な目標をまず掲げ、それに
必要なイノベーションを起こす。
今の技術の延長や改善では
到底実現できないような目標
に対してその為には何が必要
かを考えて研究開発していく
ということと言われている。

最近の例とはAIや宇宙開発、
自立走行の自動車等がある。

日本においてもこのような考え
方が動き出すらしい。
政府は来年度から、日本発の
革新的な技術開発を推進する
ため、複数の研究者らに予算
を配分し、同じ開発テーマの
成果を競わせる新制度を
始める方針を固めた。
10~20年後をめどに、
高齢化対策や防災など、
政府が定めた開発テーマに
沿った新技術の実現を目指す。

新制度は
「ムーンショット型研究開発制度」
命名された。

開発のテーマは
「人々の関心をひきつける斬新
で野心的な目標」
で例えば、
〈1〉仮想現実の映像の中で故人
を登場させ、本人がいるかのよう
に自然な会話ができる技術
〈2〉台風の洋上の進路を操作
して日本上陸を回避する技術
〈3〉重症患者を冬眠のように
1週間程度、人工的に体の
活動を休止させ、治療態勢
が整うまで延命させる技術

などとされている。

今年でいえば(2)が実現される
と嬉しいとも思うががずらされ
た方は迷惑大である。

有名なトロッコ問題。
制御不能になったトロッコが、
5人の作業員がいる線路に
向かって猛スピードで向かって
いる。
あなたはそのトロッコを別の
線路に向かわせることができる
分岐器がある場所にいるが、
そちらの線路にも作業員がいる。
ただし1人だけ。
あなたは分岐器を切り替える
だろうか?

台風においてはこのような選択
をする必要があるのでずらすと
いう考えでなく小さくする、消滅
させる方が良い。

最近異常気象や大型台風が
続いている。
Co2削減も重要だが個人的には
もはや遅きに失したと思っている。
自然現象を操作して人的被害
を減らす方策や完璧に予測して
危ない地域は強制避難させる
技術にお金を配分する方が現実
的に思えてくる。

2人に1人はがんになる 将来は罹患率100%を超えると予想


国立がん研究センターがん対策
情報センターの2013年データに
よると、生涯でガンと診断される
確率は
男性で62%、
女性で46%。
これが
「日本人の2人に1人が
ガンになる」
という根拠。

最近は保険のCMとかでも
言われているので言葉や
数値は浸透している。

でもこの数値は生涯確率。
長生きすればするほどがん
になる人が多くなっている。
と簡単に推測される。

年齢別に見るがん罹患率
はどうだろうか。
調べると
50歳で5%位
60歳で10%位
70歳で20%程度。
それ以降の年齢で急上昇。
確かに今まで周りを見ても
同じ年代で2人で1人がガン
という状況ではなった。

50歳の同級生で20人に1人、
60歳の同級生で10人に1人、
70歳の同級生で5人に1人、

と言われればだいたいそういう
感じだと納得できる。
私も50-60歳間の発病である。

2人に1人がんになるのだから
がん保険をという宣伝であるが
年代別の罹患率を理解してから
入るかを考えるべきと思う。
でも死亡保険よりは確率は高い
とは言える。

もう一つ、
私のような多重がん患者は
どうカウントされるか。
2つのがんになれば1人で
罹患数は2なのでダウルカウント
されることになる。
多重がん患者はがん患者の
1-2%と言われているので今は
全体の罹患率の数値に大きく
影響はしないが、人生100年
時代になるとがんになっても
医学の進歩で食い止められ、
その後他のがんになるという
多重がん罹患者が増えるはず
である。
そうなるとがん罹患率が100%
を超える時代が来るのでは
ないかと予測している。

 | ホーム |  次のページ»»