プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
261位
アクセスランキングを見る>>


白内障 メガネを新しくした でも・・・

久しぶりに白内障後の記載です。
手術して1年が過ぎています。
経緯は以下を見てください。
白内障 症状、手術とその後

手術から1年が経ったのでメガネ
を新しくすることにする。
白内障前は既に遠近両用であったのだが
手術後は視力回復に時間がかかる場合
があるということで、手術後すぐに眼鏡を
作るのであればまずは安いもので様子
を見る。少し時間が経ってからチャントした
ものを作る方が賢いという先生の助言もあり、
まずは手術後は近視のみの対応で
今まで使っていた。

やはり近くが見にくい、またそろそろ時間
が経ち視力も安定したと思われるので
遠近両用にと思い眼鏡店に行く。
もう一つの理由は少し偏光レンズに
したいという思いもあった。

視力検査して遠近両用を試したが
近いところの見え方は期待ほどでもない。
裸眼の方がよほどくっきり見える。
色々試し、店員さんとも話した結果
近視レンズ+偏光レンズに決める。
手術により近い所には焦点が合う
ようになったと思われる。
近い所は裸眼で十分であるというか
裸眼でくっきり見える。これが見えな
かったので遠近両用だったのでだが
これでは遠近にする意味が無くなる。
こういう事もあるんだと思う。

ちなみに近視に関しては手術後
すぐに作った時とほとんど変わない
が左眼が少し裸眼視力が良くなって
いて度数を下げたとの結果でした。
昔ならば遠近両用レンズは金額が
高いと言う印象ですが、今は店に
よっては同額というところもある。
(今回もその様なお店に行きました)
結果として近視のみなので金額的
には得はしませんでした。
スポンサーサイト

白内障 その後 現在の状況

いままでほとんど記載していなかった
昨年(2014年)7月の両眼白内障手術後
の状況です。

手術後から通院と点眼を続けました。
手術後の半年間定期的に通院して
検査と診察を受けました。
昨年12月に紅皮症で入院してほぼ
2ケ月程通院できませんでしたが、
年明けのこの1月に久しぶりに行きました。
結果、手術後の半年たって問題はないので
今日で定期的な通院も、点眼も
終わりにしましょうということ
で定期的な通院先が一つ減りました。

通院は手術前及び手術、その後の通院で
合計20回になりました。
日帰り手術と言ってもその後の通院数が
多いので働いている人であると夕方ある
程度遅くまでやっている、土曜日に開いて
いるとかでないと手術後の通院が大変です。

手術後に不便なので1ケ月経たずに
安価なメガネを購入。
本当は遠近両用でないといけないのですが
とりあえずということとその場でできるという
ことで近視専用に。
いまだにそれを使っていますのでそろそろ
ちゃんとしたのを買わねばと思う今日この頃です
裸眼視力は確実に上がりましたので
手術前の眼鏡は合いません」。

今までの言われていたのですが
最後に先生はから緑内障になり
やすそうなので、3ケ月に1度位は検査に
来てくださいと言われる。
緑内障は怖いなぁ~
今回の手術で色々な検査をしたので
定期的もデータがたまっているので
人間ドックの眼の詳細検査という意味合いで
時々検査に行く事にしようと思っています。

白内障 症状、手術とその後

今年(2014年)4月位から視力が落ちたように感じる。
それに加えて全体が曇ったように見える。
明るい方向のものが全く見えない。
車は運転しないが助手席に座っていると信号の色も認識できない状態となる。
眼鏡かけている人は分かると思いますが常に眼鏡が曇った状態という感じです。
仕事をしていてもプロジェクタに投影されたものが一番近くに
いても良く見えない、光が差す方向に人が居ると顔が全く認識できない
というようになり、さすがにこれはまずいと感じ5月に入り眼科受診。
白内障と診断される。治療は薬では治らなため手術になるとのこと。
ただしその眼科では手術自体は設備がなく出来ないので
他の病院を紹介するという説明。
であるならば、別の日帰り手術が可能な眼科を探して6月に入り行く。
やはり両眼白内障で矯正視力でも0.07位しか出ないので
早めに手術した方が良いとの事。
二つの病院で同じ診断結果で同じ治療法を薦めるので、
手術することにして、日帰りで7月初旬手術日で予約する。
最初に右眼を行い、1週間後に左眼手術。
手術3日前から手術する側の眼に点眼、手術後は手術した眼に
別の2種類の点眼が必要と言われる。
また手術日、翌日、3日後、4日後、1週間後に通院して
術後の状況を見るということが2回必要で日帰り手術と言っても会社に
行っていると休みを多く取らないといけないので結構大変です。
またその後は週1外来、少ししてから2週に1回から月1の外来が
当分必要ということで会社員の人は土曜日に見てくれる眼科
で手術すべきですね。

手術日はその眼科では火曜日午後のみでした。
まずは右眼、手術の1時間前に行って目薬をつけて手術を待ちます。
昼食は少し軽めにという事だけでその他は事前には特に
制限はありませんでした。
そして手術、時間は20-30分だと思いますが、常に強い光が当たっている
ので頭が疲れます。麻酔が効いているので痛いとかは感じませんでした。
その日は眼帯をして帰宅。普通に食事可能ですが風呂や洗顔はNG 。
次の日の朝一で外来に行き、眼帯を外されます。
取った瞬間に裸眼の視力回復を感じました。
でそれよりも一番の違いは色がくっきりです。まだ左眼は白内障のままですので
片目ずつ交互にものを見ると違いがはっきり分かります。
青空は青い、赤信号は赤い、白いという事は
こういう事かというのが再発見というか思い出しました。
左眼手術までの一週間は片目づつの手術なので使用前使用後
の状態を経験しました。
メガネの度数が合わなくなったこともあり、左右の目で
見え方が違うので頭痛もありました。
そして左眼も同じような段取りで手術。当然すぐに良く見えると期待して翌朝外来。
眼帯を外しても今度は全く見えない。手術前と同じでこれは手術の失敗ではと感じる。
先生の診察では手術自体は成功している。1週間ぐらい回復にかかる人も
居るので様子見しましょうとの事。
翌日は左眼が痛く開けられない状態でより不安になる。
結局は手術後3日目くらいから少しずつ見え出してきたので安心する。
良い方を先に経験すると少し悪いと深刻に考えてしまうのが人間です。
結局裸眼視力も0.4程度までに回復したので逆に今までの眼鏡では合わない
というより裸眼の方が良く見える位になる。
視力回復も手術後徐々に進む場合もあるので新しい眼鏡は
手術1ケ月後以降でと言われる。
流石に不便なので3週間位後の診察時に先生に言うと、
今作るのなら無駄になる可能性があるので安いので
十分という事でJINSやZoffを薦められる。
という事でレンズ費無料のJINSで作成。本来であれば
遠近両用なのであるが+5000円と時間も一週間かかるという事、
手元は良く見えるので近視+乱視用レンズで作成。
これだとフレームだけの金額で時間も30分で出来ました。
落ち着いたらちゃんと遠近両用を作ろうと思っていたら
今回の入院で延期になっています。

これから白内障の日帰り手術を受けるという人へのアドバイスは
日帰り手術で午後手術ならばなるべく遅い時間の方が良いです。
手術が早くても遅くても翌朝には眼帯が外されので不自由な
時間は短い方が良いです。
それと手術後は5日間ほど頭を洗えないので出来れば
真夏は避けた方が良いです。どうしてもというのであれば美容院や
人の手を借りて洗髪は可能ですが
(実際私は嫁さんに洗面所でやってもらいました)
独り身の人は大変だと思います。

現在は月1の外来になりました。点眼も最初は4回/1日が回数が減り2回/1日になり
生活や仕事には不自由を感じなくなりました。
白内障で手術を受けるか迷っている人には早くやった方が良いですと言いたいです。


 | ホーム |