プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
295位
アクセスランキングを見る>>


ウサギさんの眼の続報

以前書いた以下の記載
左眼がウサギさんになり眼科へ行く

その後の経緯です。
赤くなってから1週間はウサギさんの
眼のまままであった。
但し瞬きする時の違和感は3日目位から無くなり
生活して行く上での不自由さは感じなくなる。
症状自体は1週間過ぎたころ、少し改善の気配が出る。
眼の白眼の半分が白くなってくる。
具体的には左目の左半分が白く、
右半分は赤いままの状態になる。
更に3日程経つと残っていた右側の赤みが
ほとんど消えた。
医者の行った通り10日間でほぼ回復。

これで眼は一安心です。
でも原因不明と言うのは白血病も
そうですが今後何に気をつければ
良いのかが分からないので困った
ものです。

スポンサーサイト

左眼がウサギさんになり眼科へ行く

少し前から妻には言われていましたが
左眼のみが少し充血していました。
それがひどくなり白目の部分が真っ赤に
なってまるで片目だけウサギさんの眼。
特に自覚症状もなく、視力の低下や視野の
狭窄や痛みは感じずにいたので放置して
いたのですが、今週になり瞼が開閉しにくくなり、
鏡で見ると明らかに充血がひどくなっているので
急遽眼科検診へ。

眼圧や視力測定や眼底撮影を経て診察へ。
薬を入れて傷が無いかを目視で調べる。
診断結果は"結膜下出血"
傷等はなく、白内障手術後も問題ない、
眼底出血でもないとの事でした。
出血自体は通常1-2週間で自然吸収される
ということで特に治療する必要はないとの事。
原因は3つ程考えられるそうで
(1)眼局所の要因
(眼外傷、手術、急性角膜炎に伴うもの等)
(2)全身性疾患
(3)原因不明のもの
(はっきりしないが、くしゃみや、せき、過飲酒等
が考えられるとのこと)

私の場合は白血病手術跡に問題がないという
ことなので(2)の全身性疾患との関係が強そう。
動脈硬化や高血圧、糖尿病、貧血や白血病、腎炎
等に伴って起こる事があるそうです。
健常な状態で繰り返し出血があるようであれば
上の様な疾患の可能性があるので内科受診を
受けた方が良いとの事。

私は既に白血病の既往症があり、最近の血液
検査でも血小板が低いのでそれが影響している
可能性が高いと思われる。
先生も毎月血液内科で受診しているのでこのまま
様子見で良いでしょうとの事で終了。
眼薬も次回の診察予約もなしでした。

今回通院前も何か危ない状態ではないのかと
最悪の自体も考えらが覚悟を決めて病院に
行ったのですが、無罪放免となり安心したと
共に気が抜けました。
いつも最悪を想定しておくともしもの時もショック
は和らぎ、良い場合は嬉しさは増します。
でも結果を聞くまでが緊張します。


 | ホーム |