プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


障害年金 血液・造血器の障害の程度認定の基準となるもの


障害年金シリーズの最後として
昔も記載したかもしれませんが
血液・造血器疾患に対する
障害年金の判定基準となるものを
再度書いておきます。

今回私は幸いにも3級認定を受ける
事ができましたが私と同じような病気で
初診時会社勤めしていた人の中で今まで
障害厚生年金の仕組みを知らないとか、
可能性が無いと思っていた人とかは一度
確認しておく意味はあると思います。
受給資格には仕事をしている、いない
は関係ありませんので仕事をしている人
でも受給できる可能性があります。
今まであきらめていた人も可能性が
あれば調べて申請することをお勧め
します。

以下は障害認定基準の要約です。

障害の程度は、
自覚症伏、他覚所見、検査成績、
一般状態、治療及び症状の経過等、
具体的な日常生活状況等により、
総合的に認定。
当該疾病の認定の時期以後少なくとも
1年以上の療養を必要とするものであって
、長期にわたる安静を必要とする病状が、
(1)日常生活の用を弁ずることを不能
ならしめる程度のものを1級
(2)日常生活が著しい制限を受けるか
又は日常生活に著しい制限を加える
ことを必要とする程度のものを2級
(3)労働が制限を受けるか又は労働に
制限を加えることを必要とする程度の
ものを3級に該当するものと認定する。

詳細は以下で確認ください
血液・造血器の障害

また障害3級相当所見と血球値
をあげておきます。
所見と血球値に該当すれば受給の
可能性があります。

所見は以下の1,2のいずれかに相当するもの
1.治療により貧血改善は少し認められるが、
なお軽度の貧血、出血傾向、易感染症を
示すもの
2.輸血を必要に応じて行うもの

血球値は
1-4のうち3つが該当すれば可能性があります。
1.末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) ヘモグロビン濃度が9.0g/dl以上10.0g/dl未満のもの
(2) 赤血球数が300万/μl以上350万/μl未満のもの
2.末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が2,000/μl以上4,000/μl未満のもの
(2) 顆粒球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの
3.末梢血液中の血小板数が5万/μl以上10万/μl未満のもの
4.骨髄像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 有核細胞が5万/μl以上10万/μl未満のもの
(2) 巨核球数が30/μl以上50/μl未満のもの
(3) リンパ球が20%以上40%未満のもの
(4) 赤芽球が10%以上15%未満のもの

申請までは時間と労力は必要ですが、受給資格が
得られれば今後の生活に確実に寄与してくれます。
スポンサーサイト

障害年金 現況届、障害状態確認届の詳細

障害年金の受け取りができるように
なっても「現状届」や「障害状態確認届」
等の必要な届け出があります。

国民年金機構のHPには
「現況届」は、毎年誕生月の初め頃に
受給者本人に送付される。
受給者の住所、氏名などを書き、
誕生月の末日までに日本年金機構
本部に到着するように提出してください。
「現況届」が送付された場合、期限までに
提出しないと、年金を引き続き受け取る
ことはできません。
提出されるまでのあいだ、年金の支払いが
一時止まることになります。

誕生月に現況確認以外の確認が必要な場合
(1)加給年金額等の対象者がいる方に
ついて引き続き加給年金額等を受けるには、
生計維持関係を確認する必要があるため、
「生計維持確認届」の提出が必要です。
送付時期や提出期限は現況届と一緒です。
(2)障害年金を受けている方で障害の程度を
確認する必要がある方は、「障害状態確認届」
に診断書が付いている届書が送付されます。
届書に住所氏名を記入し、診断書は医師に
記入してもらってから提出してください。
送付時期や提出期限は、障害年金の種類や
個人の障害の状態によって違います。

また個人HPですが以下のような記載が
ありましたので要約して載せておきます。

障害状態確認届とは、診断書と同じく、
障害の状態の認定を受ける手続きになります。
既に障害年金を受給しているから安心ではなく、
医学的には改善困難とみられるような障害
(脳疾患による麻痺など)でも、支給停止や
等級変更(下げる)などあり得ます。
傷病の状態が変わらないような障害、症状
が悪化していくしかないような障害であっても、
医学的見地よりも提出した障害状態確認届
が優先されます。
よって、前回の診断書から少しでも改善されて
いる(ように見える)場合、支給停止や等級変更
のリスクがあると考えなくてはなりません。

更新(正確には更新とは言わないようですが)時、
最初の担当医と変わっているとかあると、また
結構大変となるのかもしれません。

障害年金受け取り手順 手引きより抜粋

続いて障害年金の受け取りの
手続き、届出。
同封されていた手引きに色々書いて
あります。
年金支払いに関する事項について
要約しておきます。

・年金受取:銀行などの口座振り込み
年金の支払日に指定した銀行などの
預貯金口座に振り込まれる。
支払金額などが記載された
「年金振込通知書」が毎年6月に
送付される。
また初めての振り込み時にも
「年金振込通知書」が送付される。

・年金支払い月、最初の支払い
基本偶数月の15日に2ケ月分。
年金額の1/6。
但し年金が決定され「年金証書」が
送られてから初めての支払い行われ
るのにおおむね50日程度かかる。
最初の年金(遡及分があればそれも)
は受給権を取得した月の翌月分から
直前の支払月の前月まで、また初め
の支払いは定期月以外の奇数月でも
支払いが行われる。

・手続きが必要な場合
誕生月が来たとか、引っ越したとか、
氏名変更、障害の程度が変わった時
等には届出が必要。
届出用紙は年金事務所や年金機構の
HPにあるとの事。
誕生月に必要書類が送付されてくる。

届出をするときの注意点
・「年金証書」に記載された基礎年金番号・
年金コードが必要
・届出用紙に届出者本人が署名すれば
押印不要。
代理人の場合は届出人の押印必要
・届出される際、添付資料が必要な
場合あるので確認ください。

手引きを読んで理解するのも結構
大変です。

障害年金受給 年金証書へ記載されている事項

届いた「年金証書」には色々
書いてあります。
私に関係するものとしては

・障害厚生年金の障害状況
次回提出する診断書の種類と提出日。
診断書の種類は項番9の
「血液・造血器、その他障害用の診断書」
提出時期は表面に書いてあり
平成29年12月となっている。
(診断書の種類は申請時と同じでした)

調べると誕生月に
「年金受給権者現況届」
「障害状態確認届」
の提出と合わせて添付書類
として医師の最新診断書が
必要のようである。
私の場合は1年間有効?
何故次回は来年の誕生月なのか?
理由は証書には書かれていない。
手引きによると「年金証書」に記載
されている年金の支払いを行うと決
定した年月日から次に来る誕生日の
末日までの期間が1年以内であるとき
は現状届は必要ない。
とあるので今年の誕生日は免除(不要)
という事のようである。

また
・今回の決定に不服がある時は、この
決定を知った翌日から起算して60日以内
に文書または口頭で年金請求先の所在地
の社会保険審査官に審査請求ができます。
またその決定に不服がある場合、決定書の
謄本が送付された翌日から起算して60日
以内に社会保険審査会に再審査請求が
できます。
(以下略)

決定に不服がある場合の申し立ては早めに
しろという事ですね。
確かに障害年金関連を社労士事務所に
依頼する場合
・障害年金請求
・審査請求
・再審査請求
・額改定請求

等の料金が設定されている所もあるので
決定に不服で審査や再審査請求する人も
ある程度いるのではと思います。
これはこれで大変そうです。

障害年金 3級の受給権を有した理由

昨日障害厚生年金3級の受給権を
得た事を書きました。
その中に障害の等級は「3級12号」
との記載があったので12号とは何か
を調べました。
証書には意味まで書いてないので
日本年金機構のHPで調べました。

障害等級表によると3級12号とは
「身体の機能に、労働が著しい制限
を受けるか、又は労働に著しい制限を
加えることを必要とする程度の障害を
残すもの」

ちなみに
障害等級2級においては同じような
項目は15号にあり
「身体の機能の障害又は長期に
わたる安静を必要とする病状が前各号と
同程度以上と認められる状態であって、
日常生活が著しい制限を受けるか、又は
日常生活に著しい制限を加えることを
必要とする程度のもの」

合わせて3級の下の障害手当金
(一時金のみ)においては21号に
「身体の機能に、労働が制限を受けるか、
又は労働に制限を加えることを必要とする
程度の障害を残すもの」

一番のポイントは障害によって
・日常生活に著しい制限あり→2級
・労働に著しい制限あり→3級
・労働に制限あり→障害手当金

私は日常生活は制限はあっても
著しいものではない。
仕事は出来るとしても著しい制限
があると判定されて3級という事。

労働に著しい制限と通常の制限との
境界については明文化されていない
ようですが医師の診断書と自分で作成
する「病歴・就労状況等申立書」だけで
判断・判定されるわけですので、詳細な
記載やリアルさが伝わる事がやはり
重要な事だと思います。


 | ホーム |  次のページ»»