FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれ。孫が5人いるのでジイジです。
主な病歴、職歴
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も現在までに出血性膀胱炎、肺炎、紅皮症等による多くの入退院を経験。現在も定期的に通院を継続中。
2013年6月 2年9ケ月ぶりに復職。
2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
現在も3-4ケ月に1度転移の有無確認で定期通院中
2016年6月 退職
2018年10月食道がんと告知される。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に年一度通っています。


最新記事


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>


障害年金  障害状態確認届の審査結果が届く


2年前の春に
障害厚生年金3級の受給
資格を得た。
正確には
「障害の種類:3級12号」

昨年末の誕生月に
障害状態確認届の提出
(現在の診断書)を求める
依頼書が届いた。

主治医に診断書を依頼し、
受領後提出、
審査結果を待った。

先週末に日本年金機構
から審査結果が届く。

以下文面
「提出された診断書
(障害状態確認届)により
傷害の程度を審査した結果、
あなたの障害の状態は従前
の障害の障害の状態と
同程度と認められますので、
引き続き障害年金をお支払
いいたします。
(障害等級に変更はありません)

この記載がされたはがきのみ
が届く。
障害年金が初めて受給に
なった時は封書が送られて
来た。
中には年金証書や
決定通知書、手引書等
沢山入っていたのとは
大きな違いである。
確かに届け自体も最新の
診断書のみであるので
Inputも簡略化されている。

結果、今後一年間引き続き
支給されるということで安心
する。

実際の申請からの審査
結果到着までの期間は
昨年12月下旬に投函
今年3月上旬に結果が
届いた。
ので実質2ケ月半超である
がこの間正月休みを挟んで
いるので通常期であれば
マイナス1週間から10日程と
考えれば良さそうである。


スポンサーサイト

確定申告の時期ですが障害年金は非課税 ついでにオリンピック報奨金も非課税


障害年金だけの収入
の場合は確定申告は
必要ない。
それは障害年金は
非課税であるから。
その他失業手当とか
疾病手当金とかも
非課税。

・障害年金の税務上
の取扱い
障害年金は、非課税所得
ですので、収入が障害
年金だけの場合は、個人
の確定申告は不要。
なお老齢年金は課税所得
であり雑所得として所得税
の対象。

障害年金は税務上非課税
のため収入・所得とはみな
されませんが、社会保険
(健康保険、国民年金)上
では収入となるので、
障害年金だけまたは
その他の収入と合算して
年180万円以上になると、
家族の社会保険の扶養
に入っていた場合、扶養
から外れることになるので
注意が必要。


全然関係ありませんが
ついでに今行われている
オリンピック・パラリンピック
の賞金・報奨金は
「非課税対象」
賞金や報奨金は一般的
には「一時所得」として
見られるため課税対象
として扱われます。
ただし、オリンピックの
賞金・報奨金は現在
所得税法により特別に
「非課税」。

切っ掛けは1992年の
バルセロナオリンピック
で中学生だった岩崎恭子
選手が金メダル。
受け取った報奨金に
課税されたことで国民
から「かわいそう」という
声があがり非課税に
する検討がなされと
いう経緯もある。

JOCからのものは非課税
だが企業からの報奨金は
課税対象になるそうです。

障害年金 障害状況確認届が届く


日本年金機構から
「障害状況確認届」
が送られてきた。

昨年3月に
障害厚生年金3級と
認めていただいている。

障害年金を受け取る迄
はWeb上でも色々と書か
れているし、手続きを
専門家に頼む道もある。

しかし有資格者となっても
障害年金は原則として、
期限のある「有期年金」。
そのため、あらかじめ決め
られた時期が来ると年金
機構から書類が送付され
提出を求められる。
それが障害状態確認届。

障害状態は変化するので、
障害等級が変わることや
障害状態に該当しなくなる
こともある。
そのため一定期間毎に
障害状態確認届を提出
して、障害状態について
の報告をすることになる。
この障害状態確認届の
作成は医師に依頼。

以下HPより
障害年金の新規裁定時に
提出する診断書とほぼ
同じものですが、調査聞き
取り項目に一部違いがある。
なお、障害状態確認届は
有期認定の場合、1年から
最長5年に1度提出が
義務付けられている。
この障害状態確認届に
基づき必要に応じて、
職権改定による障害等級
の変更や支給停止が決定
される。
・注意事項
障害状態確認届の用紙が
送付されるのは誕生日月
の初日前後となるので、
提出期限までひと月程
しかありません。
医師に依頼しなければ
ならないことを考慮のうえ、
早急に対応してください。

と書かれている。

今月に誕生日があるので
先月末に初回の
「障害状態確認届」
が送付されてきた。
診断書が付いている
届書となっている。

医師に内容を書いてもら
うだけで申請時のような
自己申告記載部分はない。

大きな病院であると診断書
作成も時間がかかることと、
年末になるので早速病院
に行って診断書の作成
を依頼してきた。

前回の診察時に主治医
にはそろそろ障害年金の
診断書が来るはずですと
口頭では伝えた。
申請時と同じ先生に書いて
もらえますが、判断するのは
お役所ですので障害年金の
対象から外れる可能性もある
ので甘い期待はしない。
実際にも血液系疾患の認定
基準が変更されているよう
である。
(これは別途書きます)

実際先日も1型糖尿病患者
がもらえていた2級の障害
年金が病状が改善されて
いないのに障害基礎年金
を打ち切られたのは不当
だとして、国に支給を再開
するよう求める集団訴訟
を起こしことがニュースに
なっている。
これは2級から3級になった
ということのようである。
国民年金は2級まで、
3級は厚生年金のみで
あるので中には受給額が
減るのではなく無くなる人
がいるということ。
もともと各級の境界線に
いれば新しい判断がどう
なるのかはわからないし、
実際糖尿病の認定基準
は昨年6月に改訂されて
いる。

最後に基本の認定基準
を載せましたがこれも
医学の進歩やIT化に
より同じ基準でも世の
中の変化で昔は難し
かったが今は可能に
なった等があり得るな
と受給者でも思う部分
がある。

今回の結果がどうなった
かは結果が出たら書き
ます。

以下は障害年金の
認定基準です。
・障害等級 1級
身体の機能の障害又
は長期にわたる安静
を必要とする病状に
よって、日常生活が
できない程度のもの。
(他人の介助を受けなけ
れば自分の身の回りの
ことができない程度)

・障害等級 2級
身体の機能の障害又は
長期にわたる安静を
必要とする病状が、日常
生活が著しい制限を受け
るか又は日常生活に著しい
制限を加えることを必要
とする程度のもの。
(必ずしも他人の助けを
借りる必要はないが、
日常生活は極めて困難
で労働により収入を得る
ことができない程度)

・障害等級 3級
労働が著しい制限を受け
るか又は労働に著しい
制限を加えることを必要
とする程度のもの。
また、傷病が治癒して
いない場合は労働が制限
を受けるか又は労働に
制限を加えることを必要
とする程度のもの。

障害年金 血液・造血器の障害の程度認定の基準となるもの


障害年金シリーズの最後として
昔も記載したかもしれませんが
血液・造血器疾患に対する
障害年金の判定基準となるものを
再度書いておきます。

今回私は幸いにも3級認定を受ける
事ができましたが私と同じような病気で
初診時会社勤めしていた人の中で今まで
障害厚生年金の仕組みを知らないとか、
可能性が無いと思っていた人とかは一度
確認しておく意味はあると思います。
受給資格には仕事をしている、いない
は関係ありませんので仕事をしている人
でも受給できる可能性があります。
今まであきらめていた人も可能性が
あれば調べて申請することをお勧め
します。

以下は障害認定基準の要約です。

障害の程度は、
自覚症伏、他覚所見、検査成績、
一般状態、治療及び症状の経過等、
具体的な日常生活状況等により、
総合的に認定。
当該疾病の認定の時期以後少なくとも
1年以上の療養を必要とするものであって
、長期にわたる安静を必要とする病状が、
(1)日常生活の用を弁ずることを不能
ならしめる程度のものを1級
(2)日常生活が著しい制限を受けるか
又は日常生活に著しい制限を加える
ことを必要とする程度のものを2級
(3)労働が制限を受けるか又は労働に
制限を加えることを必要とする程度の
ものを3級に該当するものと認定する。

詳細は以下で確認ください
血液・造血器の障害

また障害3級相当所見と血球値
をあげておきます。
所見と血球値に該当すれば受給の
可能性があります。

所見は以下の1,2のいずれかに相当するもの
1.治療により貧血改善は少し認められるが、
なお軽度の貧血、出血傾向、易感染症を
示すもの
2.輸血を必要に応じて行うもの

血球値は
1-4のうち3つが該当すれば可能性があります。
1.末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) ヘモグロビン濃度が9.0g/dl以上10.0g/dl未満のもの
(2) 赤血球数が300万/μl以上350万/μl未満のもの
2.末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が2,000/μl以上4,000/μl未満のもの
(2) 顆粒球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの
3.末梢血液中の血小板数が5万/μl以上10万/μl未満のもの
4.骨髄像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 有核細胞が5万/μl以上10万/μl未満のもの
(2) 巨核球数が30/μl以上50/μl未満のもの
(3) リンパ球が20%以上40%未満のもの
(4) 赤芽球が10%以上15%未満のもの

申請までは時間と労力は必要ですが、受給資格が
得られれば今後の生活に確実に寄与してくれます。

障害年金 現況届、障害状態確認届の詳細

障害年金の受け取りができるように
なっても「現状届」や「障害状態確認届」
等の必要な届け出があります。

国民年金機構のHPには
「現況届」は、毎年誕生月の初め頃に
受給者本人に送付される。
受給者の住所、氏名などを書き、
誕生月の末日までに日本年金機構
本部に到着するように提出してください。
「現況届」が送付された場合、期限までに
提出しないと、年金を引き続き受け取る
ことはできません。
提出されるまでのあいだ、年金の支払いが
一時止まることになります。

誕生月に現況確認以外の確認が必要な場合
(1)加給年金額等の対象者がいる方に
ついて引き続き加給年金額等を受けるには、
生計維持関係を確認する必要があるため、
「生計維持確認届」の提出が必要です。
送付時期や提出期限は現況届と一緒です。
(2)障害年金を受けている方で障害の程度を
確認する必要がある方は、「障害状態確認届」
に診断書が付いている届書が送付されます。
届書に住所氏名を記入し、診断書は医師に
記入してもらってから提出してください。
送付時期や提出期限は、障害年金の種類や
個人の障害の状態によって違います。

また個人HPですが以下のような記載が
ありましたので要約して載せておきます。

障害状態確認届とは、診断書と同じく、
障害の状態の認定を受ける手続きになります。
既に障害年金を受給しているから安心ではなく、
医学的には改善困難とみられるような障害
(脳疾患による麻痺など)でも、支給停止や
等級変更(下げる)などあり得ます。
傷病の状態が変わらないような障害、症状
が悪化していくしかないような障害であっても、
医学的見地よりも提出した障害状態確認届
が優先されます。
よって、前回の診断書から少しでも改善されて
いる(ように見える)場合、支給停止や等級変更
のリスクがあると考えなくてはなりません。

更新(正確には更新とは言わないようですが)時、
最初の担当医と変わっているとかあると、また
結構大変となるのかもしれません。

 | ホーム |  次のページ»»