プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


FP検定番外編 ついでのマイナンバー検定2級


FP2級検定のテスト(2016.1.24)から
3週間しか準備期間がないとわかって
いましたが勢いでマイナンバー2級の
検定にも申し込んでいました。
(2016.2.14試験日)

FP検定と違い、マイナンバー検定はテスト
相当狭いので何とかなると思って申し込
みました。

FP検定後の合否発表まで他の事をして
いないとテストの出来が良くなかったとき
に落ち込むとだろうと思った事もあります。

結果無事というか計画通りに合格しました。
普段からマイナンバー関係のニュースに
関心があり、2-3週間の時間が取れれば
2級であれば問題なく合格できると思います。

頻繁にテストがあるので何かにチャレンジ
したい方には良いかもしれません。

Mynumber2
スポンサーサイト

FP検定番外編 医療費控除 オムツは対象? 応用問題に即答できず。 FPの資格なんてそんなもの

FP検定番外編です。
父親が2月下旬から3月上旬まで入院
していました。
意識はしっかりしていたのですが、
ベッドから動く事を禁止されていたため
入院当初大人用のオムツを使っていました。
先日実家に帰った時に、母親から入院費
は来年の医療費控除の対象になるのは
わかるけどオムツ代はどうなのと聞かれる。
病院に入っている業者を使ったので
オムツ代と書かれた領収書はある。

FPのテキストにも、過去問にもなかった
ので考え込む。
パジャマは対象にならないのは知っていて、
その理由は入院していても、していなくても
パジャマは必要。
入院したからと言って必要となる特別なもの
ではないから。

でもオムツはどうなんだろう?
色々その場で考えたが即答できない。

結局国税庁の医療費控除対象のページで
調べる。
「傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで
医師の治療を受けている場合に、おむつを
使う必要があると認められるときのおむつ代。
この場合には、医師が発行した
「おむつ使用証明書」が必要です。」

ということで親からの質問に対する答えは
オムツの領収書だけではNG。また病状から
言ってもそう簡単ではなさそうである。
支払い金額が大きければ医師の証明書を
取って控除金額できる可能性があるが、
今回の金額から文書代金を払ってまで
する意味はなさそうと思うと解答。

その後たまたまその後行った病院の文書料
一覧を見るとありました「おむつ証明書」

FP2級に合格したと言っても実務上は知らない、
困惑すること多しです。

FP検定2級合格までの道のり(5) 試験日&合格

FP2級の検定は午前の学科と
午後の実技は個人資産。

1/26日は晴れていたがかなり寒い日
だったので完全防備して出かける。
普段以上の厚着+ホカロンの重装備。
午前中の学科、テスト時間は2時間、
出題数は60問。
テスト開始後一時間過ぎれば退席可能
であるが一通り回答するのに
1時間15分ほどかかる。
20分ほど見直して退席。
合格は正解率6割以上であるので、
まあ大丈夫だろうとの感触。

昼食後、午後の個人資産実技。
1時間半のテスト。
計算問題とかが入ります。
(電卓持ち込み可)
明らかに途中から集中力がなく
なっているのがわかる。
会社を辞めて長い時間集中する
事がなかったことと、午前に頭を
使ったことにより、頭が既に疲労
して働かない感じ。
何とか時間内に全問解答用紙を
埋めて退室。
合格自信があまりない感想。

その日の夕方正解が発表されて突き
合わせると、午前は合格ライン以上。
午後分は勘違いや、計算間違いが多い。
自己採点は合格率(60%)ぎりぎり。
これは合格発表を待つしかない。

このITの時代にマークシート式の試験
が合格発表までに1ケ月半近くかかる
のはどうかとも思うが、3/3にHP上で
合否発表があり、無事に合格でした。
合否のみの発表で点数発表はないので
どれほどぎりぎりだったかは不明です。

その後一週間くらいで合格証書が
届きました。

FP検定2級合格までの道のり(4) 次はFP2級

FP3級は無事合格。
FP2級検定に向けスタートです。

FP3級の受験後(2015/9)に入院
を伴う体調不良。
結局1ケ月半位本を読むこと自体
が出来ず、少し回復後も集中力が
あまり出ない日が続く。
無理してもしょうがないので
この間はあまりテキストに目を
通さずに過ごす。
この間にFP3級の合格発表が
あったので2016年1月のFP2級
には予定通りに申し込む。

11月後半から体調はまだ十分
でない中でゆっくりとFP2級に
向けて本格準備開始。
受けるのは午前中の学科、
午後の実技は個人資産。
試験日は2016年1月24日。

病気のため間が少し空いたので
知識再確認のために2級のテキスト
に一通り目を通すことから再開。
その後は再度になるがFP2級の
過去問題をネットでUpされている分
にチャレンジ。
間違いやわからない事をネットや
テキストで調べる。
合わせてFP1級の過去問題を見る。
これは解くのが目的ではなく
解説部分をテキストとして利用する。
やはり1級はプロ向けであるので
ここまで知らなくても良いであろう
という問題が多いのも事実。

年明けには過去問題で正解率
が低かったあるいは理解不足を
感じた分野の集中理解に努める。
私の場合は、
・公的年金の併給関連
・不動産の税金関係
・借地件関係
とかでした。

という事でテスト日をむかえる。
一番に考えたことはテスト前に
体調を崩してテストが受けられ
ない事だけは避ける。
そのため寒い日は外出も控えたり
しました。
テスト日に会場に行けなければ今
までの全てが無駄になります。

FP検定2級合格までの道のり(3) まずはFP3級受験

FP検定2級合格までの道のり(3)

受験を考えてから3ケ月なく
FP3級受験日なのでまずは
参考書を1冊買ってみる。
FP3級用はページ数も少ないし、
ネット上にも過去問題も解説つき
で多くUpされているので、ざっと
参考書に目を通して過去問題
を解いてみる。
間違ったところや、知らない部分
を参考書で再確認する。
大枠は知っていても細かい数値
が歳を取ってからは頭に入りにくい。
再度前回と違った過去問題を解く。
ここまで2週間ぐらいで、合格率60%
には届くと感じたので、これ以上3級
向けに時間を割くのは無駄と考え、
その後は勉強法を変えてFP2級の
テキストを買ってきて読む。
さすがにページ数も多く読み応えがある。
合わせてFP2級の過去問題を始める。
さすがにこの時点のレベルでは合格率
には届かない正解率しか取れない。
再度テキスト全体を読む。
過去問題を解くという事をし、間違った、
わからない、知らない部分を中心に
テキスト+ネットで調べて頭に入れる。
これをテスト1週間前まで行う。

テスト前1週間はFP3級のテキストと
過去問題に目を通してテスト日を迎えた。

つまり3級のテストに向けて2級用の
知識を頭に入れておくという方法。
2級を受けても合格できるかどうか
位までのレベルにして3級のテストを
受けた訳です。

結果は予定通り3級は無事合格。
(学科及び個人資産)
知らない問題、わからない問題は
出ませんでしたがでケアレスミスが
幾つかありました。

 | ホーム |  次のページ»»