FC2ブログ

プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>


国民年金 保険料金が平成30年度は値下げとなるが報道されない


少しでも上がると取り上げ
られて問題視されるが金額
が下がる時はほとんど報道
されない。

国民年金の保険料
平成29年度は月額16,490円。
平成30年度(2018年度)は
月額16,340円。
平成29年度と平成30年度の
国民年金保険料を比較すると
月額で150円、
年額で1,800円
の値下げになる。
公的年金については平成16年
に平成29年度以降の国民年金
保険料は月額16,900円と定めら
れているが、何故なのか。
実際は以下に記す保険改定率
が掛け算されて保険料が計算
されるためと知る。

計算式は結構複雑で
①前年度(平成29年度)の
保険料改定率
②2年前(平成28年)の物価変動率
③4年度前(平成25年度~平成27年度)
の実質賃金変動率

①×②×③により平成30年度
の国民年金保険料における
保険料改定率は0.967

従って
16,900円×0.967=16342.3円
≒16,340円
(10円以下四捨五入)

この先を考えると下げても
良いのかとは考えるが実際
支払者側であれば少しでも
安い方がうれしいことは事実。

実際には2年前納とか、
口座振替とか使えばさらに
割引があるので支払う際
は調べて賢い選択を
すべき。

スポンサーサイト

年金支給開始年齢 どう考えるか


現代ビジネス記事
「公的年金」結局、何歳からもらうのが得か損か

個人的には納得できる
部分もある。
また自分は65歳より
少し早めに受給しようと
考えている。
このあたりについては
また書きたいと思います。

公的年金の受給を何歳
からにするのがお得か
について多くのFP等
が書いている。

人生100年時代において
は長生きする可能性が
高いので遅らせるのが
良いという意見の方が
多いように思われる。

しかし寿命をどう考える
とか、時間とお金の考え
方は各人各様である。
働ける間は働いて、私的
年金を含む資産を形成し、
働けない状態、あるいは
十分資産形成してもう
働く必要を感じなくなった
ら公的年金を受給すると
いう基本方針で自分の
状況に応じて決めるのが
一律遅くすべきというより
も理にかなっている。

私のよう既往症があり、
健康でないというのも
大きな要因。

実際に考えても国民年金
だけでは40年かけていて
も現在は年間80万円弱
程度。
金額が少ないので遅ら
せて増加しても微々たる
もの。
厚生年金が多くもらえる
人には意味があるかも
しれないがそういう人は
老後の生活に困る人は
少ないと思われる。

最後に記事内には数値
に間違いがある。
記事中には
現在の支給開始年齢は
基本的に65歳だが、
選択すれば60歳まで
開始を早めることが
できる。
また70歳まで受給開始
を遅らせることもできる。
受給開始を1年遅らせる
と年間受給額が8.4%
増え、逆に早めた場合
には8.4%減る仕組み
になっている。

とあるが
遅らせた場合の8.4%は
正解であるが、
早めた場合は年6%減で、
60歳からで5年早めると
30%減です。

頭と尻尾はくれてやれ


今の株高で良い思いを
している人も多くいるの
ではと思います。
一方ビットコインはがたがた
しています。

こういう時こそこの格言を
心に刻んでおく必要が
あるの」ではと感じます。

株式相場格言の一つで
「頭と尻尾はくれてやれ」
というものがある。
「頭」と「尻尾」は儲け損ねた
利益のことを指しています。
その利益を「くれてやる」のは
この儲け損ねた利益は取引の
タイミングを逸することがない
よう必要なコストとして考える
というもの。

頭というのは相場の天井
(高値)を指し、尻尾は相場
の底(安値)を指す。
つまり、投資をするとき天井
(高値)で売ること、底値
(安値)で買うことにこだわらず
ほどほどにするべきである
という格言となる。
相場を読むのは難しいでので
ほどほどでOKという考え方が
相場を長く続けるためには
大切なこと。

生きていくうえでもこのよう
に考えたほうが色々と幸せ
になれる良いと思うのである。

「iDeCo」 名称は公募だったのか


確定拠出年金制度には
企業型と個人型がある。

会社員時代には企業型に
入っていたが会社を辞めて
個人型確定拠出年金に
切り替えた。
その頃はまだiDeCoとは
呼んではいなかった。
間もなく60歳となるので
受け取りをどうするかを
決める必要がある。

最近になって(2017年より)
個人型確定拠出年金は
「iDeCO (イデコ)」
という愛称で呼ばれだした。

FP検定を2年前に受けたが
その後、制度や仕組みが
変わっているのでもはや
知識が古くなっている。
過去問題が正誤が逆に
なったりするので毎年
最新版の参考書を買わ
ないといけないので受験
して落ちたら年度が変わる
と結構大変だと思う。

個人型確定拠出年金は
公務員や主婦は利用でき
ないと習ったが今では実質
国民全員が加入できる
制度に変わっている。

愛称は公募で選ばれたもの
で選定理由の記載があった。
---------------
・英語表記の
individual-type Defined
Contribution pension plan
の単語の一部から構成され、
個人型確定拠出年金を表し
ている。
また、「i」には「私」という
意味が込められており、
自分で運用する年金の
特徴を捉えていること。
・「イデコ」は親しみやすい
響きで、小文字と大文字
の交互の組合せが、
スタイリッシュでおしゃれ
な印象を与えること。
--------------

公的年金制度を補完する
ものであり、メリットも結構
あるので利用可能な人には
損はない制度と思います。
ただし、運用先も個人責任で
元本保証でない商品が多く
あるでその点注意が必要。

私は企業型の時は掛け金
が少なかったので、安全
重視で元本保証型に多くの
比率を割いた。
個人型に切り替えるときは
色々考えて結果は
新規掛け金分はインデックス
運用とアクティブ運用をほぼ
半々とした。
結果論であるが現在の株高の
恩恵を受けていることにはなる。

当時手続きに行った銀行の
支店には担当者がいなかっ
たのか本店の担当者とテレビ
電話で話しながら移管手続き
を行ったので思いのほか時間
がかかった記憶がある。
手続きや事前準備が必要だと
二の足を踏む人もいそうだが
今は少しは簡略化されている
のだろうか。

●iDeCoの特色
・基本的に60歳未満のすべて
の方が加入することができる
私的年金の一種
・掛け金を60歳まで積み立てていく
・運用は自分で責任を持って行う
・金額は最低5,000円から1,000円
単位で上限金額まで調整が可能
・掛け金の拠出時点、運用期間中、
受け取る時にそれぞれ節税になる


「国民年金」「厚生年金」 どちらかに保険が付く


正式名称には一方には
保険が付くが一方には
保険が付かないと知る。
FPの勉強をしたがこれは
意識していなかった。

厚生年金の正式名は
「厚生年金保険」
国民年金は
「国民年金保険」ではなく
「国民年金」

理由は国民年金には保険料
免除の制度があり、保険料を
負担して相互扶助するという
保険の原理に当てはまらない。
従って国民年金の名称には
保険が付かない。

具体的な免除の条件は
国民年金第1号の被保険者は、
毎月の保険料を納める必要
があるが所得が少ないなど、
保険料を納めることが難しい
場合は、
「国民年金保険料免除・納付
猶予制度」の手続きができる。
保険料免除や納付猶予になった
期間は、年金の受給資格期間
には算入されるが、年金額を
計算するときは、保険料免除
は保険料を納めた時に比べて
2分の1になる。

ではそもそも「保険」とは、
偶然に発生する事故(保険事故)
によって生じる財産上の損失に
備えて、多数の者が金銭
(保険料)を出し合い、
その資金によって事故が発生
した者に金銭(保険金)を給付
する制度。

「年金保険」とは、
保険の仕組みを使い、保険料
の拠出が前提となっている
年金制度。
主として私的年金のことを
言うが 、公的年金の仕組み
を指すこともある。

理解はできたが国民年金、
厚生年金で通じるので特に
覚える必要もないと思う。

FP検定ではこんなひっかけ
問題は出ないと思う。

 | ホーム |  次のページ»»