プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


「国民年金」「厚生年金」 どちらかに保険が付く


正式名称には一方には
保険が付くが一方には
保険が付かないと知る。
FPの勉強をしたがこれは
意識していなかった。

厚生年金の正式名は
「厚生年金保険」
国民年金は
「国民年金保険」ではなく
「国民年金」

理由は国民年金には保険料
免除の制度があり、保険料を
負担して相互扶助するという
保険の原理に当てはまらない。
従って国民年金の名称には
保険が付かない。

具体的な免除の条件は
国民年金第1号の被保険者は、
毎月の保険料を納める必要
があるが所得が少ないなど、
保険料を納めることが難しい
場合は、
「国民年金保険料免除・納付
猶予制度」の手続きができる。
保険料免除や納付猶予になった
期間は、年金の受給資格期間
には算入されるが、年金額を
計算するときは、保険料免除
は保険料を納めた時に比べて
2分の1になる。

ではそもそも「保険」とは、
偶然に発生する事故(保険事故)
によって生じる財産上の損失に
備えて、多数の者が金銭
(保険料)を出し合い、
その資金によって事故が発生
した者に金銭(保険金)を給付
する制度。

「年金保険」とは、
保険の仕組みを使い、保険料
の拠出が前提となっている
年金制度。
主として私的年金のことを
言うが 、公的年金の仕組み
を指すこともある。

理解はできたが国民年金、
厚生年金で通じるので特に
覚える必要もないと思う。

FP検定ではこんなひっかけ
問題は出ないと思う。
スポンサーサイト

国民年金 任意加入、追納、後納 


今年中に国民年金の納付
年齢の上限である60歳を
迎える。
しかし繰り上げ支給を申請
しない場合、養老基礎年金
支給開始は65歳である。

2年前に会社を退職して厚生
年金から国民年金に加入し、
その後払っている。

しかし会社員になる迄の20歳
から2年と少しの間は大学生
であったので未納期間が存在し、
480月の満期、満額とはならない。

まずは不足月分を払う方法に
何があるかを調べる。

後から払う制度は色々あるが
条件等違いがある。

ここでは後納、追納、任意加入
について書く。

・後納制度
過去5年以内の未納期間に
ついて、保険料を納めること
ができる制度。
追納制度は、過去10年以内
の免除(学生納付特例、
納付猶予含む)
期間について、保険料を
納めることができる制度。
いずれの制度も、納付の
申出が必要で、納付の
申出をされた年度から
起算し、3年度より前の
期間は一定の金額が
加算されることになる。

・任意加入制度
60歳までに老齢基礎年金
の受給資格期間を満たして
いない場合や、40年の納付
済期間がないため老齢基礎
年金を満額受給できない
場合であって、厚生年金・
共済組合に加入していない
ときは、60歳以降
(申出された月以降)
でも任意加入することが
できる。
1.年金額を増やしたい方は
65歳まで
2.受給資格期間を満たして
いない方は70歳までの間
3.外国に居住する20歳以上
65歳未満の日本人の方も
任意加入可能。

今年受給資格は最低25年
から10年に短縮された。
それでも納付期間が足りない
人はこの手ですね。
私の場合も480か月満期に
するためには任意加入を
すれば良いということになる。

しかし長生きしないと得に
ならないのが国民年金制度
であるので、病気持ちとして
はどうすべきか考えてしまう。

今後のリスクや損得を加味
して任意加入をするか、
受け取り開始時期を何時に
すべきか考える必要がある。

老齢基礎年金の受け取り
年齢を繰り上げると毎月
0.5%減額される。
5年繰り上げて60歳支給
開始だと満額に対し年額
30%の減額で70%支給。

繰り上げのメリット、デメリット、
もあるが自分がいくつまで
生きるかの推測、予測。
そして受け取り総額が
何歳時はいくらになるか
判断する必要がある。

これはギャンブルとまでは
言わないが一種の掛け。
加えて
インフレとかデフレとか、
年金の仕組みの変化、
今後の金額の変動とか
の要素も考えるべき。

一方支払い開始時期を
遅らせれば1月の当たり
0.7%の増額である。
5年繰り下げて70歳支給
開始だと支給額は42%増額。
まだ働いているとか、長生き
するとかが前提となるので、
この選択肢は自分には考える
必要はないと言える。

自分の今の環境も踏まえて
どう選択するか検討をしたい
と思う。

FP検定番外編 ついでのマイナンバー検定2級


FP2級検定のテスト(2016.1.24)から
3週間しか準備期間がないとわかって
いましたが勢いでマイナンバー2級の
検定にも申し込んでいました。
(2016.2.14試験日)

FP検定と違い、マイナンバー検定はテスト
相当狭いので何とかなると思って申し込
みました。

FP検定後の合否発表まで他の事をして
いないとテストの出来が良くなかったとき
に落ち込むとだろうと思った事もあります。

結果無事というか計画通りに合格しました。
普段からマイナンバー関係のニュースに
関心があり、2-3週間の時間が取れれば
2級であれば問題なく合格できると思います。

頻繁にテストがあるので何かにチャレンジ
したい方には良いかもしれません。

Mynumber2

FP検定番外編 医療費控除 オムツは対象? 応用問題に即答できず。 FPの資格なんてそんなもの

FP検定番外編です。
父親が2月下旬から3月上旬まで入院
していました。
意識はしっかりしていたのですが、
ベッドから動く事を禁止されていたため
入院当初大人用のオムツを使っていました。
先日実家に帰った時に、母親から入院費
は来年の医療費控除の対象になるのは
わかるけどオムツ代はどうなのと聞かれる。
病院に入っている業者を使ったので
オムツ代と書かれた領収書はある。

FPのテキストにも、過去問にもなかった
ので考え込む。
パジャマは対象にならないのは知っていて、
その理由は入院していても、していなくても
パジャマは必要。
入院したからと言って必要となる特別なもの
ではないから。

でもオムツはどうなんだろう?
色々その場で考えたが即答できない。

結局国税庁の医療費控除対象のページで
調べる。
「傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで
医師の治療を受けている場合に、おむつを
使う必要があると認められるときのおむつ代。
この場合には、医師が発行した
「おむつ使用証明書」が必要です。」

ということで親からの質問に対する答えは
オムツの領収書だけではNG。また病状から
言ってもそう簡単ではなさそうである。
支払い金額が大きければ医師の証明書を
取って控除金額できる可能性があるが、
今回の金額から文書代金を払ってまで
する意味はなさそうと思うと解答。

その後たまたまその後行った病院の文書料
一覧を見るとありました「おむつ証明書」

FP2級に合格したと言っても実務上は知らない、
困惑すること多しです。

FP検定2級合格までの道のり(5) 試験日&合格

FP2級の検定は午前の学科と
午後の実技は個人資産。

1/26日は晴れていたがかなり寒い日
だったので完全防備して出かける。
普段以上の厚着+ホカロンの重装備。
午前中の学科、テスト時間は2時間、
出題数は60問。
テスト開始後一時間過ぎれば退席可能
であるが一通り回答するのに
1時間15分ほどかかる。
20分ほど見直して退席。
合格は正解率6割以上であるので、
まあ大丈夫だろうとの感触。

昼食後、午後の個人資産実技。
1時間半のテスト。
計算問題とかが入ります。
(電卓持ち込み可)
明らかに途中から集中力がなく
なっているのがわかる。
会社を辞めて長い時間集中する
事がなかったことと、午前に頭を
使ったことにより、頭が既に疲労
して働かない感じ。
何とか時間内に全問解答用紙を
埋めて退室。
合格自信があまりない感想。

その日の夕方正解が発表されて突き
合わせると、午前は合格ライン以上。
午後分は勘違いや、計算間違いが多い。
自己採点は合格率(60%)ぎりぎり。
これは合格発表を待つしかない。

このITの時代にマークシート式の試験
が合格発表までに1ケ月半近くかかる
のはどうかとも思うが、3/3にHP上で
合否発表があり、無事に合格でした。
合否のみの発表で点数発表はないので
どれほどぎりぎりだったかは不明です。

その後一週間くらいで合格証書が
届きました。

 | ホーム |  次のページ»»