プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
332位
アクセスランキングを見る>>


入院中 2015年9-10月

既に10日以上の入院生活
を過ごしている。
今回は結構大変でした。
後日もう少し良くなったら詳しく
振り返ります。
スポンサーサイト

退院しました 入院期間2015年9-10月

本日入院後14日目で退院できました。
入院前の体調が悪い時期を含めると
ほぼ3週間かかりました。

病名は肺炎ですがまだ、歩くのは息苦しいので
少し家で休養します。
今回はメモを取れないくらいの日もありました。
明日くらいから思い出しながら今回の病状
や入院を振り返るようにします。

肺炎で入院(1) 入院前病状(1) 2015年9月-10月 

このプログネタの為にわざわざ病気に
なっているのではないですがまたまた
ダウンしたので記録しておきます。

今回体調が少しおかしいと感じたのは
シルバーウィーク初日(9/19土曜日)。
少し発熱があったが午前中に用事は
終わるので外出するも昼前に帰宅して
念のために風呂も入らず夜も早めに就寝。
(でもラグビー南ア戦を見てしまった。
最初だけで見て寝ようと思っていたが
あの試合展開では途中で寝れません)

翌日曜日は起きると土曜日よりも悪化。
朝起きると喉の痛みが増しており、
熱も昼前に39度近くに、夕方には40度
超えとなる。
さすがに39度を超えるときつい。
一日中寝て過ごす。
解熱剤を飲んで熱が下がった瞬間に
食事する。結果この日に摂れたのは
1食だけでしたが、今までの経験から
水分補給が最重要だと理解している
ので薬だと思って意識して水分補給だけは
行う。

明日もダメなら休日でも病院に行くしか
ないかと感じ始める。
解熱剤(カロナール)飲んでも薬が切れると
熱熱熱です。
布団から動けませんでした。

肺炎で入院(2) 入院前病状(2) 2015年9月-10月 

シルバーウィーク3日目。(9/21)
昨日の大発熱があったので
どうなるかと思っていたら、朝は
解熱剤なしでも37度前半の熱。
体も少し楽になる。
もしかして峠を越したのかと思う。
自分の回復力もついたのかとも少し
悦に入っていたのだが・・・
大間違いであった

シルバーウィーク4日目。
3日目と同じような体調で微熱は
あるがまずまずで昼は外食に、
でも外食のみで即家に戻り休養。

所がその夜にまたまた大発熱。39度超え。
今回は熱プラス咳プラス背中の痛みが出る。
寝ていても背中が痛いのである。

シルバーウィーク5日目(9/23)。
発熱、咳、背中の痛みの続き。動けない。
終日寝て過ごすしかできない。

9/24(木)
状況変わらず。病院に行くか迷うが、今回最初
の症状が1日少しで回復したので、もしかして良く
なるかもとの期待もあって家で過ごすが良くならず。
もう一つ一日遅らせた理由がありますが書ける
タイミングが来たら書きます。

9/25(金)
病院に朝Telして行くことにする。
いつも行く病院の主治医がしばらく不在とい
う事で家から近い病院(分院)に行くことにして
妻の運転で病院で。体は辛い。

病院到着後は次回に

肺炎で入院 (3) 入院日 驚愕なCRPが48.1 2015年9-10月

9/25(金) AMに病院着。
最初内科の先生に診てもらい検査
がいろいろ入ったが途中から血液内科
の先生が代わって診てくれるということで
今までの診察検査予定はリセットで再診察。
そのにより検査を新しく入れられる。

レントゲン、CTに始まり、採血、採尿、点滴。
採血以降は内科処置室で寝ながらうける。
レントゲン時の息止めが苦しい。
CTは息を止めての間にこらえきれずに
呼吸してしてしまう。
再撮影かと思ったがOKだったが、これは
肺がやばいのではと自分で感じる。
でもこの時にCTの息止め時間のほうが
レントゲンより長いんだと変なこと知る。

血液検査結果では
CRP(炎症反応)が高いとのこと。
後で知ったのですが48以上あった。
即入院です。さすがに10回以上の
入院経験者でもこんな数値は初体験。
そもそもCRPが15-20の範囲でも
重体な疾患の発症の可能性が検討される
範囲であるので、そんな数値では死んでも
おかしくないような状況だったのか?

レントゲン、CTから肺炎であるとの診断。
そういえば今日はバイタルの中でも酸素濃度
を測られていないことに気づく。
看護婦さんがサシュレーション(正確にはSpo2)
を測るが70後半の模様。
あまりに低いので看護師さんあわてて何回か
図る。器械も変えて図るが70台前半から80台前半。
看護婦さんが慌てているのが居るのがわかる。
先生に指示をもらってから即酸素吸入が始める。

その後車椅子で酸素を吸いながら病室へ、
トイレに行く以外は自力では動けない状態でした。

でもトイレだけでもが自力で行けたので
最悪ではないかとか考えていた?

肺炎で入院(4) 入院生活(2) 2015年9-10月

入院初期は相当体調が悪く
病状や治療メモも取れない状況でした。
ただ単に寝ているだけでしたので
以後は記憶だよりの部分があります。

9/26(土)入院2日目
尿検査が入る。
炎症が背中まで回っているので
今回は背中が痛いのではと言われる。
終日酸素吸入でSpo2を維持させようと
するが油断すると数値が90以下になる。
看護婦さんそのたびに来て確認したり
酸素量を調整したりする。
今回はSpo2の測定器を常時指に
つけて、ナースステーションでモニタ
リングしているのでトイレとかで歩くと
すぐに下がるのでわかります。

9/27(日)
咳止まらず。発熱有。
点滴が入るので頻尿。
体がつらいのにトイレに数多く
行くのはつらいが実はこれが
唯一の運動であるので、一人で
いけるのであればなるべく
そうするようにしている。
体調が悪いのは変わらず。
終日酸素吸う。

9/28(月)
朝CT検査。車椅子に酸素を積み
酸素吸入しながら撮影するという
初めての体験。
終日38度前後の熱。背中の痛みは
当初全体が痛かったが少し範囲が
狭まった気はする。

今回は部屋の空きがないこともあって
入院は個室に入ったのでトイレは室内
にある。
ベッドの頭の部分にある酸素吸入器
からチューブで酸素を吸うのであるが
長いトイレまで届くまでチューブが
用意されたのでトイレにも車椅子
ではなく直接長いチューブで酸素を
吸いながら歩いていくという入院生活
をしていました。

肺炎で入院 (5) 入院生活(3) 2015年9-10月

9/29(火)入院5日目
38度前後の熱が出る。
咳が止まらない。
食事ととれない。
便通なし。
と体調は全く良くならず。
改善傾向と思われる兆しや傾向もなし。

9/30(水)
朝検尿、採血、体重40.5Kg、熱36.7度、
血糖値107
朝7時から点滴(これは入院後からずっとです)。
8時半朝飯。ずっとシャワーも浴びていないので
看護師さんに洗髪してもらう。
体も拭きますかと聞かれましたが、午後妻が
来るのでその時してもらいますと言って固辞。
若い看護婦さんだったのでこちらにまだ恥じらいが
あるということは頭はまだ正常だったという証拠か。
一方まだ風呂やシャワーに入れる体力はない。

レントゲン撮影 11時体温37.7度。
背中の痛みも少しあり、解熱剤の
カロナール飲む、
洗髪後にSpo2が80台になってしまう。
さすがに散髪時に酸素は吸わなかったので。
15時頃妻が来たのでタオルで体拭いてもらう。
その後点滴針交換してもらうも
針刺し2回失敗。

17時体温36.3度、血糖値260。
点滴は5時間点滴が2本(水分と栄養関係)
7時1時7時夜中1時と4回の抗生剤の点滴。

まだまだ復調を感じない。

肺炎で入院 (6) 入院生活(4) 相変わらずCRP高し 2015年9-10月

9/30(水) 入院6日目

朝7時体温 36.9度、血糖値106。
11時半体温36.4度と、熱は収まったが
背中が少し痛い状態が継続。
少し改善も大幅に改善してるとは
言い難い。
病気のせいもあるがベッドが少し合わなくて
痛いのではとの疑問も合わせて出る。
なぜなら痛みの個所が日によって少し違う
のである。

シーツ交換が入る。
椅子に座って終了を待つ。
まだ部屋の外へ行って散歩する等
できない状態。
背中が痛いので昼食後カロナール飲む。
17時血糖値335。点滴でビーソフテンが
入っているので当然血糖値は上がるので
インシュリン注射打たれる。

血液検査から、すべて順調であれば
来週末には退院できるかもとの話がでる。
前日の検査でCRPが16.7まで下がったの
が主理由だがまだまだ高いよなと感じる。
それに薬の影響だと思うが血小板数
激減が気がかり事項。
今までの入院であれば退院できそうだ
と感じる体調に戻ってから5日-7日ぐらい
で退院というのが通常。
今回はその退院できそうだという感じに
まだなっていないので、これは予定通り
退院できないかもという感想と予定通り
退院しても退院後は少し大変かなと思う。

10/1(木)
朝検尿、採血、体重40.5Kg、熱36度台、
血糖値107。
朝7時から点滴開始される。八時半朝飯。
8時45分洗髪。9時15分朝の薬、点滴5時間、
レントゲン撮影に呼ばれる。
11時体温37.7度。
熱が少しあるので13時にカロナール飲む、
洗髪後Spo2が80台になってしまう。
夕方17時36.3度、血糖値260。
20時点滴全て終了。

肺炎で入院 (7) 入院生活(5) シャワー入るが疲れる 2015年9-10月

10/2(金) 入院8日目

朝体温37.5度、採血8本。血糖値96、
体重、40.6Kg。
11時血糖値235。
14時入院後初めてのシャワー、
私の場合まず体力の回復度合いは
シャワーや風呂に入るときのつらさや
その後の疲れ具合で計る。
(これも経験値ですね)

第一関門が一人で風呂あるいはシャワー
に行けてその後も問題なく動けることです。
そうすればその次に散歩再開というステップ
に進みます。
が今日のシャワーはまだ疲れまくり。
椅子に座って体や頭を洗うのまでは良いが
終わってその後立って体を拭くとか、服を
着るとかはできず、椅子に座って行う。
シャワーを浴びるだけでもでも息切れして
しまい、その後服を着ることが立ってできない
のである。
なので入院時は妻にシャワーに付き添って
もらい後処理をお願いしている。
入院して1週間となるが今回のシャワーでの
疲れ具合からまだまだ回復には時間が
かかると感じる。

肺炎で入院 (8) 入院生活(6) 酸素少しは改善傾向か? 2015年9-10月

10/3(土) 入院9日目

朝体温37.3度、昨晩ほとんど眠れず寝不足、
右背中が少し痛い状態。
10時体温36.9度、背中の痛みが増したので
カロナール飲む。
17時血糖値267。夕方まで酸素吸入要状況
が続く、トイレに行くと即Spo2が90切る状態
となる。
しかし夕方からはトイレに行っても95位を
保持していて少し問題なくなったように感じる。
でも念のため病室から出ずに酸素を吸って
寝ていた。

今日は一番上の孫の幼稚園の初運動会
でしたが残念ながらというか入院中なので
当然参加できず。
来年は体調を整えて行かなければと晴天
の空を見ながら思う。
でも天気が良すぎて紫外線を浴びてはいけない
膚を持つ人間には日焼け対策が相当必要と
変な所を心配したする。
でも今のこの状況を脱出しないと運動会どころ
ではないと思いなおす。
やはり普通に暮らせる、外出できる生活が恋しい。

肺炎で入院 (9) 入院生活(7) Spo2不安定のまま 2015年9-10月

10/4(日) 入院10日目

朝体温37.2度、体重39.7Kg
背中が痛いのが病気なのか、
ベッドが理由なのか以前不明。
昨晩はラグビーを観ていたので
完全なる寝不足気味。
朝Spo2が90程度しかない。
昨日夕方から酸素吸入はしていない。
なぜなら昨夜は95位あったからもう大丈夫
と思っていたので。
どうも朝は夜に比較して数値が低いのでは
ないかと思われる。

夕方17時体温36.7度、今まで5時間点滴が
2つで10時間拘束だったが今日から一つ
になる。点滴拘束時間が短くなることは
ストレスが少しなくなります。
午後はSpo2は97位で落ち着く。
(酸素は吸ったり吸わなかったり)
でも昨日、今日のことがあるのでこれで
問題がなくなったとは信じられない。
14時半頃シャワー浴びるがまだ疲れる。
回復に向けて大きく前進してるとは
いえる状態ではない。

肺炎で入院 (10) 入院生活(8) 入院後初歩き 2015年9-10月

10/5(月) 入院11日目

朝体温36.5度、体重39.4Kg。採血。
朝のSpo2は95前後。
ビーフリードの点滴が10時半に開始。
5時間で落とす予定。
今日の採血でCRPがやっと3台になる。
最短木曜日退院で調整開始。
正式には明後日水曜日朝の採血結果
により決定する。
大きな問題がなければ退院となるはず。

午後入院後初めての院内散歩を開始する。
散歩開始までこれだけ時間がかかった
のは過去あまりなかった。
少し歩くがやはり息切れする。

10/6(火) 入院12日目
朝体温36.5度、体重39.6Kg。
背中の痛みはなくなる。
シーツ交換入る。
入院後初、朝売店迄歩いて行く。
少し辛い。帰りは途中で休憩を
いれてから病室に戻る。
というか休憩が必要な体力。
午後にシャワー。
2日前のシャワーを浴びた時よりも
少しだけであるが体は楽に感じるので
最悪時は脱したと感じる。
Spo2は終日98位で安定。
散歩後もそれほど落ちなかった
ので一安心。
もう酸素は必要なさそうなので
吸わずに過ごす。

肺炎で入院 (11) 入院生活(9) やっと夜に退院OKがでる 2015年9-10月

10/7(水)
朝体重39.6Kg。採尿。採血。体温36.5度、
Spo2は98位を常時維持している。
朝食中コードブルー患者が出たとのことで
病室移動を依頼される。
(この時のことにつては番外編で書きます)
その患者の影響かは不明だが先生が
なかなか来ずに、夕方17時になっても明日
に退院出来るかどうか決まらない。
今日の血液検査結果で退院できるか
決めるということなのでなるべく病室に
待機していたのであるが・・・

看護師さんに依頼して聞いてもらっても
電話に出れないとか、
まだ検査結果が見れていないとかという
伝言が来るだけで結論は出ない。
明日退院であれば時間を決めて迎えに
来てもら必要があるのでOKかNGかだけ
でも早く決めてほしいのである。
病院側の対応の遅さにかなりカチンと来た。
夜18時頃やっと先生が来て明日退院でokがでる。
今点滴の抗生剤が退院後は内服薬になる。
やっと病院からの脱出確定です。

肺炎で入院(番外編) 緊急事態:コードブルー発生 2015年9月-10月


今回の入院中、朝飯を食べていると婦長さん
(今は師長さんが正解か?)が登場して、
少し焦った口調で、すいませんがコードブルーが
発生したので部屋を変わって(空けて)いただけ
ませんかと依頼される。
師長さん、患者に専門用語を使うとは相当切羽
詰まった状況なんだと冷静に考えている自分がいた。
そういえば昨日の夜、面会時間が終了しても
家族が残って居たのでそういうことだったのか知れない
と理解する。
了承すると師長さんの行動早い、書類や何やら
すぐに揃えて即サインさせられるともに、10分位で
看護師さんが5人以上来てベッドごと移動して病室移動が
完了。緊急事態だとみんな行動早いんだと変に納得。
(まだ歯磨き途中だったのに・・・)

コードブルー:ドラマや映画の中で使っていたのを
知っていたので意味はだいだい理解していましたが
入院病棟で聞くと、やはりここは第一線の現場なのだ
と痛感する。
一応正確な意味を載せておきます。
「コード・ブルー」とは救命救急センター(ER)で
使用される隠語のひとつで、患者の容態が急変
したことを知らせるもの。
緊急事態発生・至急全員集合を意味する。

肺炎で入院 (12) 退院(計14日間の入院) 2015年9-10月

10/8(木) 退院

計14日間の入院生活でした。
いつもの退院時より体力的には
まだ不十分と感じる部分があったが
やはり病院より家で過ごしたいと
希望が強く、結構強引に退院した
という感じ。
午前中に迎えに来てもらい昼前には家に。
まだ階段は体力的にきつい状態。
午後に家の風呂に入るもやはり体力面の
回復はまだまだと感じる。
風呂を出た後しばらく横になって休息が必要。
でも食べたいと思うものを食せる事が食欲は
それほどでもないのであるがうれしくかつ
幸せに感じる。
そういうストレス面が少なくなることも
退院を少し急いだ意味もある。

ということで退院後はいつもより長めに
静養する必要があると感じています。

しかし体重が移植後最低の38Kg台。
これだけは何とかしないといけないのだが
食事量が取れないというのが最大のネック。

肺炎で入院(番外編) 入院中の食事量申告 間違っていたのかも 2015年9-10月

今回の入院で初めて疑問を持ち過去
の入院時の申告はどうだったのか、
間違っていたのかもと感た。

私の経験からも入院中の人には毎食
食事がどれくらい食べられたかを看護師さん
に聞かれ、自己申告している人もいると思う。
食事量が点滴の種類や数、退院可能かの
判断材料なので重要性は理解している。

今までの入院では出された病院食をどれくらい
平らげたか? 完食とか80%とか50%とかで
答えていた。

でもよく考えてみると今回の入院前の状態
でも毎食出される病院食を完食できる食事量
までは明らかに食べていない。
それに結構病院食の量は多いのである。
相談というか看護師さんと話すと確かに
量は多いですよねと同意された。
ということで、今回の入院では、出されたもの
の約XX%食べましたが、普段(入院前)の食事量
に比較するとYY%位ですと答えるようにした。
最近はずっと小食ですのでと。
入院前の量は1人前の8割くらいだったので、
出されたものの80%食べれれば自分にとっては
完食したのと同じです。
かつ病院食の量自体の問題もある。

何故今まで気づかなかったというか、
考えもしなかったのかと思う。
完食を目指して無理して食べていた
こともあったような記憶が・・・・

肺炎で入院(番外編) 思い切りの良すぎる看護師さん 2015年9-10月

今回の入院でいままでで一番思い切り
の良い看護師さんに会う。

入院中は数日おきに採血や点滴針
の交換のために針を数多く刺されるので
あるが、多くの看護師さんは針を入れる
位置を慎重に確認してからここで
取りますという感じで十数秒から長い
と2分程かけてから行うのであるが、
今回一度だけ採血に来た看護師
さん、3秒くらいで刺す位置を決めて
ブスリ。でも見事に採血失敗。
ごめんなさいと言いながらその3秒後
には別に位置にブスリ。
2度目は成功。でも朝の採血からは
血糖値を一緒に計るのであるが忘れた
らしく10分後に血糖値測定するので耳を
貸してくださいでチクリ。

計3回刺されるも今まで経験した採血時間
の中では最短。
2,3分どこに針を入れるか慎重に考えて
結局失敗されるよりは良いかと考える。
慎重に見極めるのならば絶対一発で入る
よねと期待というかそうでないと困るが、
結構失敗する場合がある。
一方素早くやってくれるのは、一度くらい失敗
しても許してもいいかと思うがやるべきことは
忘れないでねと言う思いはある。
でもこのやり方で採血技術が上達しているか
のほうが患者にとっては重要なことですね。

肺炎で入院(番外編 もしかして頭痛だったのか) 2015年9-10月

普段から頭が痛くならない人間である。
だから頭が痛いということに対して鈍感
あるいは無知だったのかもしれない。
頭が痛いという感覚がいまいちわからない。
頭が熱っぽいとか言っているのかも。
今思い返すと今回の入院中には頭痛があった
かも知れないと思い始めている。

耳が遠い人が自分では耳が遠いというか
普通の人が聞こえるべきものが聞こえない
としてもそれに気づかないので、
他人に指摘されない限り耳が遠いとは
気づかない。
それと同じで頭痛も自分自身で頭痛と
認識できなければ申告できない。
入院中申告できていればもう少し違う対応
があったかもしれないと思う。

とはいえ実は、10年ほど前に頭が重い
感じが何日か続いた時があった。
別に風邪等の他の症状はなかった。
今まで経験がなかったので急に弱気に
なり脳ドックを受けようと専門病院に電話
でいつできるか、幾らぐらいかかるか等を
聞いたことがあった。
答えは自覚症状があれば脳ドックでなく
直ぐに通常診察で健康保険が効いてドック
並みの検査が検査できますよと言われて
それはそうだと思った記憶がある。

会社を早々に休んで検査に出かけて行った。
検査結果は特に問題なしであったので安心した
記憶が蘇る。

肺炎で入院(番外編 入院中の血球値推移) 2015年9-10月


今回の入院を血球値の変化で振り返ります。

数値は
入院日(9/25) 9/28 10/2 10/7(退院前日)の順

CRP:48.1 15.5 7.6 1.8
白血球数:5.8  9.1  7.7  3.9
ヘモグロビン:9.6  9.0 7.9  7.8 
血小板数:83  40  28  69
クレアチニン:1.39 1.00 1.05 1.32

ちなみにこの病院の標準値は
CRP:0.0-0.3
白血球数:3.4-9.2
ヘモグロビン:13.0-17.0
血小板数:141-327
クレアチニン:0.65-1.06

やはり入院時のCRPの高さが異常。
途中血小板数が減少し輸血するかどうか
ぎりぎり水準まで来ていたことが分かる。
これ以上下がれば輸血と言われていました。
結局は下がらず血小板輸血は行いません
でした。
この数値を見ても今回の入院は大変
だったんだと思います。
でも退院時クレアチニンが高いなぁ
というのが印象。

改めてCRPの値の意味を調べると
20以上は書かれてもいない。
やはり相当ひどかった。
【CRP数値の基準値の範囲】
範囲                  単位(mg/dl)
一般的な基準値の範囲        0.3以下
軽い炎症などが検討される範囲 0.4~0.9
中程度の炎症などが検討される範囲 1.0~2.0
中程度以上の炎症などが検討される範囲  2.0~15.0
重体な疾患の発症の可能性が検討される範囲 15.0~20.0

肺炎で入院 (13) 退院後の状態(1) 2015年9-10月

10/8(木)の退院後の状況。

退院後は2日ほどは家から出ずに静養。
食べたいものを食することで食事量は
だんだんとれるようになるが体重は38.5Kg
まで低下して移植後の最低記録を更新して
しまった。
今年7月の入院後徐々に体重を増やして
来たのであるが一気にそれ以上を失う。

体調面は退院3日後位から風呂に入ること
自体には大きな障害がなくなる。
まだ少しだるいし、風呂後数分の休憩が
必要であるがだいぶ改善される。
でもやたらと睡眠時間が長い。
体を休める意味で睡眠導入剤を飲んで
いるのだが夜は11時間位、プラス昼寝
までしている。
まだ体は休めと言っているようだ。

その後数日たっても倦怠感や眠気が
続き本調子にならない。
一日中横になっている日が多く、
外出も極力控える。

考えてみると、退院時に出された薬の
可能性もあると思い、自分勝手である
が休薬してみる。
(先生ごめんなさん)
合わせて睡眠導入剤もやめてみる。
これでどうなるかを見てみることにした。
次回の外来日までは大人しくしている予定。

 | ホーム |  次のページ»»