プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


5月の通院日数が9日。 これは過去最高。 医療費も高し


2016年6月になりました。。
先月5月はゴールデンウィークがあり
ながら、通院9回と病院通いの月でした。

内訳は
血液内科:2回
歯科:3回
口腔外科:1回
皮膚科:1回
眼科:1回
整形外科:1回
(その他体調悪くて2日間は完全ダウン)

6病医院です。
医療費も高かったです。
支払い総額は14万5千円程度となる。
と言ってもほとんどは白血病関連。
割合はほぼ10対1。
1はその他5病院合計金額です。
さらに言えばGVHD関連の薬代だけで
全体の3/4以上を占めました。

血液内科関係:約131,000円
診察:17,000円
薬:114,000円

その他:5病院で
約13,000円

5月に一生懸命通院したので6月の
通院は少し楽になりますが、既に
眼科と歯科は行く必要があります。

スポンサーサイト

イトリゾール内用液 調べておくことにする

前回のブイフェンドの副作用に
気づくのが遅かった反省を込めて
今回新しく出されたイトリゾール
内用液について副作用は調べて
おくことにする。
ブイフェンドと同じようなことが書いて
あるのが不安といえば不安。
1週間ほど体に変化があるかを見守る
こととにする。
久しぶりの飲み薬、もとは苦いにの
甘くして飲みやすくしているようである
がその苦甘が後味悪くだめなんだな。

概説:
真菌(カビ)を殺菌する薬。
真菌が原因の病気に用います。

【副作用】
胃の不快感、吐き気、嘔吐、
腹痛、下痢発疹、かゆみ、
光に過敏、肝機能値の異常

「知らなかったシリーズ」 アルパカは羊?駱駝?


クラレ ミラバケッソのCMでお馴染み
のアルパカ。
アルパカは漢名で羊駱駝と書く。
羊なのか駱駝(ラクダ)なのか?
あの毛並みから羊の種類だと
思っていたが駱駝科である。

もふもふでボリューミーな毛で覆わ
れたユニークな見た目が特徴。
ラクダのようにコブはないものの、
長いまつ毛の愛らしいパッチリお目々
やちょっととぼけた愛嬌ある顔立ち、
しなやかな長い首などは、ラクダとよく
似ています。

と書いてあるものもありますが私に
はやはり駱駝には見えないな。

「知らなかったシリーズ」 罰金、科料、過料

これも違いを知らず。
「罰金」が全てと思っていた。
というより罰金以外はよく知らない。

日本の刑法では、
◆身体的な自由を束縛をする自由刑
(懲役、禁錮および拘留)
◆財産を召し上げる財産刑
等がある。

「罰金」と「科料」は財産を召し上げる
財産刑。
罪が重いのが「罰金刑」で
比較的軽いのが「科料」。
違いは金額が違う。
金額が1万円を超えるものを「罰金」。
超えなければ「科料」。

一方「過料」は国または地方公共団体
が行政上の軽い禁令を犯した者に対し
て科する金銭罰。
条例では、最高5万円以下の「過料」
を課すことが出来るため「科料」よりも
重い「過料」も存在する。
金銭を徴収する金銭罰ではあるが、
罰金や科料と異なり、刑罰ではない。

なお「反則金」とは、交通反則通告制度
に基づき課される「過料」のこと。
道路交通法に違反したもののうち反則
行為に該当すると判断された者が刑事
手続を免れる代わりに納付する制度。
(だから払わないと刑事手続きに入る)

「罰金」、「科料」、は刑事罰、財産罰。
「過料」は行政罰、金銭罰。
の違いであった。

同じ読みなので「過料」を「あやまちりょう」
「科料」を「とがりょう」と呼ぶことがある
ということのようである。


がんで退職、4割が治療開始前に

YomiDr.の記事です。

がんによる退職理由の上位は
「職場に迷惑」「両立に自信ない」。
実に4割以上が治療前に退職を
決めているとある。

同じ境遇を味わった身としては
わかるし、理解はできる。

記事の中で
研究班の高橋都・同センターがん
サバイバーシップ支援部長は
「診断後すぐに退職を決断する人が
思いのほか多かった。」
と書かれている。

私の場合、最初の白血病時は告知日
に即入院したので、まずは今の仕掛中の
仕事の後始末周りの人に対応してもらう
必要があり、その後そのまま即治療開始
なので、会社の休みの手続をして、
他のことを十分考える間もなく抗がん剤が
開始され、抗がん剤で体がやられ、
やっと一段落してから、その後の事
をすこしつず考え出しという感じでした。
併せて治療法でも移植する、しないか
とかがあり、仕事をどうするかを真剣に
考えたのはそれらがある程度おちついて
からでした。

口腔がんの際は告知から手術まである
程度時間があったのでいろいろな事を
考えましたしいろいろな人と相談もしました。
可能性をいくつか考える時間もありました。
病気により治療や手術まで時間的な余裕
がある場合とない場合で大きな違いが
あること、また時間があると将来を悲観し
すぎてしまうことがあるのかもしれません。

白血病の場合、治療し、移植し暫くたつと、
前と同じにはできそうにもないと思うが、
病気後でもどれ位やれるかを試しはみたい
という気になるようになりました。

幸いにも会社のセーフティネットが良く
3年近い休職を許され、復職後も最初から
フルタイムではあったが周りのサポートも
あり、病気も理解してもらい何とか復職
することができました。

ただし復職後1年近く経ってもやはり、昔のように
体は動くようにはならず、すぐ体調が悪くなる、
あわせて無理はできない。
(少し無理すると1週間体が持たない)
時間が経っても復職時からほとんど改善した
というものがないのが現実であった。
そこへこのタイミングで口腔がんが告知される。
その入院、手術でQOLがさらに下がる。

当然仕事面でも、
やるべきことができていない。
しなければいけないことができない。
という実感を自分が一番感じる。
それが逆に周りに迷惑、心配、負荷
をかけていると考えるのである。

合わせて通勤にそれなりに体力を使う
ので、体のことを考えるとゆっくり休む
ほうがよいのではないかと考えました。

以上の理由から復職後ちょうど2年で
辞めるという選択をしたわけです。

病気の種類や病気後の体調による部分
は多いですが、
仕事内容や職場環境で、私より上手く
復職できる場合もあると思いますので、
許されるのであれば治療にチャレンジして
その後の仕事に関して決めるというのも
ありと思います。

記事は以下です。

「職場に迷惑」「自信ない」…がんで退職、4割が治療開始前に

「知らなかったシリーズ」 「痘痕も靨」 "も"しか読めない

「痘痕も靨」

読めれば意味はわかる人は多いはず。
私は”も”以外は読めなかった。
特に「靨」は見た記憶もない。

意味は、恋する者の目には、相手の
あばたでもえくぼのように見える。
ひいき目で見れば、どんな欠点でも
長所に見えるということのたとえ。

痘痕(あばた)、靨(えくぼ)共に読めない。

痘痕とは
皮膚の水疱 (すいほう) 。
痘瘡 (とうそう:天然痘) が治ったあとの
皮膚に残る小さなくぼみ。

あばたの語源は
あばたは、「かさぶた」を意味する
サンスクリット語「arbuda(アルブタ)」
の音写「あ浮陀(あぶだ)」が訛った語。
と言われているようです。

「知らなかったシリーズ」 「梨の礫」 礫が読めない

梨は読めるが、礫は?
”なしのつぶて”と言われれば
聞いたことがあり、意味も分かる。
でもどうしてこう言うのか、
なぜ梨が関係あるのか?

読み方:なしのつぶて
別表記:梨の礫、ナシのつぶて、
ナシの礫、梨の飛礫

返事がない、応答がない、
無視されている、などの意味で
用いられる言い回し。
主に、連絡を試みたが相手からの
反応がないさまを表現する言い方
として用いられる。
「梨」は「無し」にかかる語呂合わせ
とされる。
語調を整えつつ「(反応)なし」の
意味合いが添えられる。

梨とは関係”ナシ”であったか。

「礫(つぶて)」は、主に武器として
投げつける石などのことをいう。
「梨の礫」は投げた小石のように
帰ってこないものの例えであり、
手紙などの返事がなかったり、
お使いに出した子どもが行った
きり帰ってこないケースなどで
用いる。

がん患者の8割は「栄養不足」で亡くなっている? 裏は取れていないが当たっていそう

このような記事があった。
数字が正確かは不明であるが
自分の経験から個人的には結構
当たっている可能性が高いのでは
と思う。

自分が病気して5年以上経って、
現時点で優先順位が高いものは

1.口から食べること
 (食事の量も重要)
2.歩くこと
 (距離も重要)
3.頭を使うこと
 (新しいものを思える、学ぶ)

という結論に達したので、口から
食べることは今は何をおいても最重要
だと考えています。
好なものだけでもよいのでがある程度の
量を三食とることが優先です。

体調が悪くなると上記全てが十分
でなくなり、黄信号から赤信号になり、
食べられない、動けないの悪循環の
サイクルに結構長い間入ります。

合わせて白血病後だと感染症に対
する免疫力がないので、色々感染
しないように注意されますが、運悪く
感染してしまうこともあるので、その際は
体力勝負なので、その時の為に食べて
少しでも体力を蓄えておかなければ
と思うようになっています。
実際食事量が多い時期の体の不調
は他の時期に比べて少しは早く回復
できるようになって来ていると感じて
います。

本発言の主は、緩和ケアの第一人者、
東口高志氏
(藤田保健衛生大学医学部教授)
のものです。

抜粋すると以下です。
「がん患者はがんによって亡くなると
思われるでしょうが、実はがん患者の
死因の8割になんらかの感染症が
関連している可能性があります。
そうした感染症はがんによって引き
起こされたものではありません。
その多くは、不適切な栄養管理に
よる栄養不足が原因と考えられます。
栄養不足で免疫力が低下し、健康
な人なら何ともない弱い細菌に感染し、
回復できずに亡くなるのです。」

がん患者が亡くなる本当の原因 8割が「栄養不足」?

「知らなかったシリーズ」 結婚の祝辞 悲しみ半分、喜び倍、そして実は言わないが最後に最重要な言葉があった


結婚は「悲しみを半分」にし、
「喜びを二倍」にする。
結婚式の祝辞でよく使われますね。

普通の祝辞はそこまでですが、
その続きが重要である。

「結婚は悲しみを半分にし、喜びを二倍にし、
出費を四倍にする。」

Marriage halves our griefs, doubles our joys,
and quadruples our expenses.

老婆心ながら、ここまで言って結婚の現実を
教えるべきかもしれないと思うようになる。

「知らなかったシリーズ」 絹さやは食べるが、グリーンピースは好まない


個人的にグリーンピースは好まない。
なぜ入っているかと思う時がある。
シュウマイに必要があるのか。
チャーハンに必要があるのか。
食後グリーンピースだけ残っている
事多しである。
だから知ろうとも調べようとしなかった
ということか。

絹さや(さやえんどう)とグリーンピース
はどちらも同じ植物。

実が完熟したのが「グリーンピース」、
「えんどう豆」、若い未熟な時に収穫
されるのが「さやえんどう」
さやも実も食べられる柔らかさです。
4~5月緑色のさやの中の豆粒が少し
ずつ大きくなり、そのとき収穫すると
「さやえんどう」。
6月まで完熟させてさやが枯れた色に
変色してから収穫すると「えんどう豆」
「グリーンピース」となる。そうである

未成熟な莢(さや)を食べる「さやえんどう」、
未成熟な莢と実を食べる「スナップえんどう」、
未成熟な実を食べる「グリーンピース」、
完熟した豆として食されるのは「えんどう豆」

「さやえんどう」は普通に食べていた。
のちにグリーンピースになるからと
言って「グリーンピース」を特段食べたいと
は思わないかな。
触感も違いすぎる。

「死ぬまでに決断しておきたいこと」

「死ぬまでに決断しておきたいこと」

yomiDR.の1年以上前の記事です。
終末期を意識しているのですが
自分でも将来いつどうなるかわから
ないので考えておく、周りに伝えて
おくことは重要な事だと考えます。

2011年の国際長寿センターによって
行われた
「理想の看取りと死に関する国際比較研究」

日本人の特質が良く出ていると思います。
だからこそ本人意思をその前に明確に
しておくべきです。

具体的には
日本人は「死についてよく考えるか」
に関しては他国より上位の回答率。
看取り方針の選択理由に関しては
生存時間を挙げる割合が他国より
多いという特徴がある。
一方、生活の質(QOL)を挙げる
割合が他国に比べて低い。
本人や家族も延命治療はしてほしく
ないという意見を多く聞くが、最終的な
選択としては少しでも長く生きてほしい
ということになることが少なくない
ようである。

これには事前に何も本人から家族に
伝えられていなかったため、意思表示が
できなくなってしまった本人に代わって
家族が迷いながら決断し、ご本人の意思
が本当に反映されているのかが分かり
難いというような例も多いと聞く。

また家族が決断について迷った際は、
わかりやすい尺度である「命の長さ」に
時として傾く。
家族の間で延命重視か否かで意見が
割れた時、延命治療に反対している
家族も「自分一人の決断で命を縮めて
しまうのはまずい」と思って苦悩の末に
翻意し、延命重視に舵が切られること
もあると聞く。

死ぬまでに遭遇する決断を事前にして、
それを周囲に伝え、自身が意思表示
できなくなった際の代理者を決定して家族
に周知するか、あるいは反映してもらいたい
意思を紙に記し、そのありかを家族に教え、
そうすることで人生の最後まで自身の思い
を反映でき、またご家族も困らない、双方に
とって悔いの少ない状況となるはずである。

私は自分の意思表示として
・延命処置は拒否する。
・QOLが最重要である。
の2点である。
これだけで解決しない問題として、医師
から治療すれば命は助かるかもしれな
いがその場合でも、治療後のQOLが大きく
下がると宣言されるケースである。
法的な問題も出るかもしれないが
QOLが大きく下がるのであれば、その治療
や手術はしないで欲しいと言っておきます。
あるいは命が助かる率は少なくなっても
QOLを重視する治療法を選んで欲しいです。

・意識や体がほとんど動かなくなった
状態で、治療や手術や薬で体を更に
いじめて欲しくない、
ということと
・生きるのではあればそれなりにちゃんと
生き延びたい。それにはQOLがある程度
高くないと意味がないと思っているからで
ある。


記事は以下で
死ぬまでに決断しておきたいこ

「知らなかったシリーズ」 「鯨幕」の本来の使い方を知らなかった


クジラ幕:昔聞いたような気がするし、
お葬式の時に使われている黒白の
幕と言われればそうだったとわかる。

調べてみると昔の使い方を知らず。
今の常識でもそれは昔は常識でない。
これもその中のひとつだった。

慶事に「紅白幕」を用いる歴史は浅く、
そもそもこの役目を担ってきたのは、
「鯨幕(クジラマク)」と呼ばれる「黒白幕」。
これは、皇室で現在でも慶事に鯨幕
を使用されることからもわかる。
逆に、今日でも地方によっては「紅白幕」
を弔事に使っているところがある。

鯨幕:
白黒の2色の縦縞で構成される幕である。
通夜や葬式など一般的には弔事で使用
されるが、これは葬儀業者が発案したとされ、
一般的になったのは意外と歴史は浅く昭和
初期以降とされる。
名前は、鯨の体が黒と白の2色であること、
あるいは黒い皮を剥いだ際の身が白い
ことに由来する。白装束にもあるように、
日本では古来より弔事には白を用いたが、
本来は弔事・慶事に関係なく使用される。

骨髄バンク、破綻の危機 財政難・ドナー減

産経新聞記事からです。

「日本骨髄バンク」
難題が色々。
具体的には経営難やドナー減少。
今までバンクの移植実績は約2万人。
これにより命を救われたレシピエント
の一人としてやはり心配です。

・財政難、財政面
バンクの収入の7割は、国の補助金と
移植を受けた患者の医療保険。
残る3割は患者からの負担金や寄付金
でまかなうが、景気や社会情勢に左右
され、寄付金が少ないと赤字になって
しまう財政状況のようである。
日本骨髄バンクによると平成26年度の
寄付総額は合わせて155,806,478円。


・ドナー登録者数の減少
総数は増えていて何も問題なさそうに
みえますが、毎年の新規登録者数が
減っている。

バンクの新規登録者は26、27年度に
2年連続で3万人を切るなど減少傾向。
まだ蓄積数の有効ドナー数は増加も
ドナーになれるのは18~54歳、55歳
になったり健康に変化があったりして
登録から外れる人が増加している。
今後もこの傾向は続くであろうから、
このままでは有効ドナー数が減って
いくのは明らかである。

若い人の新規登録が増えてもらいたい。
切なる希望です。

登録者数推移
移植ドナー登録数

産経新聞の記事は以下です。
骨髄バンクの危機

骨髄バンクの財政構造


昨日の記載、特に骨髄バンク
の財政等に関係する別資料が
ありました。

「財政安定化ワーキンググループ
中間答申書」よりの引用です。
直近の記載ではないので、現在は
改善に向かっていることを信じて
います。

長文ですが内情を理解するのには
役立つと思います。

記載の中身としては2014年度の
骨髄バンクの財政データおよび
骨髄バンクに対する提言があります。
普段あまり公にならない部分なので
あえて記することにしました。
特に骨髄バンクの組織的な問題に
対する提起がされています。
移植を待つレシピエントの為にも
より良い組織にしてもらう必要が
あることも重要ですし、無駄な人件費
削減や経費削減も当然組織としては
やらなければならないことです。
今の関係者でそれらがやれないので
あればやれる人へ交代も必要。
読んでみて問題の根が結構深いのかも
しれないと思うようになる。

以下引用です。
1.バンクの財政の基本構造
【現状】
バンクの収益構造(2014年度)は
①医療保険財源収入 5億9400万円(約4割)
②国庫補助金 4億6032万円(約3割)
③いわゆる患者負担金 3億4310万円(約2割)
④寄付と運用益その他が 1億3833万円(約1割)。
2014年度決算で1億円を超す経常赤字を計上
した原因としては寄付金の減少や、移植件数減少
による医療保険財源収入(以下、医療保険という)
の減収、人件費等をはじめとする支出増など複数
要因が挙げられる。

2.増収策
①バンクの一義的業務である仲介事業の充実。
末梢血幹細胞の移植施設で短期間保存を可能
とすることは、ドナーと患者の更なる安全担保に
資すると共にこの施策の実現に大きく寄与する
ものと考える
②海外からの申し込みをより積極的に受け入れ、
移植に至るケースを増やすことが必要である。
③あっせん業務の一部は患者負担金によって
賄われている。この部分(コーディネート費用:
2014度1億5300万円)は本来国・地方自治体の
責務と考えられるので 当局と協議を続けること
が必要である。
④普及啓発は法律では支援機関の一義的業務と
されているが、実態としてはバンクも多くの部分を
実施している。これらに相当する経費を関係機関
から拠出してもらう措置を講ずるのが適切である。
⑤いわゆる患者負担金に含まれている検査料は、
バンクが仲介するだけでバンクの財源にはなって
いないことを周知すべきである。

3.経費削減策
①理事・監事らの日当を削減する。また、
委員ら外部関係者の日当や謝金等も削減する。
②ブラッシュアップ研修会等は、コーディネーター
のクオリティーやモチベーションを下げないこと
を絶対条件として見直す
(隔年開催、常設場所での開催等)。
③退職に伴う欠員の補充は、業務執行会議の
責任において慎重に検討する

4.業務改善策
【現状】
バンクの業務は創立以来複雑化してきていたが、
2014年の法律施行で過渡期特有の混乱が見
られた。その状況が改善されていないため、
バンク事業の「やりがい」をともすればスポイル
していることは否めない。

【提言】
①中央と地区が一体となってバンクの
業務にまい進する「戦闘性」を蘇らせるため、
中央 (関東事務局を含む)並びに 6支部は
当面堅持する。ただし不要と思われる人員
は削減対象となりうる。
②中堅以下の若手の考えを尊重し、実行に
移せる気風を作る。
部長はそれを実行できるよう指導する
③電話会議や WEB 会議は費用対効果を
勘案した上で積極的かつ速やかな導入を
検討する。

5.提言に関わる全体の総括
バンクの本来業務である「あっせん事業」
の拡大を図る。
将来的な国庫補助金増額のために、
国への長期的な働きかけを続けると同時
に事業構造の見直しや再編を検討する。
増収への布石として、PBSCT(末梢血幹
細胞移植)拡大による医療保険収入アップ
を早急に進めるべきである。
寄付金に頼りすぎない財務体質は理想だが、
実績として年1億円規模の寄付金を今後どの
ように集めてどのような使途にあてるか、
明確な指針作りが急務である。
地方拠点再編や呼称変更を含むドナー
アプローチ部門の強化、エリア責任者新設
など体制面に関する提案がWGの中で数多く
出たことは、現行体制が多くの問題をはらんで
いることを示唆している。
バンクの限られた人材を重点部署に配置する
必要がある。
能力主義に基づくメリハリのある人事制度を
取り入れて、人件費を抑えるとともに世代交代
を促す。
日々の経費削減策を含めて、実現可能性が
高い施策からすみやかに遂行すべきである。
上記施策の実施により、いわゆる患者負担金
を抑えるべく努力を続けるが、過渡的には
骨髄バンク機能を維持するため、例えば血液
検査料財団負担分の廃止等、結果的に負担増
となる施策を近い将来に検討せざるを得ない
可能性も残されている。

6.おわりに
日本骨髄バンクを介した非血縁者間骨髄・末梢血
幹細胞移植は、今や同胞間移植と並んで多様な
造血幹細胞移植の中でゴールデンスタンダードと
位置付けられている。ただ患者登録から移植に至
るまでの期間が長く且つ予測が難しいため、さい
帯血移植や血縁者間 1 ハプロ不適合移植の進出
を許しているが、これまで述べてきた施策の実施に
よりその移植数は必ず旧に復し更に増加してゆく
ものと考える。

眼科検診に行く(2016年6月)


5月の眼科診察時に視野検査等
を行い、”正常眼圧緑内障”
と言われた。
その時、一月後に再度来てください
と言われていたのと、その時に出され
た点眼薬がちょうど終わりかけていた
ので今週眼科に行ってきた。

今回検査は眼圧のみ、結果は
右:10、左:11
先月はそれぞれ13と14。
通常眼圧は10-21程度が正常範囲
で高くなるほど緑内障の発生率が
高くなるとのこと。

点眼薬の効果なのか、血液内科の
薬をブイフェンドからイトリゾールに
変えた影響かは不明であるが、
正常範囲を保っている。
また体感的にも先月に比べると光
に対する眩しさが減っているように
感じます。

眼圧は正常範囲内、他の診察でも
特に悪化は見られないということで
一安心。
今回は点眼薬を2本出してもらい、
次回はそれが終わるころの来院で
良いということなので次は8月予定。

「知らなかったシリーズ」 「袖振り合うも」のは「多少」の縁ではない


これは耳からの情報で自分で
勝手に漢字にしていました。
無知この上ないこと。

「袖振り合うも多少の縁」ではなく
「袖振り合うも多生の縁」
「多生」は「他生」でも良いようです。

「多少」ではなくて「多生(俗に「他生」とも)」、
「袖振り合うも多生の縁」が正しい。

「多生」は仏教語で「前世」の意味。
袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、
前世からの因縁によって起きるという意。
道ですれ違った知らない人と袖が少し触
ったくらいでも、それは前世からの縁に
よるものだと言うことから、人と人との
関係は偶然のものではなく、全て前世から
の深い縁にもとづいているとの解釈。

「多少」では、ちょっとした(少しの・少々の)
縁ということになるので意味が全く違う。
「他生」も仏教語で、前世と来世の意。

「知らなかったシリーズ」 味噌をつける

『味噌を付ける』
火傷と関係あるとは全く知らず
かつ想像もできなかった。

『味噌を付ける』
1.失敗する。しくじる。巧く行かなくなる。 
例:「あいつが味噌を付けた」
2.面目(めんぼく)を失う。
醜態(しゅうたい)を曝(さら)す。 
例:「1つの失言が演説に味噌を付けた」

★火傷(やけど)には味噌を付けると
効くという俗信があったことによる。
味噌を塗っている者は、うっかり火傷
した(=失敗した)者であるということ
から来ているらしい。

でも今や火傷に味噌は大きな間違い
のようです。
言葉の成り立ちを知ることは重要です
がそれによる間違った知識は困ります。
この言葉の成り立ちは広めないほうが
良いですね。

◎やけどについて家庭でできる
やけどの応急処置。

まず、冷たい水で冷やすこと。
衣服に火がついた時はもちろんですが、
熱湯をかぶったような時でも、衣服の
上からとにかくすぐに冷たい水をかける
ことが重要です。
やけどの部分を冷やすとやけどの深さ
が進行するのを止めることが出来ます。
またやけどの痛みに対しても非常に効
があります。冷却水で手っ取り早く簡単
なのは手足なら水道を流しっぱなしにして、
水をかけることです。
また、きれいな容器に水を満たしつける
のも良いし、水につけられない場所なら
清潔なタオルを使って冷やすのも良いで
しょう。
冷やす温度は、10~15℃くらいがよいと
いわれ、10~20分くらいが必要でしょう。
冷やしたあとは何もつけないで清潔な
タオルで創部を覆い病院にいくことです。
消毒薬をつけることは必要ありません。
強い殺菌力の薬は創に対しても障害が
あります。
今でもやけどに味噌や油を塗ってくる人が
ありますが、逆効果ですので絶対やめて
ください。

ペットボトルを「水筒代わり」にしている人は今すぐやめた方がいい


この記事を見て骨髄移植後
の注意事項の中にこのことが
あったことを思い出す。
これからの季節、水分補給が
必須ですが、以下に書いてある
このことも頭に入れておくことも
重要なことです。

入院中に言われた具体的な事は
ベットボトルから直接飲まないで
紙コップに移してから飲むように
してください。
そしてなるべく早く飲み切るように
してください。
直接口をつけると雑菌が付き、
繁殖する可能性がありますから
駄目ですと言われていました。
合わせてミネラルウォーターは、
国産品にして輸入品は飲まない
ように。
これは滅菌が十分でない可能性
があるからとか言われたような。
これは本当なのかと思いましたし、
今でもそうなのかなと思っています。
でもこれで病気や治療により普通
の人には全く問題、関係ないことまで
気にしなければ長く生きれる可能性
が減るんだだという自分の体の悪さ
というか弱さは認識させられました。

実際に入院中に薬を飲むときには
水が必要。また常に意識して水分を
摂取するようにいわれていたので、
まずはペットボトルからコップに移して飲み、
残りのペットボトル常に冷蔵庫に入れて
置き必要な時にまた新しい(あるいは洗った)
コップに入れてから飲むということをやって
いましたね。

復職して会社内でもペットボトルからは
直接飲まず、紙コップに移して飲んで
いました。
退職後の今もその時の名残なのか、
まず外であまりペットボトルを買かない、
どうしても必要な場合は一番小さいサイズ
にします。

ペットボトルを「水筒代わり」にしている人は今すぐやめた方がいい

「卵かけご飯」とサルモネラ菌 注意が必要な季節到来 移植後の自分でも注意すれば問題なしか


生卵はいつまでに食べるべきか。
食べても大丈夫か?
最近テレビ等でもよく聞きます。
多くの人が思っているより結構
長持ちするという事も聞きます。

まずは卵の賞味期限とは
「生で安全に食べられる期限」。
賞味期限はサルモネラ菌に、
汚染されない状態で保存できる
期間として定めていて季節に
よっても違う。
夏期(7-9月)が産卵後16日以内、
冬期(11-3月)が産卵後57日以内、
とされており、40日近く差があるが
実際はパック事業者と量販店、
バイヤーの話し合いで決めており、
パック後2週間(14日)程度を年間
通じて賞味期限としている所が多い
ようです。
問題は産卵後どれくらい経ってから
パッケージしているのがわからない
ので、いつまで食べられるのかは
正確には賞味期限のみからは判断
できない。
最近は産卵日が明記されているもの
もあるようですが・・・。
そうであれば生卵が安心して食べら
れるのは夏場はできれば賞味期限前、
冬場は冷蔵保存をした状態であれば
賞味期限を過ぎでも大丈夫そう。

通常は以上で終わりであるが、
抵抗力がない、免疫力が弱い私
のような人間はどう対処すれれば
良いのだろうか?
私自身も卵かけご飯は好きですし、
週1回程度は食べています。
でも健常者ではないので心配は残り
ます特に夏場です。
実際、白血病の治療中や骨髄移植後
は生ものは全面禁止、当然生卵も禁止。
退院後も薬とかの関係もあって生魚は
控えてとか、生で食べるものに対して
守るべき事項が多くあったためです。

YomiDr.記事
今村先生の感染症塾
「卵かけご飯」
がありました。
以下引用です。

生で食べるなら早めに!
卵かけご飯を食べるなら、
賞味期限内の早いうちに食べる
ようにします。
サルモネラ菌は、気温が高くなる
ことで菌が増えやすくなります。
したがって、特に暑い時期には、
冷蔵庫から出したらすぐに食べる
ようにしましょう。
近年保管や輸送状況が良くなりま
したが、殻の外の汚染がなくなった
わけではありません。
ヒビが入ったものは、必ず火を通す
ようにしましょう。

卵によるサルモネラ食中毒の対策。
食中毒予防に「パーフェクト」はない
ですが、敵をよく知ることでリスクを
低くすることはできるのです。

1.賞味期限を守り、早めに食べる
2.時間が経過したら必ず熱をくわえる
3.食べる直前までは冷蔵庫で保管
4.ひび割れた卵は生で食べない
5.生の場合には、食べる直前に割る

生で食べるのなら、それように卵を
買って賞味期限に余裕持って食する。
使う直前まで冷蔵庫保管で直前に割る。
特に夏は卵を割ったままにして放置しない。
という注意を守ればこんな体の私でも夏
も安心して「卵かけご飯」を問題なく食べら
れそうです。

記事は以下です。
今村先生の感染症塾「卵かけご飯」

「知らなかったシリーズ」 「金字塔」は金色の文字が書かれた塔ではなかった


偉業を達成すると
「金字塔をたてる」と使われる。
金字塔は金色の文字が書かれ
た塔であると思っていた。
金色の字ではなく金という字の
形からきていたのか。

「金字塔」
1 《「金」の字の形をした塔の意》ピラミッド。
2 後世に永く残るすぐれた業績。
不滅の業績。「金字塔を打ち建てる」

「金字塔」とは不滅の業績のたとえに
用いる言葉で元々はエジプトのピラミッド
のこと。
ピラミッドはエジプト・中南米などに
見られる四角錐状の巨石建造物の
総称であり、また同様の形状の物体を
指す。

その形からかつては金字塔(きんじとう)
という訳語が使われていた。
ピラミッドが示すごとく「金字塔」はまるで
ピラミッドのように雄大かつ揺るぎもしない
後世に永く残る立派な業績を表す。

 | ホーム |  次のページ»»