プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


QOL重視でワインバー、ペット可の病院 


当然日本国内ではありませんが、
病院内にワインバーの開設や
病室にペット可の病院が出てきて
いるそうである。
QOLを重視する具体的な方法と
しては面白くあり得ると思います。

でも日本でそのままで導入する
のは飲酒問題や衛生上の問題
やらでいろいろ障害がありそう。

私はペットは飼っていませんが、
ペットは家族の一員と思っている
人は長い入院中にペットとも面会
できるというのは嬉しいのでは
ないかと思う。
しかし白血病は動物接触禁止とか
いわれるので動物は敷居が高そう。

飲酒もNGというのも体面ではわかる
がストレス面ではそうかと思う。
また入院中大部屋だと面会に来ても
ベッド脇で子声話すというのもストレス
がたまる。
自分は飲酒NGでも面会者が飲める
とかあればもっと面会に来てくれる人
が増えて楽しい時間が過ごせるかも。

病人や入院患者にとってのQOLは
幸せ度や満足度に直結する。
それが治療成績にも少なからず影響
すると考えているので、日本では全く
同じことは無理でもQOL向上を考えた
色々な策の導入する病院があって
良いと思し、考えてほしい。


以下記事の引用要約

フランスの大学院内に末期患者の
ためのワインバーを開設。
寄付されたワインを貯蔵し、医療監督
の下で1~2杯のグラスワインを提供
しているという。
患者だけではなく、患者の家族などにも
出され、一緒にグラスを傾けながら楽し
く時間を過ごせるそうだ。

病室へのペットの立ち入り許可が可能
になるように、病院の方針や規則を変更
しようという病院も増えているそうだ。
シカゴのラッシュ大学メディカルセンター
でも、病院への立ち入り許可を開始した。
同病院では、ペットを病室に入れた場合、
患者に対するプラスの精神的効果が
リスクを上回るかどうかについての研究
を、3年間行った。
その結果、精神的効果のほうが大きい
として、立ち入りを認めたという。


病院内ワインバー、ペット可

スポンサーサイト

 | ホーム |