プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


2017年は「かきくけこ」でスタート


2017年、
新しい年の始まりです。
昨年(2016年)最初のブログは
「あいうえお」
で始めましたので今年は
「かきくけこ」
で行きます。

か:
・偕老同穴
夫婦が仲よく共に長生きして、
死後は同じ墓の穴に葬られる
ということ。
妻に拒否されないように大切に
したいと思います。

・感謝を忘れずに
生きていること、
自分の回りに人全てに
感謝を忘れない。

き:
・今日の後に今日なし
今日という日は再び来ない
ので今日を大切に。
今日できることは今日
済ませる。

く:
・薬も過ぎれば毒になる。
薬が減る(増やさない)。
減ることが一番ですが
まずは今以上増えない
ようこの一年を過したい。

け:
・健康第一
何はおいても健康であること。
体調を崩さずに過ごせる事が
何はおいても第一です。

こ:
・好事魔多し
・転ばぬ先の杖
昨年のように体調を崩さない
までに良くなったと油断せずに、
常に気をつけて生活する。

今年も色々な事を書ければと
思います。
お付き合いください。

スポンサーサイト

「田作り」 「ごまめ」


正月の料理。
魚なのに「田」とか「まめ」とか
何の関係があるのだろうかと
正月早々食べながら首を傾ける。

田作りはカタクチイワシの
幼魚の乾燥品、およびそれを
調理した料理。
別名ごまめ
(鱓、五万米、五真米、古女)

イワシが豊漁で田に埋めて処理
した時米が豊作となったので田作り。
調べてこれは昔聞いた事があり、
忘れていただけだった。

別名のごまめの語源は「細群」
(こまむれ)だが、祝い肴であること
から「五万米」「五真米」の文字が
あてられた。

田に鰯を埋めたら米が五万俵できた
ので「五万米」と覚えるのが楽そう。

まめは「豆」ではなく「米」の方が近い
と知る。

「黒豆」「かずのこ」


飽きるほど食べた訳では
ありませんが、すぐ飽きる
のが御節です。

御節(おせち)料理の基本は、
祝い肴三種(三つ肴、口取り)、
煮しめ 酢の物、焼き物。
地方により構成は異なる。
三つ肴の内容は
関東では
黒豆、数の子、ごまめ(田作り)、
関西では
黒豆、数の子、たたきごぼう
の3種とある。

黒豆
黒は道教において邪除けの色と
されている。
黒く日焼けするほど達者(マメ)に
働けるようにと邪気を払い長寿と
健康(無病息災)を願ったもの

数の子
卵の数が多く、また、ニシンは「二親」
に通じ、五穀豊穣と子孫繁栄を願った
もの

たたきごぼう
瑞鳥(豊年の象徴)を表したもので
豊作と息災を願ったもの。
黒色には邪を払うという意味を持つ。
また、ごぼうは地中に深く根を張る
ことから用いられる。

搗ち栗(くりきんとん)
「勝ち」に通じることに由来。
「金団」とは金色の団子という意味で、
金銀財宝を意味しており金運を
願ったもの。
ただし、栗を用いるようになったのは
明治時代以降とされる。

絶対に忘れるので忘れても良いように
ここに書いておく。

「がんになった妻の支え方」 少し共感する部分あり


この記事は私と逆の立場。
女性のがんサバイバーの
体験記で
「妻ががん告知を受けた場合」
の夫の支え方です。

男の自分が患者の時に同じと
思う項目もあります。

今このような状況にある人には
参考にして一番良い方法を話し
てみてはと思われます。

・記事
「卵巣がんサバイバーが提案
するがんになった妻の支え方」

2児の母であり、産業カウンセラー
として活躍する中、卵巣がんに
罹患し治療を受けたがんサバイバー、
太田由紀子さんが、自身の体験を
基に
「妻ががんになった時、夫ができること」
についてお伝えします。

1. 「よく頑張っているね」
「頑張れ」ではなく、「よく頑張っているね」
一生懸命頑張っている人にもっと頑張れ
と言うのは酷です。

2. 夜ベッドでは、泣かせてください。
一人になった時に泣きます。
泣かせてください。
そんな時は面倒くさがらずに一緒に
いてほしいのです。

3. 寄り添って、一人にしないでほしい。

4. 家族も第2の患者、一緒に歩いて
いきましょう。
夫も本音を言ったほうがいいような
気がします。
自分もショックを受けてどうしたらいい
か分からないけれど、一緒に考え進ん
でいこう。
そう言ってもらえたら、納得するような
気がします。

5. できれば病院は(時々でもいいから)
一緒に受診してほしい。
医師の話を一緒に聞くことで、病気の
情報共有、気持ちの共有ができます。
時々でもいいと思います。
検査結果を聞く時や、治療方法を
決める時はできるだけ同行してください。

6. 情報に惑わされないで
がんになっただけでショックなのに、
がん患者のメンタルに配慮のない
サイトも多く、悶々とすることも多い
ものです。
そんな情報に疲れた妻をいたわって
あげてください。
変な情報に惑わされるな!
と言いたくなる気持ちはぐっと抑えて、
一緒に妻の罹患したがんの勉強をして、
治療方法を考えてほしいと思います。
セカンドオピニオンも然りです。

7. 患者会を探してみる
その際、特定の医師の治療方法に
偏っている団体や宗教的要素がある
ところは避けたほうが無難です。
そんな判断も、妻より夫が冷静にして
あげたほうがいいかもしれません。

記事は以下です(要登録かも)
がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと

「たまご」 サイズ決まり方と違い


たまごは重さにより規格が
決まる。

SS 40g以上46g未満
S  46g以上52g未満
MS 52g以上58g未満
M  58g以上64g未満
L  64g以上70g未満
LL 70g以上76g未満


規格差は鶏の身体の成長や、
成熟過程で少しづつ大きくなる。
成熟するごとに徐々に大きな
タマゴを生むようになる。
SS・S…生後4ヶ月半~5ヶ月半位
MS…生後5ヶ月~8ヶ月位
M…生後6ヶ月~12ヶ月位
L…生後10ヶ月~24ヶ月位
LL…生後18ヶ月以降

規格の違う卵でも、黄身の大きさ
はほとんど変わらない。
一般的には、卵のサイズが大きく
なると卵白の割合が多くなる。

サイズの大きい卵の価格が高いのは、
白身の量の違いだけといっていい。

使い分けはLLサイズなどの大きな卵
は茶碗蒸しやメレンゲなど白身を多く
使うときに買えばいい、
逆にSサイズの小さな卵は、目玉焼き
など黄身がメインの料理を作るとき
に適している。

大きいたまごだと大きな目玉の目玉焼き
ができるのではないと知る。

道路標識 免許があっても誤認識していたものがあった


下の二つの標識
どちらも追い越し禁止かと思い
きや左側は追い越し禁止では
なかった。
良くも免許が取れたものである。

標識

「追越し禁止」の補助標識が設置
されていれば、当然追い越すこと
はできません。
補助標識がなければ、
「追越しのための右側部分はみ
出し通行禁止」
という意味になりますから、右側
部分にはみ出さなければ追い越す
ことは可能。
たとえば、前車が左端によって
進路を譲ってくれたような場合、
センターラインを超えて右側部分
にはみ出さなければ前車を追い
越しても違反にはならない。

「耳順」になれるか


今年末に満60歳となります。

「論語」(孔子の教え)より
不惑、天命は知っていたが
耳順(じじゅん)は知らなかった。

40歳にして迷わず、
50歳にして天命を知り、
60歳にして人の言葉を
素直に聞くことができる

40歳は「不惑」
50歳は「知命」
60歳は「耳順」

耳順になりたいがこの1年
でなれるのだろうか?

「六十の手習い」
というのもある。
年をとってから学問や習い
事を始めることであるがこれ
もしたいが出来るだろか?

上の二つがこの一年でしたい
事ではあるが、評価は60歳に
なった時に判明。
但し定量的な目標ではない
ので結果は定性的に判断する
しかない。

会社員時代だと目標値は結果が
判定できるように定量化せよと
指摘されるであろうが、自分に
甘い私にはこれ位がちょうど良い。


「インターバル速歩」 チャレンジしてみるか


今年は散歩をおざなりでなく
少し真面目にやろうかと考え
ている。

体調が悪い時や天気が悪い時
は散歩はなおざりにするが、散歩
をする時は今年はおざなりには
しないようにしたい。

今まではとりあえず5000歩は歩こう
とか1時間歩こうとかの目標で歩い
ていたが、どうせなら効率的歩こう
ということ。

Yomi.Drの記事の記事にあった
「インターバル速歩」。
これは試す価値があるかもしれ
ないと思う。
時間効率を考えても自分には
良い方法ではないかと考える。

でもまずは自分は「速歩」が出来
るようにならないと話にならない
ので速歩自体ができるようになる
必要がある。

以下記事要約
健康に良いウォーキング法
「インターバル速歩」

記事抜粋
「老化は足から」と言われる。
ウォーキングに取組む中高年
も多いが、ただ長く歩けば良い
というものではない。
信州大教授の能勢博さんは、
健康に良いとされる「1日1万歩」
を5か月間続ける人と特別な
運動をしない人の健康状態や
体力を比較調査。
両グループの健康状態に明らか
な差は認められなかった。

「1万歩を稼ぐには1時間半以上
かかる。長続きしない人も多い」
と指摘。

能勢さんは1日30分で効果がある
「インターバル速歩」を考案。
ややきついと感じる速歩きと、楽な
ゆっくり歩きを3分間ずつ1日5セット、
週4日以上を目安に行う。
インターバル速歩を5か月間続けると、
筋力と持久力が平均10%向上。
高血圧や高血糖、肥満などは平均
10%改善した例があるいう。

健康に良いウォーキング法…「インターバル速歩」

骨髄移植 100日を目標へ


少し前の日経新聞の記事。

骨髄移植素早く 患者登録から
手術「100日が目標」
骨髄移植素早く 患者登録から手術「100日が目標」

記事によれば
白血病患者らが受ける骨髄移植は、
患者の登録から移植を終えるまで
150日前後でここ10年変わっていない。
厚生労働省は目標を「100日」へ

登録されたドナーは約47万人。
その中から患者と型が合う人を最大
5人選び、健康状態を確認するなど
して1人に絞り込む。
ドナーとその家族の最終同意や
骨髄液の採取を含め、数多くの
段階を経て移植に至る。
ドナー本人が同意すれば移植する
場合が多い欧米より時間がかかる。

短縮の具体策としては
ドナーから採血し、白血球の型などを
管理する日本赤十字社(東京・港)は
2018年から、患者の主治医や骨髄バンク
がインターネット上でこうした情報をやり
取りできるシステムを運用する予定。
従来は郵送やファクスで行い、手続き
に時間がかかる一因。

ドナーが登録後に病気になったり、
連絡が取れなくなったりする場合
がある。
白血球の型が合ったドナーへの
連絡は1度に5人までだが、実際に
移植されるまでには10人以上の
仲介が必要とされる。
このため骨髄バンクは国と対応を
協議。
1度に10人まで連絡できるよう変更
を求めている。

これまでの実績を詳細に調べ、短縮
に生かそうという試みも。
国立がん研究センター中央病院の
福田隆浩科長らは骨髄バンクが仲介
した約22万件を分析。
連絡を受けたドナーの約6割が様々な
理由で提供に至っていないことが判明。

手続きや同意の複雑さに加え、予想
通りではあるがドナーさんの諸事情に
より移植まで至らなかった例が結構
多いとわかる。

記事には出ていないだけかもしれない
が個人的にはもう少し今かかっている
時間を分析してどこをどう変更あるいは
無くせばこれだけ短くなるという説明が
無ければ単なる努力目標としただけと
思えてしまう。

待つ時間が短くなれば確実に助かる
命があるので是非短縮を実現してもら
いたい。

「オプジーボ」 一部血液がんにも追加承認へ


最初は高額な薬として有名になり、
一声で半額になった「オプジーボ」
これが血液がんの―種でも追加
承認されたと聞く。
「ホジキンリンパ腫」の治療薬として
国内で利用可能となる。

日経記事です。
オプジーボが血液がんの―種でも追加承認

100ミリグラム73万円という薬価が、
2017年2月から半額に引き下げる
ことが決定済。

高価だからこそ効果が出る可能性
が高い患者に投与すべきである。
これを「プレシジョン・メディシン」
により決めるという考えがやはり
今後広まるのは確実といえる。

2017年病院始め


皮膚科、眼科と同日に
ダブルヘッダー。
2017年の病院通いの
スタートです。

皮膚科は通常診察を受ける
と最低でも1時間半、加えて
薬局で30分程かかる。
今回は病状に大きな変化は
ないので診察はパスして処方箋
のみもらう事にして時短。
薬局で塗り薬を貰い、その後
眼科へ。
こちらも目薬の残量が少なく
なったためで特に違和感が
あるわけではない。
いつもは空いているのだが
正月空けのせいか予想外に
混んでいて1時間ほどかかる。
検査した眼圧は右:13、左:12
で正常値を維持しているので
今までどおりの点眼薬を処方
してもらい終了となる。
まずまずのスタートです。

口腔外科、血液内科は今月末
に今年初の受診予約が入って
いる。

自分の干支 還暦の意味から知る


今年末には「還暦」。

77の「喜寿」、88の「米寿」、
90の「卒寿」、99の「白寿」
は漢字からきていることは知って
いたが「還暦」は生まれた特に還る
という位にしか理解していなかった。

「還暦」とは
六十年生きて干支(えと)が生まれた
年に戻る(=還)。
数え年六十一のこと。
本卦帰(ほんけがえり)

「丙午」だから子供を産まないとか
は聞いたが自分の干支はなにか
を知らない。

十二支は普通に使うが干は知らない。
干は10あり支の12との最小公倍数が
60で60年毎に同じになることはわかる。

では干支とは
干は十干のことで、
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」
の10種類。
支は十二支を指し、ご存じでしょうが、
「子丑寅卯辰巳午羊申酉戌亥」
の12種類。

「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」
こうおつへいていぼきこうしんじんき

別の読み方だと、甲(きのえ)、
乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、
戊(つちのえ)、己(つちのと)、
庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、
癸(みずのと)

契約書とかに良く使われている奴だと
気づく。
でも甲乙丙丁くらいまでしか知らない。

では自分の生まれ年と今年は
丁酉(ひのととり、ていゆう)らしい。

占いは基本信じない主義ではあるが
初めてなので調べてみる。
以下当たっているような気もするが、
これだけ多く書かれているとどれか
は当てはまるはず。
同級生の多くが同じ干支だし、会社
に新人で入った多くの同期の中にも
いるので全員がこうだととは到底言
い切れない。
ちなみに妻も同じである。

丁酉:
干支暦34番目の「丁酉」は、
火の質を持つ「丁(ひのと)」と秋
の十二支である「酉(とり)」が
ひとつになった干支。
度胸と行動力のある人です。
社交的で思いやりにもあふれ、
世渡りが上手でしょう。
他人に頼らず、自力で前進する
ガッツで心がイキイキとしており、
自立した人です。

同時に、人に対してあまりにも
完璧に映るので、近寄りがたさを
感じられてしまうこともあるようです。
丁酉の人は、本来情にあふれ
懐もとことん深いのが特徴です。
しかし、行動と結果を焦るあまり
に短気な一面が顔をのぞかせる
こともあり、それも周囲との距離
をうみだしてしまう原因となるの
でしょう。

自己主張が強く、それでいてクール
な頭脳派なので、圧倒的なカリスマ
性を放ちます。

怖い者知らずで言葉が強い傾向が
あるので、利己的な人と勘違いされ
がちですが、時に急なトラブルを颯爽
と解決してしまうしたたかさも持ち
合わせています。

丁酉の男性は、自分の頭脳と感性
になまじ自信があるだけに、ついつい
勇み足でスッ転んでしまうことが
あります。
しかし、仕事運には恵まれます。

丁酉の女性は、「繊細且つ大胆」と
いう言葉がぴったりの人で、ここぞ
というときにとても力になる人です。
もともと恋愛には興味を示さない
人ですが、配偶者運は比較的良好
です。

「喫茶店」の喫は喫煙? カフェと喫茶店の違い


若かりし頃は「喫茶店」は煙草
を吸いながらコーヒーを飲んで
休む処と思っていた。
(私はその頃はコーヒーは好んで
おらず紅茶が多かった)
「喫茶」は煙草の喫煙とお茶の
両方から命名されたと勝手に
思いこんでいた。

今「喫茶店」という名前はあまり
見かけなくなり「カフェ」「珈琲店」
とかのほうが多い。
たばこも吸えない「喫茶店」も
あるそうである。

調べると「カフェ」と「喫茶店」の
違いは、営業許可の違い。
食品営業許可を申請する際に、
飲食店営業許可を取っている店
「カフェ」
喫茶店営業許可を取っている店
「喫茶店」
と呼ぶようである。

飲食店営業許可より喫茶店営業
許可の方が許可を取りやすいが、
喫茶店営業許可では、アルコール
の提供や、単純な加熱以外の
調理全般はできない。
そのため、喫茶店が提供できる
ものは、コーヒーや紅茶などの
飲み物、菓子、果物、軽食などに
止まるが、カフェは飲み物に
アルコールを含めることができ、
「カフェ飯」と呼ばれるように調理
した料理を提供することも可能。

ただし、
飲食店営業許可は「カフェ」、
喫茶店営業許可は「喫茶店」
と名乗らなければならない決まり
はない。
そのためため、「喫茶店」と付いて
いる「カフェ」もあれば、「カフェ」を
名乗っている「喫茶店」もあるので
名前だけではわからない。

ただし「純喫茶」はアルコールを
扱わない純粋な「喫茶店」だそう
である。

最近アルコールが気軽に飲める
と宣伝している珈琲店も多いの
はこういうことだったのか。

一方「喫する」という意味は、
「食う」「飲む」「吸う」という意味
があるが、喫茶店の場合は
「茶を喫する(飲む)店」だから
「喫茶店」らしい。
喫は「たばこ」だけではなかった
のである。
これは私の無知。

【喫する】
1.(飲食物・タバコなどを)口を通して
のどに入れる。
2身に受ける。こうむる。「惨敗を―」

看護師が入院患者にあげたいもの


最初の頃の入院では睡眠導入剤
を使わなかった。
眠くなれば寝れる、寝れないのは
調子が良いからだとか、昼間に眠く
なれば寝れば良いと考えていた。
実際病室で夜全く寝れず、完徹して
次の日は延々と寝る。
1日が24時間ではなく、1日48時間と
いう生活も多くした。
しっかり睡眠をとることが体調面でも
免疫面でも良いとわkり、睡眠導入剤
を使う様になってからは完徹する夜
は減った。
しかし今日は寝れそうだと思い眠剤を
飲まないとなかなか寝つけない夜が
今もある。

これを読み思わず吹き出す。
眠気が欲しいと思うのは今でもある。

眠れない患者さんにあげたいもの

Choosing Wisely(賢い選択)


小池都知事の真似をしている
訳ではありませんが英語で
すいません。

不必要な医療行為をなくそうと、
「Choosing Wisely(賢い選択)」
と呼ばれる米国の医療界発の
取り組み。
「その薬や検査は本当に必要か」。
医師と患者が一緒になって見つめ
直し、無駄を省き医療の質を向上
させようという試み。
医療費削減にも確実に効果がある。

なぜ無駄ともいえる医療が行われ
るのか。

●患者サイド
・安心感を得ようと薬や検査を
求める

●医師サイド
・最新の検査機器を使いたがる
・従来行ってきた治療法を変えた
がらない
などがありそう。

経済協力開発機構(OECD)に
よると、日本は人口当たりの
コンピューター断層撮影装置(CT)
や磁気共鳴画像装置(MRI)台数
は世界一。
人口100万人当たりの日本のCT
台数は107台。
ドイツが同35台、米国が同41台
と日本は3倍前後の水準。
MRIも同様で日本の台数は多い。
 
これら検査機器に投じた資金
を回収するため、
「病院で不必要な検査が行われ
ているのではないか」
という指摘もある一方では国内に
広く普及したことで、病気の早期
発見につながっているという意見
もある。

複数の病院に定期的に通院して
いる私の場合は以前から感じてい
ますが血液検査や映像診断結果
の共有化が高プリオリティです。

がんでも長生きする人


Diamond Online記事
がんでも長生きする人の共通点、
最新医療が明かす

記事全文は以下です。
がんでも長生きする人の共通点、最新医療が明かす

がんと告知された後、どのように
がんと向き合うことが、一番、
がんの予後を良くして、寿命を
延ばすか?

手術後3ヵ月たった乳がん患者
と面接をして、それぞれの病気
への向き合い方を調査した。
結果大きく分けて四つのグループ
分けができた。

(1)「がんに負けないで必ず勝つ」
と、闘争心にあふれたグループ
(2)がんを真摯(しんし)に受け止
めて、粛々と治療に励むグループ
(3)「もう駄目なんだ」とあきらめて
絶望的になっているグループ
(4)自分ががんであることを忘れた
かのように過ごすグループ

その後12年間にわたってこの4つ
のグループを追った結果、どの
グループが一番長生きだったのか?

結果は本文を読んで頂くとして、
私自身はどうだったのかを考える。

私は(2)であると思う。
(1)ほど強気な性格ではない、
(4)ほど楽天的でもない。
楽観的か悲観的かと言えれれば
悲観の方が強いので(3)には少し
近いががんを告知されても絶望は
しなかった。
消去法もあるが性格的にも(2)が
一番近いものであったように思う。
非常に悪い体調を経験しなかった
事もあるとは思う。

「チャンピオンデータ」 まずは疑え でも将来には少しだけは期待


一般的には
「チャンピオンデータ」
は偉業のこと、
でも科学の世界では、信頼されない、
どちらかというと忌み嫌われるもの。
治療成績が理論や理想に近い
もので、発表することで、評価が
上がるかもしれないデータを指す。

テレビCMでよく見ますが、
飲料や薬やダイエットで
○○をしてXXKg痩せた。
△△をしてYYKg痩せた。
とかありますが、
当然これらのデータは
チャンピオンデータ
の可能性が高い。

「数多くある試験データの中の
ほんのひと掴みのベスト・データ
のみを用いる」
100のデータの中から上位のみ
を残し、他のほとんどは意図的
に捨ててしまうこと。
そのようなデータは、たとえねつ造
でなくても、偶然や好条件が幾重に
も重ならなければ取れないデータ
で、再現性が薄く普遍性が疑問視
される。

小保方さんの「STAP細胞」時、
小保方さん自身ある意味で
「チャンピオンデータ」だったと
認めていた。
(その後色々出て来て、こうなのか
そうでないのかはぐちゃぐちゃに
なってしまった)

医療においてチャンピオンデータ
を見破る方法。
藁をもつかむ場合でも冷静に対処
することが必要。
でも再現性がなくてもそのような
特別な結果が出た事が真実で
あれば、その再現法や普遍で
あることが将来される可能性が
あるとすればわずかな希望。

1. データが統計処理されているか
個別症例のデータのみの場合には、
チャンピオンデータが強く疑われる。

2. どのような形で発表されているか
ホームページ上のみの場合には、
ほぼ間違いなくチャンピオンデータ
と断言できる。
海外の英文査読誌で発表されて
いるならば、一定の評価基準に
達している。

3. 複数の方法で、結果が検証
されているか

4. 類似の実験や治療法の成績
と大きく異なっていないか

でも以下のような意見もあり
全く切り捨てるのももったいない。

「チャンピオンデータ」は闇夜の灯台
「どうやったのかはわからないが、
とにかくすでに他の人がその目標
を達成している状態」のことで、
闇夜を灯りなしで歩くような創造の
仕事においては、彼方に見える
灯台のような希望の光になる。

チャンピオンデータの役割
疑問
1.スタートとゴールを結ぶルートが
存在するのかしないのかがわからない
2.スタートとゴールを結ぶ具体的
なルートが分からない
→この分野に新たに入る者にとって
は何も分からない

誰かが成功すると
1の存在は証明される
2は探索により見つけられる可能性
があることを知る
2の努力が始まる

可能性は全くゼロではないと言える
がやはり嘘や擬装や改竄はだめで
ある。

「薬食同源」が本筋 「医食同源」は純日本製


良く聞く「医食同源」とは、

病気になった人を治すため
に薬を処方する近代医学的
な思想に対し、
病気になる前の「未病」の
段階で普段普通に食べている
ものが大事であり、かつ疾病
の予防になるという思想。
薬膳と共に語られることが多い
が、むしろ日常的に食べている
ものを管理する思想。

「医食同源」という言葉自体は
中国の「薬食同源」思想から
着想を得て日本で造語された。

確かに良く考えると医と食が
同じ源とは個人的には少し
違和感がある。
健康と食とか、
薬と食とかが近い方がわかり
易い。
薬が漢方薬であればさらに
なるほどと思う。

中国における「薬食同源」
的な思考とは、
「肝臓を食べると肝臓に効く」
「脳を食べると脳にいい」
「心臓を食べると心臓によい」
といったような中国漢方的な
ものである。

「地産地消」「適地適作」 大きな違いがある


「地産地消」が色々と推奨されて
います。
地域で生産された様々な生産物
や資源(主に農産物や水産物)を
その地域で消費すること。
地産のメリットとしては地産の
範囲が狭ければ狭いほど、輸送
コスト(フードマイレージ)がかか
らない。

●メリット
・新鮮なうちに食べられる
・地元産業の育成

●デメリット
・売れないものもある。
・その地域に根付かない
食物も無理に育てること
になる。
・農薬などの食の安全性の
問題が含まれていない場合
がある。

私は地産地消に反対ではない。
でも心配は、地域で生産される
野菜が気候やその土地(土)に
合った農作物かどうか、
その地方の自然栽培では収穫
されない野菜、裏を返せば有名
な産地だから野菜が出来るので
はなく、肥料や農薬で野菜が
出来ている場合があること。
人の手で作り上げた名産、地産。

「地産地消」には効率化と安全性
は直接的な関係がない。

例えば山中部で狭い畑で農業。
段々畑とかありますがどう考え
ても器械化できず不効率な生産
方法です。
ハウス栽培が盛んな地域では、
冬でも夏野菜などがエネルギー
を大量消費して生産されている。

一方「適地適作」野菜なら農薬
や肥料に頼らなくても済む場合
が多くある。

「適地適作」
その土地の気候や土壌条件を
考慮して、自然的に最も適した
農作物を栽培すること。
その土地の自然的・社会的条件
に最も適した農作物を栽培する。
広大な国土をもち,企業的農業
を行っているアメリカ合衆国では
作物は適地適作主義にしたがい
採算上最も有利なものが選択
される。

「適地適作」には無理がありません。
適していれば自然の力だけで野菜
が育ち農薬、肥料に頼らなくても済む。

「適地適作」の上に「地産池消」があれ
ばなんの文句も言いません。


「川の流れのように」の川はNewYorkなのか


結構有名な話だそうで知ら
なかったのは私だけかも。

美空ひばりさんの楽曲
「川の流れのように」
作詞は秋元康さん。

この曲の『川』とは、ニューヨーク
のイースト川のこと。
当時の秋元さんはニューヨークに
在住しており、現地のカフェ
「カフェ・ランターナ」で作詞した。

とある。





 | ホーム |  次のページ»»