プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


一無・二少・三多 


生活習慣病予防の標語
であるが病気後の療養
生活にも通じる部分が
ある。

・一無(いちむ)
【無煙・禁煙の勧め】
一無とは禁煙の勧め。
最近では受動喫煙も
大きな問題。
さらに三次喫煙とかも
出ているがそこまで気に
するのはどうだろうかとも
思う。

・二少(にしょう)
【少食・少酒の勧め】
二少は、少食・少酒の勧め。

・三多(さんた)
【多動・多休・多接の勧め】
三多は、体を多く動かし(多動)、
しっかり休養をとる(多休)、
多くの人、事、物に接する
生活(多接)の勧め。

私個人に当てはめると
・タバコは20年程前にやめた
のですが外に出た時に受動
喫煙で嫌悪感を感じることは
あります。
でもセクハラと同じように気の
しれた友人であれば気になら
ないが赤の他人だとすごく気
になります。
今東京オリンピックに向けて
建物内を禁煙にするとか
論議されていますが、他方
喫煙も多様性であるとか、
小さい飲食店は死活問題と
が言われているので結論は
どうなるのでしょう。

・今は少食であるがこれは
意図しているのでなく、少し
しか量が食べられないので
逆に問題と言えば問題。
お酒は病後はほとんど飲め
ないというか飲めない状態で
あったが今は体調の良さと
ともに少しずつ美味しくなり、
量が増えつつある。
これは要注意であるが、我慢
してもストレスとなるだけなので
あまりブレーキはかけていない。
良いバランスで飲酒できれば
と思っている。

・多休は今は毎日が日曜日で
あるので完全に休みすぎである。
・運動は病後は散歩ぐらいしか
できない。
最近は歩数が増え、階段も少し
ずつ楽になっているので筋力を
つけるというより維持するための
継続が肝心。
・多接に関しては今までは約束
しても当日体調不良とかあり、
相手に申し訳けないので人に
会うのを意識的に避けてきた
面がある。
結果として出不精気味なので
改善すべき点であるし、最近の
体調であればお酒の相手も少し
であればできるのでチャレンジ
しようと思う。

「2本の足は2人の医者」
という格言がある。
この格言に則って良く歩き、
身体活動をできるだけ多くして、
毎日の生活の中で維持。
そして、身体を動かした後は、
しっかりと休養する。
ということに尽きる。

スポンサーサイト

 | ホーム |