プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


医療施設での全面禁煙可否


昨日、禁煙関係について少し
書きました。
法案化される場合にはこのよう
な問題や希望もあるのだと
知っておきべきと思う。

個人的には医療機関は例外
なく敷地内全面禁煙の支持者
であるがこれには少し考えさせ
られる部分はあるのは事実

私の今通っている2つの総合病院
は敷地内全面禁煙。
病院によっては入院中喫煙すると
強制退院ということころもあった
ように記憶しています。

Yomi.DR記事

死が迫る患者に好きなたばこを…緩和ケア医ら、受動喫煙対策で例外要望

記事サマリ:
医療機関の敷地内が全面禁煙
となる方針であるのに対し、
がん患者が最期の時を過ごす
緩和ケア病棟での喫煙を例外的
に容認するよう、緩和ケア医ら
が求めている。

「残り時間の少ない人を追い
詰めるのはいかがなものか」
ということのようである。

死が近づいた時に違法でなけれ
ば好きなことをやりたいということ
は十分わかる。
愛煙家は最後まで自由に吸いたい、
一方で最後はきれいな空気の中で
過ごしたいという人もいる事実も
ある。。

分煙では煙が嫌いな人にとっては
喫煙しているのとほぼ同じである。
出入り口を二重ドアにしたとして
も喫煙所近くには煙が漏れてくる
ので少しの煙でも匂いも逆に気に
なるのである。

仮に辛とする場合でも
最低でもホテルのように個室かつ
喫煙室内のみ喫煙可とする、
病院の無菌室ゾーンのような構造
にして喫煙者のみ集める、
喫煙可能の施設と禁煙施設を
そもそも分ける
の対策が必須だと思う。

個人的には昔書いたが飲酒可能
な病院施設のほうを望む。
最後は可能であればおいしいお酒
を少量でも良いので飲みたい、
喫煙より周りに迷惑かけないとも思う。

昔書いたものは以下です
QOL重視でワインバー、ペット可の病院 





スポンサーサイト

 | ホーム |