プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
261位
アクセスランキングを見る>>


定期的な口腔ケアで長生き


「定期の口腔ケアで長生き」
YomiDr記事です。

白血病になり、抗がん剤や移植
により粘膜系がやられ、歯磨きが
長い時間できない。
歯磨き粉が辛く、つけると磨けない。
入院中は立っているのも苦しい
時期もあったので歯磨きに十分
時間をかけられなかったとかで
口腔ケアがおろそかになったのは
事実。

そういう行動がその後の歯肉がん
の原因の一つになったかもしれない。
それに加えて口中を手術したので
またまた十分に歯磨きはできず、
さらに口内環境は悪化し、虫歯も
増えた。

結果1年以上歯医者通いをする
羽目になった。

以下記事抜粋
65歳以上の高齢者1万6462人を
対象に、口腔ケアや歯の治療を
行うかかりつけ歯科医の有無で、
生存率に違いが出るか調べた。

かかりつけ歯科医を持つ人の
6年後の生存率は男性83.4%、
女性91.0%で、持たない人に
比べそれぞれ4.1ポイント、
11.3ポイント高かった。
「歯が悪くなってから歯科医
行くのではなく、予防のための
定期受診を心がけてほしい」

当然歯医者に行くだけでこの
数値とは思いませんが口腔ケア
の重要性を若い頃は全く理解して
いなかったことが悔やまれます。

定期の口腔ケアで長生き
スポンサーサイト

 | ホーム |