プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
332位
アクセスランキングを見る>>


QOD 覚悟が後悔を少なくする


がんサポート
がん哲学 樋野先生の記事
がん哲学「樋野に訊け」 8 今月の言葉「雨は誰にでも降る、大切なのはその時にどう対応するか」

がん哲学には少し前から興味を
持っていました。

今回の記事はQODについてで
これも前から興味を持っていた
事です。


以下引用
人生最期のひとときの過ごし方
を自分で考えて決定したにも
かかわらず、死に直面したとき
に程度の差はあれ、後悔が
残っている。
これはどういうことでしょうか。
私は最期の生き方を決定した
ときの判断に甘さが残っている
のではないかと考えています。
つまり、自分自身の選択に
ついての覚悟が足りない、
ということです。

人間には後悔が付き物だと
思っています。
後からあの時、違う道を選らん
でいたらと思うこととかです。

がんになり治療方を選ぶ、
結果がどうあれ自分で納得
して選んだのあれば責任は
自分です。
他人に言われるがままであれば
結果が悪いと愚痴が出ます。


QOD(Quality Of Death)に
関しても同様。
リビングウィルを書く、その時に
どれだけの覚悟があるのか?
死ぬ間際に後悔しないために
覚悟を持って決めておくことと
それを家族と共有しておくこと
が重要。

全体直ると強い気持ちを持つ
事は最重要ですが、上手く
進まないばあいでも、自分で
覚悟も持って選択したという
事が最後の支えになると
思います。

スポンサーサイト

 | ホーム |