プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


登山家 田部井淳子さんの言葉


記事元は田部井淳子さんの
「山での遭難に比べたら、
がんの治療の方が恵まれ
ている」
からです。

田部井さんは昨年10月に
腹膜癌で逝去されています。

私の心に残る部分言葉を
引用します。
同じような気持ちがあります。

2007年の夏、早期乳がんが見つ
かり、乳房温存手術を受けました。
2012年にもがん性腹膜炎を発症。
まず現状を受け止めること、
前向きに楽しんで生きていくこと、
周りに感謝すること
を大切にするようになりました。

「今日も生かされている」と感謝の
気持ちが出てくるようになりました。
がんを経験して、なおさらそう感じる
ようになりました。
朝起きて、今日も生きられることに
「ありがとうございます」
と感謝するんですよ。
こういう気持ちで過ごしているから、
今を大切にしないと。
夫や子どもたちを見送るときは、
いつも
「これが最後になるかもしれない」
という気持ちで「いってらっしゃい」
と言っています。
そう思えば、怒りにまかせて、口を
きかなくなったり、電話をガチャンと
切るなんてできません。



スポンサーサイト

 | ホーム |