プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


GVHD治療にiPS細胞 治験が始まる


記事の題名だけを見たときに
最近は他人のiPS細胞を使う
事が増えたなと思ったが中身
を読むとGVHD治療であるの
で一気に身近に感じる。

英国や豪州においてこれから
治験が始まるとのことであるが
自分自身もGVHDで苦しんでい
る部分もあるので上手くいくこと
を期待している。
治験を受ける人はどれくらい
GVHDがひどいのかも気になる。

日経電子版記事は以下
富士フイルム系、他人のiPS細胞使い英国で治験

合わせて他人のiPS細胞を
使う利点について調べた。
「再生医療用iPS細胞ストック」
プロジェクトがあり、骨髄バンク
はすでに協力するという記載も
あった。
やはりHLA型が重要なのかと
知る。
だから骨髄バンクが協力する
のかと合点がいく。

再生医療用iPS細胞ストック
プロジェクトでは、HLA型を、
免疫拒絶反応が起きにくい
組み合わせで持つ健康な
ボランティアの方に細胞を
提供していただき、医療用
のiPS細胞を作製。
予め安全性の確認を行い
品質の保証されたiPS細胞を
保存し、必要に応じて国内外
の医療機関や研究機関に
迅速に提供できるようにする
ことを目的。
患者さん自身の細胞を使う
「自家移植」と比べると格段
に時間も費用も抑えられる
と考えらる。

・iPS細胞とは
皮膚や血液などの体の細胞
に初期化因子を導入して
作製される細胞。
特徴としては、ほぼ無限に
増殖できること、神経細胞や
筋肉の細胞など、体中全て
の細胞に分化できる可能性
を持っている。
これらの特徴から、細胞移植
などの再生医療への応用や、
病態の再現を通した原因究明、
創薬、治療法の開発が期待
されている。

・なぜ骨髄バンクがこの研究に
協力するのか。
近い将来、iPS細胞を細胞移植
医療へ応用するための極めて
重要な基盤構築となる研究
であり、これまでの治療法では
病状改善の望めないような
難病や外傷に苦しむ多くの患者
さんへ一条の光となりうるものと
期待されています。
従って、日本骨髄バンクの
「白血病等の血液難病に苦しむ
人達を救済する」
という事業目的と共通すること
から、日本骨髄バンクが協力
することになりました。
スポンサーサイト

 | ホーム |