プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
313位
アクセスランキングを見る>>


酒を飲み始め、酒に飲まれる


今後数回にわたりお酒の話を
書きます。

病後のあまり飲めなかった時に
飲めない分、酒について調べて
おくかと感じで書いたものです。

まずは今の自身の飲酒事情。

病気する前は毎日飲んでいた。
おいしく酒を飲むために日中を
過ごしていたといっても過言でない。

病気して酒が解禁になっても
おいしくないので全く飲まない
日が続いた。

少したって体調が上向いた時、
何が飲めるか色々試してみた。
シュワシュワ系は喉にしみる感
が強くてNG、濃い酒もNG。
粘膜がGVHDでやられていた。
従ってビール、シャンパンがダメ、
ブランデーやウィスキーもダメ。
冬は冷たいものも嫌だったので
残ったのが「どぶろく」と「紹興酒」。
これらを熱燗にして飲んでいる。
更に体調がよくなりとワインとか
日本酒とかが加わる。
これらは常温で飲める。

今は量的には病気前には到底
達しないが徐々に復活気味である。
うれしい半面下に書いたようになら
ない様に気を付けなければと思う。


「人酒を飲む 酒酒を飲む 酒人を飲む」
あるいは
「一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を
飲む、三杯は酒人を飲む」

意味は
飲酒のはじめは人が味わって酒
を飲んでいるが、やがて酔って酒
が酒を飲むようになり、最後は人
が酒に飲まれてしまい、分別が
なくなる状態のこと。
酒は飲み過ぎず、ほどほどに
すべきであるという戒め。

でも一度位は泥酔する程飲みたい
という気持ちは持っているのである。
スポンサーサイト

 | ホーム |