プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>


白血病 外来受診(2017年4月)  マルクのない春


1,2月と間を詰めての外来だった
ので3月は診察予約はなく、
7週間空いての外来。

この間も体調も変化なく、ここ
半年は体調の山谷もなくなり、
定常状態が続いているという
感じである。
体調に山谷があると前回から
調子が悪いとか良いとか言える
が、こういう状態だと同じですと
しか言えない。
でもこういう状態を落ち着いて
いるというのであろう。

確かに、数年前であれば少し
調子が悪いとそのまま最悪の
体調になる事が多かったが、
今は少し喉が痛い感じがし
ても一日大人しくしていると
治っている場合が多い。
移植後はのりしろがなかった
が免疫力というのりしろが少し
出来たという実感がある。

まもなく移植6年となるが、去年
の移植5年の区切りでマルクは
卒業にしますか言われ、是非
終わりにしてくださいと答えた
ので今年はマルクなし。
春は年一度のマルクが定番
であったが、晴れてマルクが
ない春を迎えられている。

今回の血球値は以下。
()内は数値は前回(2月)の値
白血球数:8.6(7.5)、ヘモグロビン:9.8(10.7)、
血小板数:170(175)、CRP:0.3(0.0)、
クレアチニン:1.34(1.54)、
AST(GOT):55(51)、ALT(GPT):60(48),
HbA1c:6.1(6.2)

先生も血球値も体調と同じように
大きな変化がなくなっています
ということで終了。
値としては標準外のものも多い
がこのところあまり変化がないと
いうことでこのままの薬で良い
でしょうということになる。

値そのものの標準値に対する
High、Lowに悩むよりも、数値
の推移に大きな変化がないこと
で問題は発生していない捉えた
ほうがよさそうである。
スポンサーサイト

 | ホーム |