プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
341位
アクセスランキングを見る>>


「CAR遺伝子治療」の治験開始

Yomi.Dr記事

同じALL患者としては再燃時
の選択肢が増える可能性が
あるので期待します。

記事は以下です。
血液がんの次世代治療法、新年度から治験

最近は免疫療法のブレーキ
側が注目されているがこれを
読むと攻撃力強化とあるので
アクセル側と考えれば良いか。

細かい事は理解できない内容
であるが、いずれにせよ今後は
アクセス+ブレーキ
の両方で病気をやっつけて
欲しいと願う。

●CAR遺伝子治療 
免疫細胞表面に、がんを認識する
「アンテナ」の役割を持つ人工たんぱく
質「キメラ抗原受容体(CAR)」を作る
遺伝子を細胞内に入れ攻撃力を高める。
海外では血液がん以外に、肺がんなど
への応用も研究されている。

時期的には、2020年度の商業化を
目指す書かれている。

以下治験の概要
【本試験の概要】
・治験課題名 :
再発又は難治性のCD19陽性
B細胞性急性リンパ芽球性白血病
患者を対象としたTBI-1501
多施設共同第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験
・対象患者 :
再発又は難治性のCD19 陽性
B細胞性急性リンパ芽球性白血病
患者
・主要評価項目 :
第 I 相臨床試験期
1)安全性
2) TBI-1501 動態
第 II 相臨床試験期
1)有効性
・目標症例数 :
21 例(最大 24 例)
・試験期間 :
平成 29年3月~平成 32年3月
・実施施設 :
自治医科大学他、全6施設

CAR(キメラ抗原受容体)
CAR(Chimeric Antigen Receptor)
は、あるがん抗原を特異的に
認識するモノクローナル抗体由来
の単鎖抗体(scFV)と、T 細胞受容体
の細胞質シグナル伝達ドメインである
CD3ζ 鎖を遺伝子工学的に結合
させて作製された、がん抗原を特異的
に認識できる受容体。

CD19
B細胞の表面に存在する糖蛋白で、
B細胞の活性化や増殖に関与して
います。
また、慢性リンパ性白血病や
急性リンパ性白血病などの多くの
B 細胞リンパ腫のB細胞表面にも
発現しています。
スポンサーサイト

 | ホーム |