プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


酒は薬 過ぎれば毒


お酒シリーズ

酒は薬である。
でも過ぎれば毒。

昔から、
「酒は百薬の長」と言われ、
多く飲む人の心のよりどころ
になってきた。
少量の飲酒は血液の脂質
代謝を改善し、冠動脈疾患
(狭心症・心筋梗塞)の危険性
を下げるという調査結果がある
そうであるがあくまで「少量」
である。

薬と認めた時点で考えるべき
は薬には副作用や耐性や
依存性がある。
飲む量も制限される。
ベネフィットもあるが大きな
リスクもある。
薬も過ぎれば毒である。

「のんべえ」が酒は薬と考える
時点で絶対少量では済まない、
うまい薬はない、飲みすぎて良い
薬はないと考えるべき。

でもそれができなくて飲みすぎ、
食べ過ぎるが人間の悲しい性
であり、反面それこそが人間で
ある印であると言える。
スポンサーサイト

 | ホーム |