プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
261位
アクセスランキングを見る>>


生禁時のハチミツ


先日乳児の離乳食に「はちみつ」
を与えた結果、死亡という記事が
出た。
原因は「ボツリヌス菌」。

そういえば骨髄移植後は飲食物
には色々な制約があった。
”生禁”に代表されるNG例は
加熱していないもの(刺身、生肉等)、
菌関係(納豆、乳酸菌等)
作りおき禁止(バイキング)

そういえばNGの中に「はちみつ」
があった記憶がある。

病気前から「はちみつ」はあまり
口にしなかったのでNGと言われ
ても影響がないので気にしなかった。
従って「はちみつ」がNGな理由に
も興味がなかったが「ボツリヌス菌」
とは知らなかった。

確かに移植すると生まれ変わった
のと同じであると考えて0歳児に
なったと思って生活するようにと
言われたのでそういうことかと思う。

記事は以下です
乳児ボツリヌス症、初の死亡…離乳食にはちみつ


乳児ボツリヌス症
1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症。
乳児では、ボツリヌス菌の芽胞を摂取
すると腸管内で菌が増殖し、 産生された
毒素が吸収されてボツリヌス菌による
症状を起こすことがある。
症状は、便秘状態が数日間続き、
全身の筋力が低下する脱力状態になり、
哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等、
筋肉が弛緩することによる麻痺症状が
特徴。
ボツリヌス菌の芽胞は、大人が食べても
害があるわけではない。
しかし、1歳未満の赤ちゃんは消化器官
が未熟で、腸内環境も整っていない状態
なので、ボツリヌス菌の芽胞でも腸内で
発育・増殖してしまう。
主な原因食品としてはちみつがある。

1987年10月、1歳未満の乳児には
はちみつを与えないようにと当時の
厚生省が 通知を出して以降、はちみつ
を原因とする事例は減少した。
スポンサーサイト

 | ホーム |