プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
261位
アクセスランキングを見る>>


「異常あり」でも「異状なし」


血液内科の外来時には必ず
採血をしてから診察になる。
移植直後は10本以上採血
されていたが最近は8本程度
になっている。

主要な血球値は毎回載せて
いるが標準値外の「異常あり」
がいまだに多数ある。
HとLのマークだらけ。
でも最近は数値が悪い中でも
安定しているので「異状なし」
という判断になっている。

正常か異常かと言えば異常。
最近異状があったかと言えば
異常な値が平常なので異状
はない。
正常⇔異常
異状⇔平常

同じ「いじょう」でも意味合いが
違うのである。

最近の自分の状態を表すのには
最適な言葉と思っているが会話
では意味が通じそうにない。
「正常ではないけれど異状ではない」
と言ってもやはり通じなさそう。

そういえば小説でもありますね。
戦争という異常な状態であるが
「西部戦線異状なし」。
例が古すぎ・・・・。
スポンサーサイト

 | ホーム |