プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


「まごい」「ひごい」 「端午」「節句」


桜が終わると端午の節句に
向けて鯉のぼりを見かける
ようになる。

「こいのぼり」の歌の中に

大きなまごいはお父さん
小さいひごいは子どもたち

これは有名であるが
「まごい」と「ひごい」を説明
できない。

・まごい(真鯉)
種本来の色彩とうろこを
もつコイのこと。
体色は黒っぽい。

・ひごい(緋鯉)
コイの一品種。
体色は赤や赤黄色、
斑紋のあるものなど様々。
ニシキゴイはこれをもとに
改良したもの。
そもそも「緋」とは
濃く明るい赤色。
緋色という色もある。

まごい、ひごいは
同じ鯉でも色の違い。

現代の「のこいのぼり」は
「真鯉(黒)」「緋鯉(赤)」
「子鯉(青)」となっている
ので緋鯉はお母さんですが
この歌が作られた(昭和6年頃)
は黒と赤しかなかったので
子供になったようである。


ついでに端午の節句
(こどもの日)
五節句のひとつ。
端午の端は「はじめ」の意味、
「端午(たんご)」は5月最初の
午(うま)の日のこと。
午という文字の音が五に通じる
ことなどから、奈良時代以降、
5月5日が端午の節句として定着。

年間の五つの節句。
節句は、中国の陰陽五行説に
由来して定着した日本の暦
における、伝統的な年中行事
を行う季節の節目となる日
・人日(じんじつ)(正月7日)
・上巳(じょうし)(3月3日)
・端午(たんご)(5月5日)
・七夕(しちせき)(7月7日)
・重陽(ちょうよう)(9月9日)

七草がゆは人日
ひな祭りは上巳
9月9日は特に今の日本
では重要視されていない
のがわかる。
スポンサーサイト

 | ホーム |