プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


整形外科に行く(2017年5月)


1年に1度、検査・診察に行って
いる整形外科へ。

前も書いたがこの病院には
幼児の時から行っており、
主治医も数回替わっている。
今の先生には15年ほど前から
診てもらっていることになる。
数多くの主治医がいる中で
最も長い付き合いの先生で
ある。

例年通りレントゲン撮影をして
から診察となる。
まず両足の可動域の違いを
調べられる。
今回は先生が担当したこの
15年を振り返ってもらう。
この間に白血病と歯肉がんを
患ったことになる。
これらも移植や、手術結果に
加えて現在の通院状況も既に
伝えてある。
映像では骨(関節)の変形の
具合は昔から変わっていない。
変形はしているがそれはそれで
つり合いが取れていると。
正常ではないが一応機能はして
いるということのようである。

それと白血病後に飲んでいる薬
が骨に影響が出る可能性がある
ので正常な方の関節も観察対象
にしているということであった。
確かに骨粗しょう症に注意とか
言われているので診てもらえる
ことはありがたいと思う。

最後に運動と言っても歩くことに
ついて話す。
白血病後のリハビリとして散歩を
しているが足にとって歩くことは
負担になるが歩かないと筋力も
つかないというか落ちる。
現在は週5日で歩数は5000歩位
と伝えるとそれ位であれば足への
負担は問題ないレベルでしょうと
いうことであったので、とりあえず
今のペース位で良さようである。

骨は痛みが出たと時には何らかの
対応が必要だと言われている。
痛みが出なければ次回もいつも
のように1年ぼ外来で良いという
ことで予約を入れて終了となる。
スポンサーサイト

 | ホーム |