プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


患者力


Yomi.DR記事

患者が積極的でなければ…医師が本気にならず、治療も停滞する恐れ

患者の痛みや苦しみは
言葉で医師に伝えるしか
ありません。

私も入院の回数が少ない頃は
結構我慢していた記憶がある。

明日も痛かったら看護師さんに
言おうとか思っていたが、入院
が増えるにつれて体調の変化
や痛みがあれば早めに相談する
ようになった。
結果看護師さんから痛み緩和の
処置があったり、主治医に連絡
してもらい早めに薬が出たりした
事も多い。

この記事で「患者力」という
言葉は

自分の持つ問題点を要領よく
まとめて伝えられる能力、
病気や治療を理解し、治療に
おけるリスクをも受け入れる
これを「患者力」と定義している

医者を本気にさせるには、
患者さんが自分の受ける医療
対して積極的に理解しようと
する覚悟、そして
「医師に丸投げでなく自分も治療
に参加するのだ」という自己責任
を伴った姿勢を見せることが非常
に大切。

私の経験からもこの通りだと
思います。
一番病気を知るべきは患者、
体調の変化や違和感を早く、
かつ正確に伝えるのも患者
しかあり得ません。
正確に伝えないと先生も何を
すれば良いかはわかりません。


スポンサーサイト

 | ホーム |