プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


「ウルトラC」から生まれた「ウルトラマン」


最近はウルトラCは死語に近い。
一方ウルトラマンは未だに子供に
人気がある。
最近はゼロとかオーブとかゼウス
とか昔と違い色々いる。

ウルトラCは1964年に開催された
東京オリンピックで生まれた言葉で、
本来は体操の日本男子チームが
生み出した難易度C以上の技のこと。
今は難易度もGとかもあるが昔は
A,B,Cの3つでそれを超えるような
技をNHKの鈴木アナウンサーが
どう表現するかで悩んだ末に生み
出された言葉。
これが流行語となり、大逆転技、
奇策、さらに物凄いといった意味で
用いられるようになった。

当時実行していたNHKアナウンサー
が話していたが、C難度を超えるから
C+CでダブルCというのも考えたが
W.CでトイレになるのでNGと言われ
でその後ウルトラCとしたようである。

「ゴジラ」などの特撮映画を手がけ
ていた「円谷英二」さんが、
「ウルトラ」という言葉が大変気に
入ったので、テレビ番組のタイトル
に使わせてほしいという電話を
東京オリンピックの真っ最中にし、
NHKの鈴木アナウンサーが快諾
したそうです。
実際は「ウルトラQ」で使われて
その後「ウルトラマン」につながる
ということのようである。
スポンサーサイト

 | ホーム |