プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


「パターナリズム」 医師と患者


「パターナリズム」

医療現場においても1970年代初頭
に、エリオット・フリードソンが医者と
患者の権力関係を「パターナリズム」
(医療父権主義、家父長的温情主義)
として告発したことによって、
パターナリズムが社会的問題として
喚起されるようになった。
現在では
「患者の利益か、患者の自己決定
の自由か」
をめぐる問題として議論され、医療
現場ではインフォームド・コンセント
を重視する環境が整いつつある。

・専門家と素人
専門知識において圧倒的な格差
がある専門家と素人のあいだでは、
パターナリスティックな介入・干渉
が起こりやすい。
たとえば、医師(専門家)から見れば、
世話を焼かれる立場の患者(素人)
は医療に関して無知蒙昧であり、
自分で正しい判断を下すことが
出来ない事がほとんど。
その結果、医療行為に際しては、
患者が医師より優位な立場には
絶対立てない。
そうした状況で患者の自己決定権
をどのように確保していくかが問題。

これにはインフォームドコンセントを
受け、その上でセカンドオピニオンの
活用であり、自分や家族が病気に
対する知識を得る、ことが対応策
だと思っているが、現実的はこの
ような医師の場合は病院を変える
事が早道であると言える。
スポンサーサイト

 | ホーム |