プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


がんに効く?食事療法の嘘


Yomi.DRから
勝俣範之先生
日本医科大学武蔵小杉病院
腫瘍内科教授

この意見には同意です。

以下要約です。
ビタミンやサプリメントのがん
予防効果を検証のために、世界
では多くの研究がなされました。
がん予防の研究も、特定のビタミン
を飲んでもらう群と、飲まない群に
振り分けてがんの発生率を検証した。
どのビタミン、サプリメント摂取を
しても、がんの発生は予防できな
かった。
このうちベータカロチンとビタミンE
を使った予防研究は研究結果が
一定して否定的。
そして、ベータカロチンを使った
結果では、何とベータカロチンを
予防的に飲んでもらった群では、
がんを予防するどころか、喫煙者
に対して、肺がんの発生が増えて
しまいました。
ただし研究で使われたベータカロチン
の投与量は、トマト37個分に相当
します。
 ベータカロチンを過剰摂取すると、
なぜ、がんが増えてしまったのかは、
明らかではありませんが、偏ったもの
を過剰摂取することは、正常細胞を
痛めつけることにもなります。
細胞のがん化はまず、正常細胞に
傷がつくこと、すなわち、遺伝子に
異常が起こることから始まります
のでベータカロチンの過剰摂取
が何らかの仕組みで遺伝子異常
を引き起こしたのかもしれません。

また医学的な研究としては、早期
乳がん患者を対象として、低脂肪食
を摂る食事療法群と、一般的な
食事を取る群との比較試験が
行われました。
一つの研究では、低脂肪食群が
乳がんの再発を24%低下させる
という結果になりましたが、もう
一つの研究では、低脂肪食群と、
一般食群とで再発率には差があり
ませんでした。

このように、医学的研究でも、
特定の食事療法が、がん体験者
のその後の経過を改善するとい
う確固たるエビデンス(科学的根拠)
が示されていない。
がんを予防するために、特定の
食事療法やサプリメントががん予防
につながるという医学的根拠は
ありません。
がん予防のために偏った食事療法
やサプリメントに頼ろうとする人は後
を絶ちませんが、特定の偏った食事
療法をするようなことで、がんの予防
ができることはありません。

がん細胞というのはとても強力な
細胞です。
正常細胞が、何百という遺伝子異常
を起こして、がん細胞になります。
いったん遺伝子異常を起こした
細胞は、ちょっとやそっとではビク
ともしません。
強烈な副作用のある抗がん剤を
使って、やっと少し、細胞を死滅させ、
縮小させることができるのです。
しかも、その効果を持続させることが
かなり難しいのです。
このようながん細胞に対して、特定の
食事療法やサプリメントなどが、
一度出来てしまったがん細胞には、
微々たる影響も与えないといった
ところでしょうか。

楽しく食事をすることも治療効果
につながる!
がんに対して、早期に緩和ケアを
導入し、生活の質を高めることが、
がんの治療効果にもつながるの
ではないかというエビデンス
(科学的根拠)が報告されました。
食事療法で、生活の質が上がれば
良いのですが、玄米・菜食など、
つらい思いまでしてやるような食事
療法でしたら、
生活の質を上げるどころか、生活の
質を下げてしまいます。
おいしい食事を楽しくいただくことの
ほうが明らかに生活の質を上げる
ことができると思います。
ちまたには、
「食事でがんを治す」「がんに効く食事」
など、科学的とは言えない本が多く
出回っています。
このような著書を医師が執筆している
場合も多いのですが、たいていは、
きちんとした専門医でないことが多い
ので注意が必要と思います。
 食事療法やサプリメントなどの情報は、
患者さんにとっては、聞こえがよく、
自分でできる方法として、すぐに飛び
ついてしまうかもしれませんが、無理
な食事療法は、科学的でないことに
加えて、生活の質を低下させ、がんに
効くどころか、命まで短くさせかねない
ことになりますので、注意していただき
たいと思います。


記事(1)
がんに効く?食事療法の嘘(1)

記事(2)

がんに効く?食事療法の嘘(2)


スポンサーサイト

 | ホーム |