プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


患者がカルテを見る時代になってほしい


この記事については同意。
現代ビジネス
日本人がカルテのすべてを見る日〜医師と患者の関係は変わりつつある

病院や医師により患者に
公開、開示する情報が異なる。
検査結果をもらえる病院、
もらえない病院があるし、
医師によっても扱いが違う
場合がある。

診察でも口頭でのやり取り
では後で忘れたい、理解
できないことがあったり、
誤解が生じることもある。

昔はカルテをドイツ語で
書く医者もいたが今は
電子化されて日本語で
入力しているので患者
でも読めるはず。

実際、手術や移植時は
事前説明で先生から口頭
だけでなく紙に書いて説明
してもらったことの方が
後々頭に入っているし、
読み見返すことができた。

各種の記録やデータを公開
すると患者が勝手に病院を
変えることが出来たり、
何かあった時の訴訟リスクが
高まることは事実だとは思う。

しかし患者の一番の個人
情報を患者自信が見ること
が出来ないというのは
やはりおかしいと思う。
自分の状態や下された
診断を確認したいという
のは自然。

スポンサーサイト

 | ホーム |