プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
341位
アクセスランキングを見る>>


地球温暖化で糖尿病が増える?


以下の記事のタイトルとは関係
ない所に目が行きました。

Yomi.DR記事
「やせの大食い」なぜ太らない?

記事は食べても太らない
「痩せの大食い」の原因
をいくつか挙げている。
・筋肉量
・腸の運動
・遺伝
等。

その中で気になるのは
寒がりは暑がりより体温を
調整するためにカロリーを
消費するから太りにくい説。

温暖化で気温が1度上がると、
米国だけで糖尿病が年10万人
以上増える可能性があるとの
研究が出ている。
気温が上がると、エネルギー
を使って体温を上げる必要が
なくなるため、エネルギーが
余って肥満や糖尿病の原因
になる為とある。

少し考えると暑がりの肥満率
は高いと言えそうではある。

自分に当てはまめると、確か
に痩せ過ぎていた時は真夏
でも暑さを感じず長袖でも
冷房がダメなので上着も
着ていた。
少し体重が増えてくると汗も
かくようになるし、寒がりも
少しは解消しているので
少し納得する。

しかしこの説を信じると日本
国内でも寒いところの方が
糖尿病患者が少ないという
ことになる。
実際はどうなのか調べると
糖尿病の47都道府県別死亡率
のランキングは
神奈川が一番良く(死亡率低い)、
青森が最下位(悪い)。
北海道36位、沖縄16位
で裏付けにならなかった。
死亡率であって患者数では
ないのだが気温以外に他の
要因が大きいと言えそうである。



スポンサーサイト

 | ホーム |