プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
307位
アクセスランキングを見る>>


「みなす」 「推定する」


どちらでも大きな違いはない
と思い使っていたが、法律上
は大きな違いがあると知る。

例-1 成年擬制
「未成年者が婚姻をしたときは、
これによって成年に達したもの
とみなす。」
結婚した未成年者が成年者と
して扱われる。

例-2 推定される嫡出子
「妻が婚姻中に懐胎した子は、
夫の子と推定される。」

「みなす」とは、
本来そうでなくても、法律上、
そのようなものとして取扱う
ということ。
事実と違っていても、修正が
効きません。
法律上「そう」決まったこと。

「推定する」とは、
はっきりはしないけれど法律
関係や事実関係からするとこう
だと一応の判断を下すこと。
「推定」されたことは事実と違って
いる場合修正することが可能。

以下の具体例が理解を深める。
例2で示した妻が婚姻中に妊娠し
た場合、その子を夫の子と推定
するとある。
ここで、もし「みなす」規定であれば、
夫はどんな状況でも自分の子と
されてしまい、違うということを
主張できない。
しかし、「推定する」という規定で
あれば、反対の証拠を挙げて
違うということができる。
具体的には、
「嫡出否認の訴え」をして、
証明できれば父子関係を否定
することも可能になる。

最近はフムフムと読んだ時だけ
理解、納得するがすぐに忘れる
のである。
スポンサーサイト

 | ホーム |