プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
296位
アクセスランキングを見る>>


「年齢別標準治療」 再考


平均寿命が延び、高齢者の
がん患者が増えている。

高齢者に対するがん治療を
どうするかは患者のQOLや
医療費高騰問題にも関係する。

日経記事
改善が必要な高齢者がん治療

標準治療の根拠となる臨床研究
の多くは若い患者が対象であり、
高齢者に当てはまるかは疑問。
延命も寿命との関係で考える
必要がある。

高齢になれば寿命としても
残っている時間も少ないので
自分自身どのような死生観を
持つのか、
それを家族と意思疎通を行う等、
元気な時こそやれることは早め
に行動する必要を感じる。



スポンサーサイト

 | ホーム |