プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


将棋にも飛び段はある(飛びつき昇段)


止まらない将棋ネタです。
プロ棋士の段位や昇段規定に
ついては既に書いた。

三段リーグを勝ち抜いて四段
となりプロ棋士と呼ばれるように
なるが、その後は階段を上る
ように一つずつ昇段して行く
必要があるのか。

基本はそうであるが飛び段で
段位が上がる道はある。
飛びつき昇段と言われるもの。

例えば四段の人が竜王戦で
勝ち続けて挑戦者になれば
七段になり、
竜王を獲得すれば
八段になる。

でも竜王を獲得すると竜王と
呼ばれるので八段とはなるが
普通八段とは呼ばれない。

藤井四段が竜王戦でずっと
勝っていれば飛び段して秋には
藤井七段とかになっている可能性
もあったことになる。

実は昇段規定に合致しなくても
抜群の成績を挙げた場合は、
理事会にて審議の上、昇段を
決定することがある。

とあるので新人でありながら連勝
記録を更新した藤井四段が早々に
五段になる可能性はあると言える。



スポンサーサイト

 | ホーム |