プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


金を払う客が礼を言う。病院って変なところであったが最近は改善傾向


昔良く思っていたことである。
最近は昔よりは対応が随分
良い医師や病院が多くなった
のもまぎれもない事実である。
最近は患者の自分の方が医師
よりも年上になった部分も対応
に違いがあるのかとも思うが、
概ね若い先生は非常に丁寧
です。

私の主治医も待ち時間が長い
と診察室に入ると、こちらが話す
前に苗字をさん付けで呼ばれ
お待たせしてすいませんと謝ら
れる事も多々ある。
昔では考えられない事だと思う。

しかし少し昔の病院というか
医師と患者の関係。
普通の客商売ではありえない。
長く待たされ、色々指示や注意
され、最後は客がお礼を言い、
お金を払う。
色々教えてもらうが医師が必ず
しも同じ病気になった経験者でも
ない事も多いし痛みや苦しさは
言葉では十分い表現できない。

同じ病気の患者は数多く見て
いるとおもうが特に精神的な
苦しみは体験はしていないので
気持ち面は十分には理解は
できないと思っている。
昔は体は治すが心は別、治れば
QOLは関係ないという考えが
主流だったのは確かであろう。

今は当然医師に腕があるという
のが必須条件であるが病後の
患者のQOLを少しでも考えても
らえる医師が増えることは嬉しい。
評判の良い病院や先生の人気が
高いと混んで患者は困るとも思って
しまうがそれにより全体の病院や
医師の質の向上がなされれば国民
全員にとって良いことだと思う。

最近医師の定年制とかが論議され
出しているが、年齢で区切るよりも
QOLに関する考え方や患者の評価
によるものも加えて考えて欲しい。
スポンサーサイト

 | ホーム |