プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1821位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
519位
アクセスランキングを見る>>


戸塚洋二さんの本を読んで(3) 「治療の数値化」


「がんと闘った科学者の記録」
(文春文庫)を読んで(3)

理数系の人間として同じよう
に考えている部分がある。

がん患者のデータベース化
が必要。
がん患者の詳細なデータを
集め、解析し、現象の全体像
とバリエーションを捉える。
その上に現象の背後の本質
を抽出する。

まずは症状の数値化。
例えばCT写真のチェックも
目視で行う。
腫瘍の大きさをデジタルで数値化
して前回との比較するとかを行わ
ない場合も多い。
(最近はサイズの目視での数値
が記載されている所見も見ること
もある)

私の場合は、白血病の方は毎回
の外来時の血液検査で結果は
数値として出るので大きな変化が
あるかないかは数値でわかる。
白血病はそういう面ではある程度
数値で見ることができる理系の
病気だとは思っている。

一方口腔がんの手術後は頸部
エコーやMRIを年数回行う、検査
の一部は大きさ等の記載がある
ものもあるが、目視や診察の視診
である。

データベース化にはまずは数値化
する必要がある。
加えて重要なのは診察や定期健診
において定型化された質問とフリー
ワードで体調の変化や異常を記録
する事。
自動文字起こしとかを使って会話
を文書を記録をするようにすべき
と思う。
医師のカルテへの記載の手間も
バラツキも防げる。
ビックデータ化として数値だけでなく
体調の変化等からでも何かを感知
できるための仕掛け、それを利用
して最適の治療や予防的な処置が
可能となる世界になることを望む。

スポンサーサイト

 | ホーム |