プロフィール

tomoasa

Author:tomoasa
1957年12月生まれのおじさんです。
2010年9月急性リンパ性白血病。フィラデルフィア染色体異常あり。寛解導入療法により寛解を得て、2011年春骨髄バンクから骨髄移植。退院後も出血性膀胱炎や肺炎による3度の入院を経験。2013年6月2年9ケ月ぶりに復職。その後も2014年7月両眼白内障となり手術(日帰り手術)。
2014年8月口腔がん(歯肉がん)と告知される。2014年9月手術。2014年10月初旬退院。
2014年12月紅皮症となり入院。12月末に退院。
2015年7月入院(気管支炎)、2015年9月肺炎により入院。
移植後も体調不良により入退院を繰り返しています。

又生まれた時に股関節脱臼。
整形外科に定期的に通っています。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


月別アーカイブ


全記事表示リンク


カテゴリ


カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>


国民年金 任意加入、追納、後納 


今年中に国民年金の納付
年齢の上限である60歳を
迎える。
しかし繰り上げ支給を申請
しない場合、養老基礎年金
支給開始は65歳である。

2年前に会社を退職して厚生
年金から国民年金に加入し、
その後払っている。

しかし会社員になる迄の20歳
から2年と少しの間は大学生
であったので未納期間が存在し、
480月の満期、満額とはならない。

まずは不足月分を払う方法に
何があるかを調べる。

後から払う制度は色々あるが
条件等違いがある。

ここでは後納、追納、任意加入
について書く。

・後納制度
過去5年以内の未納期間に
ついて、保険料を納めること
ができる制度。
追納制度は、過去10年以内
の免除(学生納付特例、
納付猶予含む)
期間について、保険料を
納めることができる制度。
いずれの制度も、納付の
申出が必要で、納付の
申出をされた年度から
起算し、3年度より前の
期間は一定の金額が
加算されることになる。

・任意加入制度
60歳までに老齢基礎年金
の受給資格期間を満たして
いない場合や、40年の納付
済期間がないため老齢基礎
年金を満額受給できない
場合であって、厚生年金・
共済組合に加入していない
ときは、60歳以降
(申出された月以降)
でも任意加入することが
できる。
1.年金額を増やしたい方は
65歳まで
2.受給資格期間を満たして
いない方は70歳までの間
3.外国に居住する20歳以上
65歳未満の日本人の方も
任意加入可能。

今年受給資格は最低25年
から10年に短縮された。
それでも納付期間が足りない
人はこの手ですね。
私の場合も480か月満期に
するためには任意加入を
すれば良いということになる。

しかし長生きしないと得に
ならないのが国民年金制度
であるので、病気持ちとして
はどうすべきか考えてしまう。

今後のリスクや損得を加味
して任意加入をするか、
受け取り開始時期を何時に
すべきか考える必要がある。

老齢基礎年金の受け取り
年齢を繰り上げると毎月
0.5%減額される。
5年繰り上げて60歳支給
開始だと満額に対し年額
30%の減額で70%支給。

繰り上げのメリット、デメリット、
もあるが自分がいくつまで
生きるかの推測、予測。
そして受け取り総額が
何歳時はいくらになるか
判断する必要がある。

これはギャンブルとまでは
言わないが一種の掛け。
加えて
インフレとかデフレとか、
年金の仕組みの変化、
今後の金額の変動とか
の要素も考えるべき。

一方支払い開始時期を
遅らせれば1月の当たり
0.7%の増額である。
5年繰り下げて70歳支給
開始だと支給額は42%増額。
まだ働いているとか、長生き
するとかが前提となるので、
この選択肢は自分には考える
必要はないと言える。

自分の今の環境も踏まえて
どう選択するか検討をしたい
と思う。
スポンサーサイト

 | ホーム |